ホワイトデー

2022年03月15日

春和雲便りNo 9.:『生きるかなしみ』

おはようございます。昨日はアツかった〜半袖の小学生も見かけました。関東地方、お彼岸には桜の開花宣言があるかもしれませんね。


10日は東京大空襲、11日は東日本大震災……9日が語呂合わせの「ありがとうの日」だけにその後に続く出来事になんとも言えない気持ちになります。コロナの影響もありますが、皇族の方々の慰霊祭参列がなくなり……若者への記憶の継承、発信ということも含めて来年は愛子さまに参列していただけたら、などと考えてしまいます。しかし、相変わらず週刊誌の皇室関連記事の見出しは酷い(他の内容もですが)……持ち上げたり貶めたり。何が真実かはわからないですけど(´-ω-`)


東京新聞のコラム記事に「銀河鉄道の夜」を引用した記事がありました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/164940?rct=hissen

最後の『幸せとは勇気を持って人のために生きること、だろうか。それはきっと、星になった人のためでもいい。』が沁みます。 読売新聞の「編集手帳」にあたるものが東京新聞の「筆洗(ひっせん)」なのですね。以前の記事も読めるのが有り難いです。


宮沢賢治というと『生きるかなしみ』(*)に弟の清六の文章も載っていました。

………………

吹雪はいつか静かになって、みちのくの野山には、いましんしんと雪が積もっているようだ。
こんな晩にも、第三紀の四次元世界のイギリス海岸では、怪鳥の群が飛びめぐり、幾条もの飛竜は空に馳せ上り、怪鳥はつかんで来たものを投げつけたりしているのであろうか。


まことのことばはうしなわれ
雲はちぎれてそらをとぶ
ああかがやきの四月の底を
はぎしり燃えてゆききする
おれはひとりの修羅なのだ


と、唾(つばき)し歯軋り叫んだ兄はいまどこで何をしているのだろうか。

(P72 〜73)


…………………


『生きるかなしみ』には戦争体験の話もいくつかあって、いろいろ考えさせられました。



(*)https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480029430/

https://epi-w.at.webry.info/200712/article_4.html





rohengram799 at 06:55|PermalinkComments(2)

2021年03月16日

華節雲便りNo.14:キャンディ🍬 〜 揺れる想い

♪そばかすなんて 気にしないわ〜

これはアニメ「キャンディキャンディ」……漫画もアニメもちゃんと読んだことがない私ですが(なかよしとかちゃおとかりぼんとか付録付きの漫画雑誌を継続して買ったことがない)ホワイトデーのお返しに意味があるとか……いつからそんな情報が Σ(゚ロ゚;)


某漫画の二次創作作品で知ったんですが

イチゴ:恋や結婚や子孫繁栄を意味する
オレンジ:幸せな花嫁
ブドウ:酔いしれるような恋
バナナ:結婚話があるかも
リンゴ:運命の相手
メロン:デートに誘われたり盛り上がったりするかも
レモン:真実の愛

殿方たちはこの意味を調べてお返しをしているのでしょうか? 受けとる乙女の皆さまもまぁ(*≧∀≦*)と思うのかしら (-ω- ?) 製菓業界の皆さま、お疲れさまです……!


*****


布団の中でもう少し眠れるかも…なんてモゾモゾしていたら地震が……緊急地震速報なのに、揺れが落ち着いた頃に鳴るという……日本だけでなく地球のあちこちが揺れている気がします。 この「ちょっと便利帳」でいろんな出来事から何年目かがわかります。

https://www.benricho.org/koyomi/years_ago/jishin.html


*****


「揺れる想い」はZARDの歌う恋心だけで足りています……と言いたい火曜日、皆さま、どうぞお気をつけ下さい。




rohengram799 at 09:00|PermalinkComments(4)

2019年03月12日

雛月雲便りNo.12:居眠りと片想い

今週はホワイトデーがありますね。卒業してしまった学生さんたちはお返しとかどうするんだろう?とこの詩を読んで思いました。学生時代の片想いは、なんとゆーか、初々しくほほえましいですな~傷にならず、綺麗な思い出に昇華していくような気がします。





「片想い」 谷郁雄

勉強に
身が入らないのは
あなたのせいです
ため息ばかり
出るのも
眠れない夜が
続くのも
何もかも
あなたのせいです
とは
あなたに
言えずに
隣の席で
居眠りしている
あなたのことを
横目でにらむ
片想いの私



こちらは私の好きな浜田省吾さんの『片想い』(´;ω;`)

https://sp.uta-net.com/movie/1299/


rohengram799 at 08:31|PermalinkComments(6)

2018年02月14日

恵風雲便りNo.9:バレンタイン💘ストーリーズ

今日はバレンタインデーですね。義理チョコやら友チョコやら、いつから本命チョコ以外が増えたのか・・・。


昨日はこの時期にあわせて発売されたであろう、バレンタインデーをテーマにしたアンソロジーを読みました。


http://www.chuko.co.jp/bunko/2018/01/206513.html


◆収録作◆
三羽省吾「ビターチョコにはほろ苦ピールを」中島要「初めて買ったチョコレート」木村紅美「灯台とチョコレート」秋吉理香子「マイ・ブラッディ・バレンタイン」加藤千恵「メロンソーダコーラ」鯨統一郎「バレンタインデーは誰のもの?」石井睦美「苦いチョコレート」朝比奈あすか「初恋」



安いチョコをあげて「お返しはランチバイキングで」という図々しいOLたちには、呆れるより怒りがこみ上げてきましたわ。こういうのって本当にやめてほしい~なんでここまで要求出来るのか。


自分のためにちょっとお高いチョコを買おうかと考えているワタクシでした😀




rohengram799 at 08:31|PermalinkComments(4)

2016年03月14日

春雲便りNo.14:シュンとして……春

今日はホワイトデーですね。マシュマロをお返しにするのはお断りの意味だとかイヤ違うとか……私はあんまりマシュマロは好きじゃないのでどちらにしてもいらないかな~なんて、そんな出来事も遠い昔なのにアレコレ考えています! 


チョッコレェ~ト、チョッコレェ~ト、チョコレートは明治!のコマーシャルは定番ですが、戦後の話で米兵がチョコやチューインガムを子どもたちに配った(というか投げた?)も定番だと思うのですが、ダンナがコンビニで買ってきた『教科書も間違っていた 歴史常識のウソ』という雑誌(?)に「米兵がやさしさでチョコを恵んだというのはウソ」というのがありました。「このチョコレートやガムの費用はすべて日本が負担していた」というのは事実なんですかね?


出典がはっきりしないので、日本がそこまで「米兵はもう敵じゃない、優しいんだよ♪」を演出させていたとは思えないんですが……GHQ=Go Home Quicklyだったのでは(´・ω・`)?



またまた雨の1日になりそうですが、あたたかくなくてもなんだかダルくて眠い……(=_=)



『春は曙そろそろ帰ってくれないか』(櫂末知子)


『三月の甘納豆のうふふふふ』1年を甘納豆で語る(笑)坪内稔典さんは「春は曙」の清少納言の時代に曙は後朝(きぬぎぬ)の別れの時間、恋人が帰ってゆく名残惜しい時間のはずなのに、それを「そろそろ帰ってくれないか」って……それはないでしょρ(・・、)みたいな解説をされていたようです。


私は、朝早くから野菜とか届けに来てくれた近所のおばちゃんの話が長くて(早く帰ってくれないかなぁ、まだ眠いのよ)と思って読んでいました~ちっとも風流じゃない(笑) 櫂末知子さんは私より4つほど年上の方。豊富な恋愛体験からうまれた一句だったのかも……なんでこういう時には色気のある発想にならないのかしら( ̄0 ̄;)



皆さま、元気におだやかに過ごせる1週間になりますように(*´∀`)ノ






rohengram799 at 11:59|PermalinkComments(6)
記事検索
月別アーカイブ