備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

【空のお城通信〜オスカー戯言日記〜】(2010.3.17〜2021.10.31 )からタイトルを変更。(2021.11.7〜)

ドジョウ

あかね雲便りNo.148:ドジョウ救い( ̄▽ ̄;)

はぅ~やってしまった!!せっかく書いた記事を削除してしまった…しかし、 PASMOの残額が1111円だったので、まぁいいか~('~`;)な気分で駅のベンチに座り、再びカチカチしています!!


新聞に『ドジョウ救い』の文字を見つけ、川柳をつくる人って言葉の使い方が巧いなぁ~と思いました。まだまだ崖っぷちにいるのかワカラナイ感じの野田総理、彼を救うのは「ボクのお腹はとってもキレイなんだよ~見て欲しいなぁ」のアベちゃん発言でしょうか?選挙か!?な空気がかもし出されると、議員さんたちの活動報告みたいなチラシがたくさんポストに入るのがイヤですね。


イヤと言えば~藍川京先生のまた詐欺にもありますが、“原子力”や“ユニセフ”“大手新聞社”の名前を巧みに使った郵便物や振り込め詐欺の電話…高齢者ほど電話口での涙声のお願いに「もしかしたら息子かも」「孫かもしれない」と思ってしまうみたいです。


ウチの母親も現在、ひとりで生活しています。商売をしているので、直接あやしい人がやって来る可能性もあるので、本当に気をつけてもらわなくては!!


私が小学生の頃、外国人がコアラの小さい人形みたいなのを持ってきて「ボランティアだから買って下さい」みたいなことをしつこく言っていた記憶があります。アレはなんだったんだろう?


皆さまも「だますよりだまされる方がいい」などと言わず「絶対ダマサレナイ!!」ようにしましょうね。まずは政治家に騙されないようにしなくては( ̄▽ ̄;)


第591号:どんぐりころころ、政治もコロコロ

《三夕(サンセキ)》なる言葉を知りました。下の句が「秋の夕暮れ」で終わる有名な三つの句のことだそうですね~(^0_0^)


寂しさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮れ (寂蓮法師)


心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ (西行法師)


見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ (藤原定家)


きっと他にも「秋の夕暮れ」で締めくくる歌がたくさんあったのでしょうが、これらにかなうものはなかなかなかったのでしょう(*^^*)


読み方によってはこちらも「山積」(サンセキ)、山積みの政治問題アレコレ!!菅さんはまたお遍路さんになっていますが…もっとアナタがしなくてはいけないことがあるのでは?タダの自己満足、道楽では?と思ってしまいます。


今日はなぜだか♪どんぐりころころ~が頭の中をぐるんぐるんだったのですが、泣いてはドジョウを困らせるどんぐりがそこら中にいるような('~`;)みんな同じくらいの小者イヤイヤ小粒ちゃん揃いの閣僚の皆さま!何も出来ず右往左往しているドジョウも情けなくはありますが(-_-)


『どんぐりころころ』には幻の3番があり、いくつかのパターンの中には「ハト」が葉っぱにくるんで山に帰す……なんてのもあるそうですね!!ハトはもしやユキオという名前ではあるまいな!?(~_~;)


ドジョウ内閣から国民へのクリスマスプレゼントに、へんなお伽話の絵本ははいらないのですが……監修人がオ○ワさんとかだったら…なんて考えてはいけないですよね(´Д`)

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード