フランス反骨変人列伝

2018年03月31日

恵風雲便りNo.33:遠い世界に

今日はエッフェル塔が完成した日なので「エッフェル塔記念日」らしいです。フランスでも記念日として何かお祝い事があるんでしょうか?



「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し せめては新しき背広をきて きままなる旅にいでてみん。」


萩原朔太郎の詩篇「旅上」の冒頭部分だそうです。この後にもまだ続いていて、季節は5月でしたが、目的地が海外というより、どこかに旅したいなぁという気分なのかなと。近くをお散歩する時にでも・新しい靴だったり、バッグだったり・・・新しいものがあるとちょっと違う気分になりそう。 昔、宝塚ファンの知人が「観劇の時には、ハンカチでもピアスでも何か1つ新しいものを身につけて行く」と言っていたのを思い出しましたわ。




ふらんす、といえば『フランス反骨変人列伝』という本を知りました。変人というより、自分の信念を貫いたって感じなんでしょうか? ちょっと興味のある1冊です。


http://www.francedays.info/2008/05/blog-post_16.html?m=1


http://www.fben.jp/bookcolumn/2006/07/post_1154.html



日本でも自分ひとりでは妾を持てないけど、何人かなら・・・という、女からしたらバカヤロー!なことがあったのですね。生きていくための手段のひとつとしてもやはり・・・かなしい。『雨やどり』という時代小説で知りました。


https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334775179


【安囲い】

https://news.ameba.jp/entry/20141128-617





さてさて、今日で3月も終わり。今月は先月分もたくさん書けたわ~!と思っています(笑) 来月はどうなるかわかりませんが。



ワタクシにはおフランスどころかTOKYO も遠いのですが、妄想は無限、いつでも遠い世界に身軽に旅立てます(笑) またどうぞよろしくお付き合い下さいませ。



rohengram799 at 11:03|この記事のURLComments(4)
記事検索