ランドセル

2017年04月24日

菫青雲便りNo.23:ウンもつくドリル(;゜0゜)

新学期も始まり、子どもたちもだいぶ学校の授業になれてきた頃でしょうか? もう「ラン活」なんて言葉が出ていましたが、来年入学予定の子どものランドセルを七五三前どころか夏休み前、4月から注文って、まわりの大人の気合いが入りすぎじゃないかと思いますわ。


そんな大人の思惑も学習ドリルになると、またエライものが出てきましたね~「うんこ漢字ドリル」(^^;)(;^^) すでにアチコチで話題になっていますが、私は新聞広告で見てビックリしました!(笑) 問題文、例文にもれなくうんこがついてくる~回答記入マスの形までも・・・ここまで徹底されるとスゴいですが、高学年でこれを人前で持ち出すのは、さすがに恥ずかしいかもしれない!


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/higasikunisiku/5374902



悪魔のトリルはヴァイオリンでしたっけ? 音符がすべてアレの形にアレンジされていたらイヤですな~と思うの始まりガキんちょの発想かしら(◎-◎;) でも、いろんな教科書にイタズラ書きする子どもはいそうな気がする~! まだドリルの実物を見たことがないので、早く見たいような見たくないような・・・!




*前の記事のお返事遅れますm(__)m




rohengram799 at 11:35コメント(8) 

2017年04月06日

菫青雲便りNo.4:苔と金

おはようございます~始業式・入学式はそろそろでしょうか? 昨日はなんと表現したらいいか迷う色のランドセルセルを背負った子どもに舘を見ました。今は本当にたくさんの色がありますね。


この子たちはどんな大人になるのかな~?で、う~ん( ̄~ ̄;)とかなった4月4日読売新聞朝刊・地方版の文芸コーナーにあった作品を2首ご紹介。



「苔女(こけじょ)です」突然をんな入り来てわが庭の苔撮りまくり去る (匝瑳市・椎名昭雄さん)



怖い・・・なんでもままるで◯◯女とつければ言い訳じゃないだろ~なんて失礼な女! 苔玉は小さな宇宙で盆栽にしても可愛いなのは知っているけど、よそのお家になんて図々しい・・・「撮りまくる」という表現が女の無神経さと、作者の驚きと戸惑いをよく表していると思いました。



花金もプレ金もみなよその花
(松戸市・中原政人さん)



全くその通りでございます~高嶺(高値?)の花ですわ。以下、選者の瀬々倉卓治さんの評です。


孫請けへ徹夜仕事が急に来る。無いより有る仕事が、いのちを繋ぐから、旋盤の悲鳴も、ドリルを喘ぎも、何んで今頃も、理屈もない。花金もない顔へ、プレ金が仕事を呉れ、片やプレ金が仕事を奪う。ひとはひと、われはわれ。同じ花散る釈迦の掌のなか。




わかってはいるんですけどね~やっぱり一言二言グチが出てしまいます! 例のアイメイクバッチリ!で私をにらみつけた担当者ですが、別の人にかわりました。私な何もしてないですよ(笑) しかし、勤務時間変更にあたっての契約更新もしてないし、頼んだ資材も発注済みかどうかの返事(メール)もくれないし、何もかも中途半端でまた違う人って・・・いい加減イヤになりますよ( ̄。 ̄)



明日は金曜日、1週間経つのが早いです。夜桜見物の方もいらっしゃるかしら? 楽しんで下さいませ(* ^ー゜)ノ





rohengram799 at 07:49コメント(8) 

2016年08月10日

乗雲便りNo.10:乱婆怒~ランバダにあらず(ー_ー;)

『今年また生きて残暑を嘆き合う』(池田澄子)


今年の夏はとにかくアツい~心身ともに消耗しますね。ワタクシ、今日でめでたく生誕19,100日を迎えたのですが(乗雲便りNo.1:限界WORKERS (-""-;)後半をお読み下さい)20日に19,200、30日に19,300とカレンダーに書き込んだ数字を見てダンナが「おかーさん、これおかしいよ。20日は19,110日でしょ?」と………( -_・)?……あっ( ̄□ ̄;)!!……10日を100日と考えていたとは……夏の暑さのせいよね、そうよね、そうに違いない!と思いたいおバカさんなワタクシでした。しかし、考えてみると「四万六千日」(ほおずき市)ってスゴい年月ですよね。どうしてもおまいりしたい!という気持ち、自分の年齢を日単位にしてよくわかりました。(第180号:四万六千日の想いは重い)



さてさて……最近では、ひとりっ子や子どもが少ない家庭も多くなって「お盆玉」やら「孫の日」やら「ジュニアアNISA(ニーサ):未成年者少額投資非課税制度」など、祖父母のお金を使わせよう!的なものが目立ちますね。親の場合ももちろんあるでしょうが、ランドセルにあてる金額も高くなっているのだとか。、特に職人が手作りする「工房系」のランドセルが大人気で、購入希望者が殺到し、ウェブサイトのサーバーが落ちてしまうなどのトラブルまであったと聞いては、なんでそこまで……と思ってしまいます( ̄~ ̄;)


昔はランドセルは赤と黒しか選択肢がなかったけれど、今はカラーバリエーションが豊富すぎて(笑)ブランド物も多いし。素材や背負い心地も重視すると「やっぱり職人の手作業のランドセルよね!」となり『ラン活』という言葉まで出てきているらしい……最初「ランニング活動」かと思いましたよ。ランニング仲間との交流を深めて、また仲間を増やす「みんなで広げよう、ともだちの輪」(古いっ!)みたいなものかと考えていました。


桜雲便りNo.8:ランドセル地蔵では、戦時中のランドセルの話など書きましたが、贅沢すぎますね。6年間ランドセルを背負う子どもって今は少ない気がしますが、どうなんでしょ?



突然「乱婆怒」という漢字が舞い降りてきました……読み方はランバード、ミズノとはもちろん無関係! カワイイ孫のために職人ランドセルを手に入れようとして叶わず、怒りまくり暴れるおばあさんのことです………もし私に孫が出来たらこうなってしまうのかしら!? 当分予定はないですけど( ̄▽ ̄;)






rohengram799 at 16:04コメント(12) 

2015年12月10日

色雲便りNo.7:昭和・なごり歌

♪汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる……


これは『なごり雪』ですが、今、朱川湊人さんの『かたみ歌』の続編とも言える『なごり歌』を読んでいます。ちょうど私が小学生で、毎日テレビと漫画で家族揃って食事をしていたあの時代……もう懐かしすぎる昭和がある、マンモス団地を舞台にしたちょっとホラーテイストの7つの短編集です。

朱川さんは私と同世代で、生まれは大阪ですが5歳の時に東京に移ってきたそうです。そして住むことになったアパートが、三河島の商店街に面していたそうで……三河島は私が高校を卒業して初めてひとり暮らしをした思い出の場所! 「三河島にはアーケードがなかったので、三ノ輪の商店街まで遠征したりもしました。下町の商店街はごちゃごちゃして迷路のようだったけど、それだけで一つのパッケージ化されたコミュニティで、とても魅力がありました」とインタビューにこたえていた記事を読んで「私も三ノ輪に歩いて行きました!」とひとりコーフン状態になったりして(笑)出逢うべくして出逢った作家さんなのかも……と勝手にご縁を感じています。

本の中には団地で初めての洋式トイレ体験!とか富士塚とかドリフやらコント55号、夏休みのお昼には「あなたの知らない世界」など懐かしいテレビ番組も出てきますが「今日は何の日?」ときかれれば『三億円事件』が起こった日……で、もちろんこの話題も出てきます。

《1968年12月10日午前9時20分頃、東芝府中工場従業か業員のボーナスのための現金約3億円を積んだ日本信託銀行の現金輸送車が、府中刑務所北側の路上で後を追ってきた白バイ警官に止められた。白バイ警官は爆発物らしき物を発見、行員たちが車外へ出て避難すると、運転席に乗りこみそのまま走り去った。このようにして3億円はまんまと奪われてしまったのである。75年12月に時効成立。戦後最大のミステリーとされる。》

白バイ警官のモンタージュ写真があちこちに貼られていましたよね。年末ジャンボのコマーシャルを見るたびに、今の三億円と昔の三億円の価値の大きさの違いを感じます。イヤ、庶民のワタクシには10万だって当たれば大喜びですが、本当にあんなに高額当選したらどうしていいかわからなくなりそうです!

高額当選すると誰にも話していないのに「寄付のお願い電話」がかかってくると言いますよね。新聞を見たら『寄付月間~Giving December~』という文字があって、なんだよ、またこれは……(◎-◎;)

「寄付の受け手側が寄付者に感謝し、また寄付者への報告内容を改善するきっかけとなること、そして多くの人が寄付の大切さと役割について考え、寄付に関心をよせ、行動をするきっかけとなることを目指した月間」で今年から……日本初の取り組みだそうです。民間非営利組織、行政、企業、国際機関の有志32名で構成される寄付月間推進委員会(小宮山宏委員長)が運営していて、「特定の団体、課題を訴求するものではありません」とのこと。

なんだかなぁ……よくわからない。善意によるものをわざわざ○○月間とか名づけての啓蒙運動みたいな感じがイヤですわ。またランドセルプレゼントの話題とか年が明けたら出てきそうですけど……善意という言葉自体がアヤシイ何かに変化していくような気がします。寄付自体を否定はしませんが、なんかこの活動は疑問符がいっぱいです。






rohengram799 at 20:20コメント(12) 

2015年06月10日

草雲便りNo.10:薔薇の眠り

この前、テレビでランドセルのコマーシャルが流れていました……もうランドセルなの(;・ω・)と驚きです~まだ黄色いランドセルカバーをつけたカワイイ一年生を見かけるのに……夏休み明けに新しいランドセルって話ではないですよね? 七五三祝いにランドセルも早いなぁ、と感じていたのに6月にもう……って気持ちになりました。まぁいつ買ってもいいんでしょうけど(-_-;)



今日はまた暑くなりそうです~新聞にこんな俳句が紹介されていました。


『ゆあみしてほのかに眠し薔薇匂ふ』(日野草城・ひのそうじょう)


お風呂あがりの気だるい雰囲気がなんともたまりません~これが水浴びではダメですよね、アンニュイさが全くなくスイカだ、アイスだ、夏真っ盛り!で元気ハツラツになりそう(笑)


今は温泉などで湯あみ着(湯浴み着、湯着)を利用する方も多いみたいですね。入浴の際に身にまとうものですが、最も古い記述は奈良時代初め「出雲国風土記」に『内衣(ないえ)=湯帷子(ゆかたびら)』を着用と記されているそうです。平安や鎌倉時代にも『湯帷子(ゆかたびら)』という名が記された記録があるとか。 これは身分の高い方々が肌をむやみに他人にさらさない!という意味だったのかしらん?


平安時代では水に強く水切れの良い麻が主に使われていたそうです。麻は成長が早いので、赤ちゃんの産着の模様になったりしていますが、湯あみ着は赤ちゃんの沐浴ガーゼ的な意味もある? 赤ちゃんがガーゼを握りしめている姿はラブリーですよね(≧∇≦)


その後、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的でも使われるように……江戸時代に入ると庶民でも浴衣として利用されるようになります。湯巻・湯もじは聞いたことがありますが「湯褌(ゆふんどし)」と呼ばれていたというのは初耳でショーゲキでした~ロングバスタオルをフンドシにしている殿方を想像してしまいました(^^;)(;^^)


俳句にはイザヨイバラの写真が一緒に載っていました。十六夜薔薇、うは~黒髪でも金髪でも栗色でも美女が浮かんでくる字面ですな( 〃▽〃)


《イザヨイバラ》

http://www.google.com/gwt/x?client=ms-kddi-gws-jp&gl=JP&source=sg&u=http://www.botanic.jp/plants-aa/izayoi.htm&hl=ja-JP&ei=PsGFU_3lNYTZkAXrwIGgCg&wsc=tb&ct=pg1&whp=30



薔薇の香りに癒されてゆったりまったりしたい……皆さまもどうぞ薔薇色のステキな1日を(´∇`)





rohengram799 at 10:03コメント(8) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード