『老いゆくは新しき日々竜の玉』 (深見けん二)


竜の玉、と聞くとドラゴン🐲ボール的なアレを思い浮かべてしまいますが、これは植物の実でした。俳句では冬の季語になります。


【竜の玉】

https://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/b63bc48131926e8914c73d8e3b38db79



子どもの毎日も大人の毎日も老人の毎日も、昨日と違う新しい1日には違いないのですよね。美しい実を結べるように、栄養を蓄えたいものです。もちろん、身体ではなく(これ以上のぷるぷるお肉は要りません!)心に……ですよ!



「ぷるぷる」ではなく「ブルブル」という鳥がいました。植物の名前も面白いけれど、鳥の名前も面白い🐦


http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1370152/1385700/68866393