ニベ

2018年03月05日

桃月雲便りNo.2:ニベ

昨日は暑い!と感じる1日でしたね。昼過ぎに買い物に出かけたのですが、お天気がよかったからか、いつもガラガラなショッピングモールが大混雑でした(笑)



『江戸前の旬』という寿司マンガの話を以前も書いたと思いますが、少し前にダンナさんがまたコンビニでワイド版コミックを買ってきました。以前の「ウニ編」「サバ編」を一冊にまとめたので、30話分のスゴいボリュームでしたわ。お腹いっぱい!



第8話は「ニベ」。にべもない、と言いますが、ニベという魚がいるんですね。知らなかった!

「にべもない」とは愛想や愛嬌がない。思いやりがなく、そっけない・・・というような意味。由来・語源ですが、「にべ」とは「にべにかわ(鰾膠)」の略。海水魚ニベの浮き袋から作るにかわのこと。浮き袋を使ってグーグーと鳴くとか? 鰾膠は粘着力が強いことから、転じて、他人対して示す愛想、愛嬌の意となったそうです。




あと第7話の「イサキ」で、旬の父親が、カウンター席で言いあいになった、落ち目の女優とマネージャーの話を聞いて「詳しい事情までは知りませんが なんでもかんでも人のせいにしちゃいけません」という場面の後の言葉にグゥ~と己を反省しました。



辛い事が多いのは感謝を知らないからです
苦しい事が多いのは自分に甘えがあるからです……
行き詰まりが多いのは
自分の心が裸になれないからです!!



冬の間にカサカサになった手にはニベアを、心には輝くようなステキな言葉を塗り込みたいと思います!







rohengram799 at 09:00|この記事のURLComments(6)
記事検索
月別アーカイブ