『ひまわり探偵局』という本を読み始めました。

https://hon-hikidashi.jp/enjoy/72427/


が! たくさんの本のタイトルやその作品の登場人物の名前が出て来て、未読作品が多い私はソレが気になって気になって、物語の謎解きに集中出来ません(´-ω-`) ようやく50Pくらい……諦めて違う本を読もうかと積ん読をガサガサしたりして。


この本を買ったのもかなり前で、多分「探偵」とタイトルにある作品を読もう!と思っていた時期だと思うのです。自分の中でへんなブームというかこだわりがあり「鬼」のついたタイトルを何冊も買ってみたり……で、積ん読本が増えるという……。


タイトル買い、表紙買いも多いです。川原泉さんの漫画『バビロンまで何マイル?』にあった女学生の会話が浮かぶ! ヘタな写し方で申し訳ない (lll´Д`)


DSC_0011




ファンタジーだけでなく、タイトル買いは危険がいっぱい〜改題されて表紙も出版社も変わっていたら、以前読んだのに新作だと思ってまた買ってしまうことが…… ( ´△`)



そうそう、本をジャケ買いしよう📚とするサイトがありました。

https://bookface.jp/


やっぱり興味を持ってもらうのが一番ですからね。
斉藤一人さんが

「人間は中身ですよ」っていうけど、中身って他人にはわかんないもん。裸になっても、わかんないんだよ。 洋服着てなくても、あなたの心の中は誰にもわかんないんだよ。 それなのに、「中身で勝負です」って、いってる人もいるけど、中身で勝負する前に、包装紙とか、いろいろあるでしょ、って。
いろいろあってはじめて選んでもらえるじゃない?

……ということを本に書いていたのだけれど、コレをちょっと思い出しました(^。^;)