ネコヤナギ

2022年04月16日

喜春雲便りNo.11:ひょうきん な 土曜日 🎪

昨日、一昨日は気温が低く寒いくらいでしたね。そんな中、半袖半ズボンの小学生を見てビックリしてしまいました(;・∀・) スーパーの入口でガーデニング用(だと思う。イボイボがついてたし)手袋をして手指消毒しているオバサマもいたのですが、買い物の時は手袋は取った方が……と思ったんですけど。

以下、土曜日のダラダラ話ですヾ(@゜▽゜@)ノ

◆ひょうきん
氷柱(つらら)の別名に氷筋(ひょうきん)ってあったんですが、氷の微笑のツンデレくんと筋肉ダルマのようなマッチョメンで「オレたちひょうきん族」とかクダラナイことを考えてしまいました。

◆ウナギにあらず
蒲柳之質 (ほりゅうのしつ)という「生まれた時から体が弱く、病気になりやすいこと」「虚弱体質」をいう言葉を知りました。 「蒲柳」は植物のカワヤナギ、ネコヤナギのことで、木が柔らかく秋になると真っ先に葉が落ちるということから、病弱な体質のたとえになったそうです。初めてこの文字を見た時に蒲焼きにするウナギの質を表すのかと思いました……バカです←自覚はある!

◆お情けをちょうだいしたく…(*/ω\*)
漫画『浮浪雲』でカメさんが使う「旦那様、お情けをちょうだいにあがりました」……春意(しゅんい)という春めく気配、また春ののどかな気分を表す季語があります。そのお仲間のようなものに「春情」があり、春意よりも♪桃色のファンタジー 成分が多い気がする!とおやぢ成分も増幅中(笑)

◆春情蛸の足🐙
田辺聖子さんの本に『春情蛸の足』がありました。蛸足……金原まさ子さんの「わが足のああ耐えがたき美味われは蛸」と「春情」が絡み合って、お耽美な話に違いない!と盛り上がっていたのですが……内容を確認したら何か違う……?
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205106

◆パンツのなかのまほう
新聞に幼児の性教育についての記事があり「ごまかさずやさしい言葉で」とありました。こういう絵本もいいですね。

パンツのなかのまほう >> https://bookmeter.com/books/18184390

なかがわさやこさんインタビュー
https://www.ehonnavi.net/sp/specialcontents/sp_contents.asp?id=665&spf=1


ではでは……皆さま、楽しい週末を ♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 08:35|PermalinkComments(2)

2015年03月01日

咲雲便りNo.1:ほんのり弥生月(´∇`)

弥生月は雨のスタートになりました。自宅のカレンダーはいかにも春!な絵柄になって気持ちが浮き立ちますわ(*´∀`)♪



今月の一冊目は三浦しをんさんの『木暮荘物語』でした。小泉今日子さんの書評を新聞で読んでから文庫になるのを待っていました! 買ってから時間があいてしまいましたが(^o^;) 「生」と「性」について楽しくいろいろ考えられてよかったです←官能小説ではないので、誤解なさらぬよう(笑)



『木暮荘物語』の大家さんはイヌを買っていましたが、オオイヌノフグリが咲くのはまだちょっと先だと思うので、ネコヤナギの話でも……シダレザクラやシダレウメ、シダレモモ、もちろんシダレヤナギは知っていましたが、なんと!ネコシダレがあるのですね。


《ネコシダレ》
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s_mori/winter/nekosidare.html



そしてピンクのネコヤナギも~こちらのはかなりピンクが濃いですが、うっすらほんのりピンクのもありました。画像検索してみて下さいませ。


《ピンクネコヤナギ》
前に書いたサイトが閲覧出来なくなったので、新しく探しました(^o^;)
https://blog.goo.ne.jp/pochikopochikojp/e/55f331a9a20ebd71d9a7c222633fa50a/?img=545100bb43bf71eb61dcaeab2663de1b



今月はウキウキでピンクの花咲く気分になろうじゃないかと「咲雲(さくも)便り」にしてみました。またどうぞよろしくお願いいたします。




rohengram799 at 20:28|PermalinkComments(8)

2014年01月21日

にじ雲便りNo.20:フリソデで(^_^)/□☆□\(^_^)

今日は仕事が休みなのですが、ヒョロヒョロくんが「8時か9時にスーツケースが届くから。オレ、仕事だから(´ー`)ノ」というのでおとなしく待機していました……が!全くピンポ~ン♪の音がしない……本当に今日なの?(ーー;)


風邪気味のオタ息子に留守番をしてもらい、ちょっと買い物……日差しがあたたかい(^^)モクレンかネコヤナギかわからないけど、ツボミがふくらんでいます。植物は確実に春の気配を感じているのかも。まだ荷物が届かないので、ケータイでネコヤナギを調べていたらヤマネコヤナギもあった! まさかないだろ~と思っていたクロヤナギもあったΣ(-∀-;) 「クロヤナギの下のテツコ」……なんか、語呂が悪いぞ。柳腰はセクシーな常磐津のお師匠さんが浮かぶけど、黒柳腰だと長屋住まいの金貸しのイジワル婆さんが浮かんでくる…!!


http://www.hana300.com/kuroya.html


振袖柳なんていうのもあるのか~と思っていたら、ヤキトリの部位にも「フリソデ」があるじゃあ~りませんか(゜_゜;) 肩、胸の一部分の希少な肉。手羽より脂は少ないが、肉汁がたっぷりで上品な味わいが魅力。そして「ソリレース」という部位もあるんですね。‘愚か者はそれを残す’という意味のフランス語からで、こちらはもものつけ根の窪みについたお肉だそうです。


振袖姿のおねぇさん達が、成人式イベントで、ヒラヒラとキレイなレースで飾られたソリに乗りキャー(≧▽≦)キャー(≧▽≦)言いながらゴールを目指している様子が浮かんでくるわぁ~待ち構えているの羽織袴の男性陣にバァン!とぶつかったらカップル成立……なんちゃって~ふふっ(* ̄ー ̄)←荷物がこないので妄想でイライラを鎮めるおやぢでありました(もう夕方だよ)!!


皆さま、新年会などこれから飲み会でヤキトリを食べる機会がありましたら、「フリソデ」と「ソリレース」を注文してみて下さいね(^.^)


*荷物は8時半過ぎに届きました。9時頃って午前中じゃなかったみたい…( TДT)




rohengram799 at 17:21|PermalinkComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ