プリキュア

2013年11月12日

わた雲便りNo.12:鶴の子と鶴のこと

『口重き男いきなり鶴のこと』(蟻塚尚孝)


おしゃべりという次元をはるかに越えたみのナントカさんにはあり得ない場面ですな(゜ロ゜)やはりこのイメージは高倉健さんですわ~縄のれんの飲み屋で、世話になっているオヤジさんと向かい合ってちびちびと酒を飲んでいる姿が浮かぶわぁ。北国で見た丹頂鶴の話をボソッとする健さん、たまりません!『新日本紀行』のテーマ曲が聞こえる←(*^)/☆(+。+*)……無口なヤロ~が急に饒舌になった話題が『プリキュア』とかだったら、ちょっとひいてしまうかも( ̄▽ ̄;)


「凍鶴」(いてづる)という言葉・冬の季語があるのですね。ツルが片足で立ち、長い首を後方にまげて翼の間にはさみ、みじろぎもせずうずくまる姿……孤高を形にしたらこんな姿になるのでしょうか?山口青邨の凍鶴の句、好きです。

《凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす》





さて、鶴はおめでたい・長寿の象徴でもありますが、皆さまは「つるのこ」「鶴の子餅」は食べたことはありますか?「すあま」と似ているような違うような~というより、すあまという名前の食べ物を認識したのもかなり大人になってからなのですが「もうすぐ七五三だよな~」と思っていたところに、鶴の俳句を見つけて「そう言えば‘つるのこ’ってあったよね?」で懐かしくなり、調べてみました(^o^)


http://www.sueki.jp/01/01-0011.htm


つるのこを食べたら、お肌がツルツルに……なったらいいな(^.^))






rohengram799 at 20:50|PermalinkComments(10)

2012年03月17日

第722号:ブックマーク ア・ヘッド(^∧^)

今日は『ストライクウィッチーズ』の映画公開日!!この辺りだと幕張までいかないと上映されていないらしい…遠いぞ(ToT)『プリキュア』はすぐ近くでも見られるというのに(´д`)…関係ないですが、プリキュアってミニスカ衣装(変身後)の下にスパッツをはいているのですね!知らなかった!!真似する女の子たちへの配慮なんでしょうか?(笑)


そんな『百合ごころ』(まほかるさんの“ユリゴコロ”はまだ読めない!!)を持ち『薔薇』(“族”と続けないで~!!)の気高さ、華やかさに憧れる、空のお城に住むおやぢ乙女(爆)オスカーのブログも本日で丸2年になりました。皆さま、いつもたくさんのコメントを本当にありがとうございますm(__)m


ところで、2歳と言えば《青二才》!!年が若く、未熟な人をののしっていう言葉で、男性に対して使われるそうですが、若くもなくおばちゃんなワタクシにも当てはまりそうです(--;)


「二才」の語源、ボラなどの稚魚を「二才魚」「二才子」「二才」などと呼ぶことから「青二才」になったとする説が有力だそうですね。私の場合、出世もしないただの「色ボケ」「欲ボケ」って感じですな( ̄▽ ̄;)


今回のタイトルは大好きなスト魔女のエンディングからいただきました☆


♪きみのなかにわたしをずっとブックマークしてね 笑いながら頑張った、とめちゃくちゃほめてね

どんな時も全部本気 ギャップにも驚かないで たった今を進まなくちゃ未来もないでしょ?


ほめてもらいたくて始めたブログでもないし、書くのがとにかく大好きで(((^^;)毎日毎日更新してまいりました。実際のワタクシを知る数少ないブログ読者(笑)には何のギャップもないと思われます…ええ、もう全身から「腐」のレインボーオーラが出ているハズですから('~`;)書いている内容と行動が不一致なところは多々あり…その点は反省しております(>_<)


「毎日カキカキ、頑張ってるねぇ(ヒマ人)」とため息まじりに思いながら、またこれからもお付き合いいただけると大変嬉しいです!!


最近は休憩中の時間配分や自宅でのダンナの目が厳しく(笑)思うようにケータイをカチカチできないことが多くなりました。皆さまのところにコメントできない場合もありますが、お話いつも楽しく読ませていただいています。ありがとうございます(*^^*)


本日は雨模様ですが、まったりおだやかな1日になりますように♪





rohengram799 at 15:03|PermalinkComments(13)
記事検索
月別アーカイブ