ベルサイユのばら

2021年07月17日

細蟹雲便りNo.17:真ん中バースデー🎂 と 『ベルばら手帖』🌹

「1/2成人式」とか「ハーフバースデー」とか知らない記念日(?)用語(?)が増えているわ……と思って数年、今また時代に乗り遅れている私に「真ん中バースデー」なる言葉がやってきました。


真ん中ん中バースデーとは、友だちや恋人同士などでお互いの誕生日の中間にあたる日を祝うというもの。もとネタは1994年から「りぼん」にて連載された少女マンガ『こどものおもちゃ』ではないかと言われているようです。かなり前ですね。私は幼い頃も今も「りぼん」は買ったことがないし、1994年頃は少女漫画から遠ざかっていた気がする ← 記憶もあやふや (; ̄ー ̄A


コチラで簡単に真ん中バースデーを調べられます。

https://www.sanrio.co.jp/special/mannaka-birthday/sp/mannakaday/


ちなみに私とダンナさんは6月29日でした。


二次創作タグでも「真ん中バースデー」をみかけたので、『ベルばら』のオスカルさまとアンドレ氏でやってみたところ、10月26日でした。まぁ、私の愛するロイエンタール(『銀の銀河英雄伝説』の主要キャラ)誕生日だわ〜ロイの右目は黒、左目は青。アンドレ氏とオスカルさまのそれぞれの瞳の色だわ、うふふ (*´艸`) とヘンなテンションになってしまいました。


そうそう、『ベルばら手帖』を読み終わりましたが、今読むとちょっと時代のズレがあるというか(発行されたのが2013年)多分二次創作に関わっている人なら調べてもう知っているのでは?と思われるような話もあって(連載当時とは違い、ベルサイユ宮殿や当時の風俗、風習や革命関連の書籍や映像などもがたくさん出ているし、社会人になり実際フランスに旅行した人も多いし)同人誌と商業誌が混ざったような一冊でした。


『大奥』や『きのう何食べた?』のよしながふみさんと著者(湯山玲子さん)の対談で(よしながさんのベルばら同人誌が読みたかったなぁ) 湯山さんの「好きなキャラは誰ですか?」に「それはもうアンドレです! 彼って、オスカルのように何でもできる女性に嫉妬せず、ただ、彼女のことを応援している。それって素敵ですよね。それに、すごくバカでしょう?」……… (^。^;)

「オスカルはちゃんと革命思想を勉強して革命に参加するんですが、アンドレはどうも、そのうちあたりを勉強しているフシが見当たらない。でも、オスカルが好きだから戦場についていく。そんなところもいいな〜と。あと、オスカルと自分が結婚出来ないのは、身分の違いのせいだけだと勝手に思いこんでいるところも、自惚れててカワイイ!」


アニメではアンドレ氏の方が先に革命思想に関心を持ったように描かれていた気がするのだけれど、よしながさんの「自惚れててカワイイ!」はオトナになってから言えることかも(笑)




rohengram799 at 15:00コメント(6) 

2021年07月15日

細蟹雲便りNo.15:ビックリしたゾウ 🐘

昨日は「パリ祭」でした。季語では「パリぃさい」と読む……毎回バリィさんを思い出します(笑)


椅子に組む脚うつくしく巴里祭   山下喜子



『ベルサイユのばら』を愛読されている方々にはいろんな想いが交錯する時期ではありましたが、こんなコラボ商品が……!

http://www.nagaokafarm.com/index.php?berubara


アニメ版最終回で軍人だったアランが農夫になっていて、エエーッ!(*゚Д゚*) となったものですが、このレタスを育てていたのだと思い込めば幸せに……ならないな(;´∀`)

こちらは私が知らなかった幻の最終回……? 作画がひどくて泣ける……けれどこれはこれでベターな最終回なのかも。

https://sumatome.com/su/1299658097657483264



意外なコラボ商品にビックリしましたが、カエル税なるものが中世のフランスではあったというのにもビックリ! カエルが鳴いて領主が眠れなくなるので、領民が交代で水面を一晩中たたき、カエルが鳴くのを防いでいたそうです。お金ではなく労働で納税ってことですね。でも叩く音もうるさいのでは……そしてカエルが鳴くのは領民のせいではないと思う (ー_ー;)



コチラもビックリしたゾウ!なお寺です。こんな場所があったとは ……一度行ってみたいです。

【長福寿寺】
https://choufukujuji.com/sp/

http://blog.livedoor.jp/kuropanda7/archives/55863914.html


それから「納豆天ぷら」を見つけました。こんな色合いの豆菓子があったような……。

https://www.pixiv.net/artworks/88997185



少し前まで凄い激しい雷が……不安定な天気です。 皆さま、どうぞお気をつけ下さいませ。



【追記】
日本食糧新聞の「ベルばらレタス」記事。8月末には全国販売予定(*´∀`)♪

https://news.nissyoku.co.jp/news/fujibayashi20210712030743340



rohengram799 at 14:50コメント(4) 

2021年06月29日

清遊雲便りNo.20:空に太陽がある限り ☀️

雨の朝になりました。が、脳内ではこの歌がリフレイン (`O`)♪


愛してる とても 愛してる ほんとに
愛してる いつまでも 空に太陽がある限り


小学生時代、にしきのあきらは好きな歌手でありました(笑) この歌もよく聴いていましたが、時を越えてなぜ今またこの歌を思い出したかというと『ベルばら手帖 』の【『ベルサイユのばら』の歴史をひもとく 】というページで

1975年4月 にしきのあきら主演『ミュージカル・ロマン ベルサイユのばら』梅田コマ劇場で上演

という ヾ(゚д゚ )三( ゚д゚)ノ"? なんですか、ソレ! を見つけたからです。歌舞伎の俳優祭で「ベルばら」が上演されたことは知っていましたが、宝塚で初演が上演された翌年に、にしきのあきらで……(*゜д゜*)
まさかオスカルさまではないよね……と検索してみたら、フェルゼンとアンドレ氏の二役……(・・;)

ではオスカル様はどなたが? と思ったら森田日記さんという方………知らない! あといろんなグッズが発売されていたこともこちらのブログ記事で知り、ビーサンなぞオスカルさまを踏みつけるのか Σ(゚∀゚) となりました。

https://ameblo.jp/botebote-azarashi/theme1-10109678684.html



昨晩は「少女まんが館」の存在を知り、行ってみたい!となりました。私よりもう少し上の世代の方にはもっと懐かしいのではないかしらん?

https://www.nerimadors.or.jp/~jomakan/

https://note.com/ooi_saru_jomakan/n/nffb154182ed2


少女漫画ではこちらの記事も印象的というか味わい深いというかそうなんだ……となりました。

https://note.com/romanticaugogo/n/n084bc0f8f805


*****


『ひまわり探偵局』は頑張って一章だけでも読みきろうと思いましたが、やはりムリでした。太田愛さんの『幻夏』をイッキ読みして満足し、今は伊坂幸太郎さんの『首折り男のための協奏曲』を読んでいます。



今日を日曜日と勘違いして寝坊するところでした。明後日はもう7月、シャキッ!とせねば……皆さま、どうぞよい1日を ヾ(´ー`)ノ



rohengram799 at 08:25コメント(4) 

2019年06月19日

林鐘雲便りNo.17:サテュロス

怪鳥ロプロスは「バビル2世」に出てくる三つの僕(しもべ)のひとつでありますが………ちょっと気になっていた「サテュロス」について調べていたら「農夫とサテュロス」という絵画がありました。



農夫とギリシア神話の聖霊サテュロスとの会話が主題。ある寒い日に、男が自分の手に息を吹きかける。サテュロスがなぜそうするか問うと、男は手を暖めるためだと答える。そのあと二人は食事の席に着く。男が熱いスープに息を吹きかけたので、再びサテュロスがなぜか問う。男は冷ますためだと答える。するとサテュロスは怒って「お前との友情はこれまでだ。口から熱い息も冷たい息も同じように出せる男だとは思わなかった」と立ち去った。



なぜ熱いスープをフーフーして冷まそうとしただけで、怒られてしまうのかわからない……二枚舌を諫めるためだとの説もありましたが、なんで(´・ω・`)? と意味がわからない。 息は大事なのよ! 息を合わせるという言葉があるくらいなんだから〜とひとりぶつぶつ(# ̄З ̄)



下記サイトでは同じ主題の絵がいくつか紹介されています。

http://mementmori-art.com/archives/32237365.html



こちらは :*(〃∇〃人)*:系のサテュロスさん!

【サテュロスとニンフ】

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/ako-diary2013/entry-11945359406.html%3Fusqp%3Dmq331AQNKAGYAdbHrIOZqvDpFw%253D%253D



お戯れが過ぎますわ(〃ノωノ) な絵画。

https://blog.goo.ne.jp/chimaltov/e/eae86b3cb0b8c687e234aec25b317423




結局、アンドレ氏がオスカル様に言った「ましてタイタンの力もサテュロスのひづめも」の意味はなんなのよ(-ω- ?) となった「ベルばら」好きなおやぢの美術の時間でした。



バビル2世についてはコチラを。私はロデムが好き(*´∀`)♪

https://matome.naver.jp/m/odai/2140137593135214401?page=2



rohengram799 at 16:23コメント(2) 

2019年03月21日

雛月雲便りNo.22:のんだくれ

あの人を誰も飲んだくれと
悪口をならべけぎらいするけど    
浴びるほど酒を飲み続ける
それなりのわけを知ってる……



西島三重子さんの「のんだくれ」。「池上線」の方が知られているのかなぁ。
     
https://petitlyrics.com/lyrics/1009141



pixivで『ベルばら』の二次創作を読んでいると、オスカル様の飲酒場面が多く(もともと漫画で昼からブランデーとか飲んでたし、ザルでしたから仕方ないのか💦)この歌を思い出してしまいました。初めて聞いた時にはヤクザなおっさんと若い娘さんのイメージでしたが、それほどふたりに年の差はなくて案外駆け落ちした若いふたりだったのかな、と最近は思うようになりました。でもやっぱり時代背景は昭和なんです(;゜゜)


酒飲みの人って鼻が赤くなりますよね。外国の人にもアレは出るのか?と思って検索していたらこんな記事がありました。

https://deslys.blog.fc2.com/blog-entry-477.html




石田比呂志さん(※)の短歌にお酒を詠んだものがあったので、好きな句をご紹介。


酒のみてひとりしがなく食うししゃも尻から食われて痛いかししゃも


春宵(しゅんしょう)の酒場にひとり酒啜る誰か来(こ)んかなあ誰(た)あれも来るな  




こちらの本も表紙はちょっとお子さま向けの絵本ですか?みたいな感じですが、内容は面白かったです。


美酒処 ほろよい亭 日本酒小説アンソロジー (集英社オレンジ文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/13504222



(*)1930年10月27日 - 2011年2月24日





rohengram799 at 12:52コメント(4) 
記事検索
月別アーカイブ