ミネストローネ

2016年02月26日

凍雲便りNo.13:さめたスープ

近くの書店が思いっきり複合型になってしまった~中古本コーナーはなくなり、TSUTAYA(レンタル)が入ってきた……文具コーナーに化粧品にケータイSHOP、もうワサワサしてゆっくり本を探す気分になれない! 本屋は本屋オンリーがいいなぁ、と思いました。



そんな中で『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん』の続編が出ていたので買いました。サブタイトルは「今日を迎えるためのポタージュ」。で、内容なんですが、全部で4作品あったんですがガッカリ感が大きかった……謎解き自体がどうこう、というよりそれに付随した説明描写がクドイし、なんか無理して特徴のある人物を登場人物にしているような雰囲気があって……。「山奥ガール」はジビエ料理から狩猟に興味を持つ女の子が出てくるんですが、まぁコレはあるかな程度でしたが、都合よく知り合いに猟師、そして有害鳥獣駆除に同行、ドタバタあって恋仲に~の展開。同行の時の服装が山ガールより森ガールっぽいのも、猟師関係の小説(「邂逅の森」「光る牙」「銀狼王」くらいだけど)を読んできた私には、スゴいムカついて「お前、山をバカにしてるだろ(`Δ´)」になってしまい……。


そして、お店の名前にもなっているマスターの亡くなった奥さんに関する重大エピソードの「レンチェの秘密」は書き下ろしだったのですが『5分で読める!ひと駅ストーリー 食の話』にあった“朝のミネストローネ”がほぼまるっと埋め込まれているというか……「この文章、最近読んだことがあるような……?(・_・;?」だったんですわ。


5分シリーズの話は母親のミネストローネをまた食べたいな、と思っている女性の願いを叶えた!的な話だったんですが「スープ屋しずくのでこういうこともあったかもね」で、短いけどうまくまとまっていたな~といういい話の印象だったんですよね。だから「なんで1年も経たないうちに発売される本に同じエピソードを組み込むのさ(ーー;)」となってしまって……。


エピソードが同じだとしても名前を変える、男性にする、年代を変える、とかしてくれていたらこんなにモヤモヤしなかったかも……それまでの作品も私にはちょっとなぁ…だったので、ダメ押し状態で読後感が悪くなってしまいました。


あ、性別・名前を変えるで思い出したことがあります。昔、銀行で「田中和美」さんがふたり描かれたポスターがありました。ひとりは男性のタナカ・カズヨシさん、ひとりは女性のタナカ・カズミさん。間違いを防ぐためにきちんとフリガナをふってね!というお知らせでした。


そして私がOLだった頃、先輩に○○潤さんという方がいました。「ジュンさんていうのかな~出来る都会の女性は名前もハイカラ!」なんて田舎もんの私は思っていましたが、メグミさんだとあとから知りました。。そしてその方と同じ部署の男性社員が△△潤さん。こちらはジュンさんでしたが、ふたりが結婚すると聞いた時には「えっ(;゜∀゜)」と思いました! しばらく共働きだったような気がします。


あと知り合いに、夫婦ともに清美(キヨミ)さんがいました。不思議なご縁(´∇`)





rohengram799 at 09:05コメント(8) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード