セカンド・ラブ

2010年08月22日

第237号:『恋』と『愛の試み』

前回は「太郎」「太郎」(…ってウルトラマン・タロウじゃあるまいし~)で、全く忘れていたのですが(笑)小池真理子さんの『恋』という小説を読んだ時の感想が《まさしくこれぞ恋!》だったことを思い出しました。


申し訳ないことに、思い出したのは、この<感想>で、内容はあやふや~ですから皆様、ご自身で確認して下さいまし(((^_^;)


『愛の試み』は、おそらく私と同じタイプの方なら一読したことがあるか、タイトルだけでも聞いたことがあるだろう『草の花』を書いた福永武彦さんの作品です。


題名だけみると、エロいHOWTO本みたいですが(((・・;)全く違います!!


《愛》という見えないものを真摯に問う作品です。


《試みとは試しにやってみることではなく、自己の可能性の全てを賭けること》


というような一文があり、二十歳のワタクシはそれはそれは感銘をうけたものです。


そして、ネルソン提督の《試みのないところに、成功のあったためしはない》という言葉と出逢いました。


話がズレまくってますが(笑)愛だの恋だのは、議論するより<体感>すべきことなのでは~?と思いました。


話のズレついでにもうひとつ!!


中森明菜ちゃんが歌った《セカンド・ラブ》ってあるじゃないですか~☆


これをお題に友達と<セカンド・ラブ…アナタにとってナニ!?>みたいなのを考えてた時期があって…オトメでした~(笑)


友達は「別れに耐えられるかな…」だったのに、ワタクシは「3度目の恋はどうしよう…」でした( ̄▽ ̄;)


お前のアタマをどうにかしろよ…なかんじですが…(--;)


♪ せつなさがクロスする さよならに
追いかけられるの
イヤよ


来生えつこさんの詞もいいですが、たかおさんの曲もまた…(;o;)


私は作曲した人がうたう方が好きなので、《飾りじゃないのよ涙は》も陽水さんが歌う方が好きです♪



rohengram799 at 17:17|PermalinkComments(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ