フランス人形

2019年05月09日

景明雲便りNo.7:床の間 、どこの間 (゜Д゜≡゜Д゜)?

先月、市議と県議の選挙があった時でしたか、ダンナさんとの会話で「どぶ板選挙」という言葉が出て来て、お互いにドブが何かは知っているけれど(ドブさらいとかあったし)なぜ、ドブというのか?という話になり……検索することに。溝より奥深い記事でした。


【ドブの由来】

https://www.yuraimemo.com/2584/





さてさて、時代は令和になりましたが、気分は平成よりも昭和なワタクシ。そしてそれより前の大正時代の写真に懐かしさを感じました。大正時代のキューピーがメインなんですが、私が注目したのは床の間です。



【大正時代のキューピー】

http://syowakara.com/02taisyo/taisyo34kewpie.htm



記事の中にある床の間のある部屋は、私が田舎にいた時の自分の部屋に似ている! (笑) 天照大神の掛軸があって、手前にはキジの剥製(2つあったような)やら十手のレプリカやら、父が集めたよくわからないものが置いてありました。多分、価値はありません。剥製はビニールがかけてありましたが、不気味でした。


違い棚にはフランス人形が飾ってあって、その下は私が買っていた月刊マーガレットやらプリンセスやらが山積みに〜! ダンボール箱に当時文通していたたくさんの方々からの手紙をしまって置いていました。母には「ウチで一番いい部屋なのに散らかっている!」とよく叱られましたf(^^;)


女中さんはいませんでしたが(当たり前だ!)私が小さい頃は、結構店が繁盛していたらしく、ふたりのおじさんを雇っていました。母は昔はもっとたくさんの人がいたと言っていたような。OさんとNさんとしましょうか(笑) Oさんは漫画家のちばてつや先生みたいな雰囲気で下駄を履いていました。私はそれを履かせてもらって店先をウロウロしていましたわ。Nさんはスラッとした印象。


お裁縫をしている人がいる右側が廊下で、すりガラスの障子(でいいのか?)でした。左側は窓。 父が入院中だった頃かな、豪雨で雨漏りして掛軸やらなんやらビタビタになってしまいました。今は物置部屋になっています。アレをどうしたらいいのか (´ヘ`;)



明日は暑くなるそうですね。皆さま、お身体に気をつけて下さいませ。

rohengram799 at 17:05|PermalinkComments(0)

2011年11月18日

第626号:イギリスでもエエじゃなイカ!?

昨日は職場に本社の管理部にいるという、前いた「おともだち店長」の同期の人がやってきました(--;)
いつからそんな部署が?会社組織自体が実はわからないワタクシ(@_@)


パチ屋本社の人が子会社(私の契約先であるお掃除会社です)に出向みたいな感じでしょう~「とりあえずの顔見せ」にやってきます。帰る時には皆さん「また来ますから」とおっしゃいますが、二度はないですな(-_-)/~~~


今までの方は一応名刺をくれたのですが、ガサゴソとポケットから“名札”を取り出し「○○と申します」…多分漢字をみせたかったのだろうけれど、珍名さんでもないからわかるわっ!と思いました。今まで来た人で名刺をくれなかったのはこの人だけですわ~「ボクはキミたちの会社には長くいないから」と思っているに違いない!!とひがみ根性の私は考えたのでした(-_-)


ちょうど休憩中、ほったらかしにしておいた『望みは何と訊かれたら』(小池真理子)を読んでいたのですが、気を使ったのか「何を読んでいるんですか?」と…良かったわ、言いにくいヘンなタイトルの本ではなくて(((^^;)


学生運動の話がメインなのですが、その中に《フランスデモ》という言葉があり、なんだ?とケータイで調べているところでしたので「ウザい」と内心思っていました。


和製英語になるのでしょうね。「France+demo」手をつないで道路いっぱいに広がって行進するデモ。日本では、昭和35年(1960)の安保反対闘争で初めて行われたそうです。


フランスで最初に行われたかどうかは不明…しかし、なぜフランス?不思議だ(--;)自由・平等・博愛(友愛)のイメージだからか?イギリスやドイツではゴロがいまいちだから?
あと「サウンドデモ」なる言葉も…コレは最近出来た言葉でしょうか?


不思議といえば、私と同世代の方なら『フランス人形』もその仲間のような…高価なアンティークドールとかではなく、よくピアノの上や応接間などに飾られていたケースに入ったお人形さんです。今はほとんどみないですね。


「ベルばら」の衣装みたいな、ワッカのドレスがフランスなんでしょうか?アメリカのお人形は「セルロイドの青い目」で固定されていますが。


しかし、国名や地域名がついたもので「わからない…」の代表はやはりお菓子の「シベリア」ですかね!?( ̄▽ ̄;)


「シベリア」あれこれ
http://www.ne.jp/asahi/66format/aho-room/siberiadb_info.html


rohengram799 at 08:03|PermalinkComments(17)

2011年08月29日

ひつじ雲便り499:花嫁人形

今日は佐々木丸美さんの『花嫁人形』を読んでいます。


専門学校時代、同級生の男の子にすすめられた(名前は忘れたけれど蕨市の出身ということだけは覚えています!「わらび!?そんな地名があるの!?」って感じですね)佐々木丸美さん!!


当時でもなかなか書店で見つけられなくて…絶版になったとききましたが、今復刻版で何冊かでていて~喜ばしいことです!!すごく感情の描写が繊細で綺麗な文章を書く作家さんです。


さてさて~花嫁人形というと、どうしても特攻隊の方々を思い浮かべてしまいますね。家には俗にいう「フランス人形」はありましたが(笑)花嫁さんのお人形はなかったと思います。


花嫁~日本だと白無垢を連想しますが、外国の花嫁人形というとやはりドレスなんですかね?民族衣装とか…ところで、アメリカの民族衣装って何になるのでしょう?


童謡になるのか唱歌になるのかわかりませんが、『花嫁人形』という歌がありますね。この歌の合唱コンクールが毎年開催されているみたいです。今年は10月16日かな?


♪夢を売る人形と人は私を呼ぶの~…たしか伊藤つかさちゃんのデビュー曲『少女人形』はこんな歌詞だったなぁ~などと思い出してきました。


当時は純粋だったので今のようにオ○エ○ト工業に結び付くことはありませんでした~良い子の皆さまは知らなくていいことですからね( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 14:58|PermalinkComments(15)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ