メリーゴーランド

2018年06月18日

芸香雲便りNo.17:キリン

毎年6月21日は「世界キリンの日 World Giraffe Day」。1年で1番昼の時間が長い日である夏至が6月21日前後にあることから「1年でもっとも昼が長い日に世界一首の長い動物を知ろう!」ということでキリン保全財団が制定したそうです。「世界◯◯の日」って、動植物だけでもかなりの数があるのかしら? まどさんはかなりの数の動植物の詩を書いていますが、もちろんキリンさんもありました。



『キリン』まど・みちお

みおろす キリンと
みあげる ぼくと
あくしゅ したんだ
めと めで ぴかっと・・・

そしたら
せかいじゅうが
しーんと しちゃってさ
こっちを みたよ



キリンさんと♪目と目で通じあう~かすかに ン 色っぽい~ なのか、色っぽいというよりふたり(?)だけの不思議な空間が出来上がったのか・・・。


【工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」】
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=4417



コチラは不思議というかなんとゆーか・・・の遊園地です。某作品の同人作品をいろいろ読んでいたら出てきました。「パリ植物園」で画像検索してもいろいろ出てきて面白いです。


【動物のメリーゴーランド】
http://chaehwa.jugem.jp/?eid=131



大きな地震が続いています。皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしたか? 梅雨時の地震、土砂災害も心配です・・・。

rohengram799 at 11:56|この記事のURLComments(2)

2014年11月25日

琥珀雲便りNo.26:まっすぐ進め!

今日は雨の1日でしたね。シフトの関係でいつもは遅番だけなのに、今日は早番の時間帯から出勤…久々の8時間勤務はやはり疲れる~早く帰りたいのに、電車が遅れて自分の予定より遅い帰宅になってしまいました。


待ち時間中に数ページ残っていた石持浅海さんの『まっすぐ進め』を読み終わりました。左手首に時計を2つしている美人さんと、「幸せに向かってまっすぐ進め」と名付けられた直幸くんの物語。お互い社会人で落ち着いたというかむしろ「枯れたカップル」な印象もありますが、ミステリーであり恋愛小説であり……で石持さんらしいなぁと思う作品でありました。


さてさて、マイペースでそれなりに出来る仕事とはいえ、8時間も拘束されているとはぁ…と心に羽がはえ、脳内にお花が咲き乱れてしまうもので……今日はアマリリスの別名に「ナイトスターリリー」というのがあると知り、よくナイトメアってきくけどなんだろ(´・ω・`)?と疑問が……。検索したところ「mareはメス馬です。Nightmareで悪夢の意味ですけれど、夜のメス馬ってどういう意味なんでしょうね?」というおやぢ心を燃え上がらせる質問が……!!


「"nightmare"という単語自体の"mare"の語源は「メス馬」とは関係ない(「妖魔」を意味する)のだが、音韻・綴りの類似から夢魔はしばしば馬の姿で描かれてきたのだそうです。」と真摯な回答があったにもかかわらず、メリーゴーランドのようにまわるまわる「夜のメス馬」という言葉(≧▽≦) じゃじゃ馬ならしの殿方にあんなことやこんなことで調教されるのでしょうか……スミマセン、お腹がすきすぎていつも以上に思考(嗜好?)がおかしくなっています(O.O;)(oo;)


競馬関係の記事で読んだのかと思いますが、馬の性別は「牡」「牝」「せん」の3種類に分けられるそうですね。牡馬(ぼば)はオス馬のこと、牝馬(ひんば)はメス馬のこと。もうひとつ「せん馬」は、性格に難のある馬を矯正する目的で去勢した牡馬のことだそうです……う~ん、気性が荒いってことでしょうか? 


お馬鹿さんなことばかり書いてしまいましたが、今夜はもう遅いのでこれで失礼いたします。馬が九頭ですべてがウマくいく夢がみたいですわ~皆さまも「幸せに向かってまっすぐ進」んでいけますように。おやすみなさい(+.+)(-.-)(__)..zzZZ




rohengram799 at 23:31|この記事のURLComments(6)

2013年01月04日

くじら雲便りNo.4:今日までそして明日から

今日から仕事!!という方も多いのでしょうか~私は今日まで仕事で明日ようやく休みです(^o^)←タクロ~さんの歌の話ではありません(笑)


毎年、お正月ギャンブラー出陣の予測が外れ、大変苦労しています……まぁ曜日の並びも違いますから仕方ないのですが、年配のお客様が目立ちます。お正月はウチでゴロゴロとテレビを見ていて欲しいです~と言いながら、自分のダンナがウチにずっといるとイライラするという(--;)


昨日は歌人の東直子さんの小説『水銀燈が消えるまで』を読みました。「水銀燈」ときくと、大臣復活!の麻生タンの好きな薔薇乙女のひとりを連想してしまう方もいるかと思いますが(笑)『長崎くんの指』を改題した短編集です。


舞台となるのは郊外の寂れた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」でちょっと世の中からはみ出したワケありの人たちが集まってくる…何かこれといった前向きな結論が出てメデタシ!メデタシ!!というよりはまだまだどこかをさまよっているような雰囲気の話で、東さんのつくる歌の世界がそのまま物語になったみたい。ピクニックランドでも目立つのはやはり観覧車。観覧車の操作をしているオジサンと愛人にクビにされた元・美人秘書のマリアさんの『アマレット』が私は一番好きです。


最寄り駅近くの商業施設にも観覧車があって、目立つのですが、1日に何人も乗らないと思います。私も乗ったことがない~ダンナは高い所はイヤだ!というからもちろん乗らないし…てっぺんで止まったらどうする!?(((・・;)と考えてしまうみたいです。まぁ眺めて楽しい場所なんてあるのかな?という疑問もあります(~_~;)筑波山とか富士山が見えるという話も聞きますが、私の富士山は山梨に帰って見る富士山しかあり得ない!!


しかし、ちょっと寂れた遊園地ってなんか心ひかれないですか?完全に廃墟だと心霊スポット化していそうでコワイですが、適度に廃れていると騒がしくない分、ノスタルジーに浸れるからかなぁ~乗り物もゆるゆるスピードで私のようなオバサンにはちょうどいい( ̄▽ ̄;)


『中央線、南北線に東西線、どこへもゆけてどこへもゆかず』


この東さんの歌のようなここ数年のワタクシですが(気持ちはいつも別世界ですけど)メリーゴーランドに乗っている子どもを見るお父さんお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたち……かつてのお子さまたちが今のお子さまをいとおしく見つめ、手をふり笑顔になる、そんな光景を探しにどこかの遊園地に行きたくなってきました(*^^*)


皆さま、楽しい週末を!!



rohengram799 at 10:40|この記事のURLComments(10)

2011年08月10日

第557号:人生はメリーゴーランド

♪まわれ まわれ メリーゴーランド もうけして止まらないように
動きだしたメロディ
LA・LA・LA・LA・LA LOVE SONG


いやぁ『ロング・バケーション』懐かしいですね!!…という話をしたくなる(笑)『メリーゴーランド』(荻原浩)という本を読んでいます。第三セクター経営のさびれた遊園地を復活させるべくガンガンいくぜ!!な公務員の物語です!といってもまだ「やる気のエンジンがかかるのか!?」くらいまでしか読んでいません(((^_^;)


しかし、今は遊園地やテーマパークは赤字経営のところが多いのでは?
バブルの頃、なんでもかんでも建物をつくりすぎましたね。


子どもたちが小学生の時、春休みに日光江戸村にいきましたが、思ったより人がいなかったですね。活気がないというのか(--;)今はどうなっているんでしょう?


水族館なんかはリニューアルして、この夏は人気みたいですね。私が行った水族館は昔ダンナと「でえと♪」したサンシャイン水族館と、子どもの遠足で行った葛西臨海公園の水族館かな~。


普通の遊園地だと、やはりダンナと行った後楽園遊園地と小山遊園地!!富士急ハイランドは自分が小学生の時の遠足で…!
浅草の花やしきには行った記憶がないし…あとアンデルセン公園にいきました。


時々思うのですが、メリーゴーランドとかコーヒーカップとか何歳まで許されるんでしょう? 親子やカップルならまだしも、いい大人がひとりでメリーゴーランドに乗るのってかなり勇気がいりません!? 公園のブランコなら哀愁漂うのに、メリーゴーランドだとイタイ大人そのものな感じが(((・・;)


でも、チャレンジしてみたい事のひとつです(^3^)/


rohengram799 at 00:28|この記事のURLComments(14)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ