ヒロイン

2022年02月28日

かたゆき雲便りNo.22:すべてがHになる……σ(≧ω≦*)

「感謝離(かんしゃり)」という断捨離をもじった言葉があるとか。亡くなった方が残した品々に「ありがとう」と感謝を言いながら捨ててゆくというものだそうです。う~ん、実家はどうなっているのだろう? 捨てる捨てない以前の問題が富士山より高くなっている気がします(-∀-`; )

* * * * *

今日はジャンプの発売日。私的には読むものがほとんどないけれど、買わないとダンナさんが怒る……小学生かよ!って感じですが。私はベタな青春物の『アオのハコ』が好きで読んでいます。

https://www.shonenjump.com/j/rensai/aonohako.html

なんとなく昭和感がある絵柄がいいのかもしれない〜コチラも昭和感がいっぱいです(*´∀`*)ポッ💕

【ホテルファンタジア】
http://echikoechiechi.livedoor.blog/archives/8252940.html

週刊ポストに昭和レトロなラブホの袋とじ記事があって、撮影協力のホテルがコチラでした! 長渕剛の『ヒロイン』が流れて来た……!?(笑)

https://sp.uta-net.com/movie/3883/

* * * * *

今日で2月も終わり〜今月もお付き合いいただき、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ。雑記帳のようになっていますが「おやぢの戯れ言」なので、結局のところすべてが(*ノω・*)テヘヘ!なところに落ち着くような……それでもよろしければまたいらして下さいませ。

どうぞ皆さま、来月も「ご安全に!」 ヾ(´ー`)ノ




rohengram799 at 15:40|PermalinkComments(4)

2019年03月19日

雛月雲便りNo.20:恋のヒロイン

春のブライダルシーズンがやってきたー..゚+.(・∀・)゚+.゚ というわけではありませんが、春はなんとなく艶っぽい俳句に心がザワ…ザワザワ…するおやぢなワタクシです💕



昭和9年に発表された日野草城の『ミヤコ・ホテル 』は、新婚初夜をうたった連作。当時の俳壇は騒然!このミヤコホテル論争が原因で、彼はのちに虚子から『ホトトギス』を除名されたそうです。……気の毒に(´;ω;`)

ミヤコホテルは実在するそうですが、泊まったことはないとか。新婚さんには場所なんかどこでもいいような気がする(/ω\)キャー



「けふよりの妻〔め〕と来て泊〔は〕つる宵の春」

「夜半の春なほ処女〔をとめ〕なる妻と居るぬ」

「枕辺の春の灯〔ともし〕は妻が消しぬ」

「をみなとは かゝるものかも春の闇」

「薔薇匂ふ はじめての夜のしらみつつ」

「妻の額(ぬか)に春の曙(あかつき)はやかりき」

「うらゝかな朝の焼麺麭〔トースト〕はづかしく」

「湯あがりの素顔したくの春の昼」

「永き日や相触れし手は触れしまま」

「失ひしものを憶へり花ぐもり」





♪今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で


なぜか長渕剛の『 ヒロイン』が歌いたくなってきた~あの♪エル・オー・ブイ・イー・エッチ・オー・ティー・イー・エルまでお願い 恋のヒロイン演じられるかしら~がイイのよねぇ(〃ω〃)

https://sp.uta-net.com/movie/3883/




rohengram799 at 09:56|PermalinkComments(6)

2011年12月10日

第645号:今宵あなたと…

♪今宵あなたと楽しく踊ろう 風吹く街で~


と歌うアナタは『ヒロイン』!!(笑)長渕剛さんの歌、懐かしいですなぁ…っていつも年寄りモード全開で失礼m(__)m


年寄りと言えば親方株ではなくて『高齢社』という本当に高齢者を雇う人材派遣会社があるのですね。「ガイアの夜明け」でも放送されたそうですが、全く知りませんでした。


いや、今宵あなたと~のタイトルにしたのは「今日は満月で皆既月蝕ですね」と書きたかったからなのに(--;) その話をしたらダンナは「昨日(9日)だよ。看護婦さんたちが話してたもん」と言い張ったので、新聞を見せました(((^^;)


この後、ふたご座流星群もあり、来年も5月に金環日食、6月には金星の太陽面通過、8月には金星が月に隠されるなど天体関係者はワクワクドキドキのイベント続きみたいです。天文雑誌もにぎやかになりそう~☆


金星の太陽面通過は次回は105年後とか!?全国的にそうなのかはわかりませんが…皆さま、生まれ変わってまた日本で逢いましょう!!←常に頭は宇宙規模、スペースオペラなワタクシ('~`;)


そうそう、月下美人って年に3回咲いたりするそうですね。


>月下美人は、ほぼ一斉に咲く。たとえ100のつぼみがあっても、株が違っても、そうらしい。不思議だ。


作家の藍川京先生のブログに書いてありました。先生のブログは自然や植物の写真が載っていて、当たり前ですが、さすがにプロは違う!!と思う、まとまりのある読みやすいムダのない文章。私のマヌケなコメントにも丁寧なお返事を下さるステキな方です。ぜひ皆さまも読んでみて下さい!タイトルは《「藍川京」の部屋》です。






rohengram799 at 21:30|PermalinkComments(12)
記事検索
月別アーカイブ