ロシア

2016年06月30日

閑雲便りNo.35:ポケットの中には…(*^-^*)~6月の本棚

森茉莉さんの『私の美の世界』というエッセイの中には、彼女が好きなものがたくさん書いてあるらしい←読んでいない( ̄▽ ̄;)


日本酒は嫌いで白葡萄酒、クレエム・ド・カカオ、ヴェルモットが良い。ウィスキイは特に香りが好き。薄茶、紅茶(リプトン)、上煎茶、スイスか英国製の板チョコレエト、戦前のウェファース、抹茶にグラニュー糖を入れた即席和菓子が好きらしい。番茶、塩煎餅、かりんとうはあまり好きでない。他に好きなものの中に「ロシア・サラダ」とあって、なんだそれは?と思ったら「оливье(オリヴィエ)」というポテトサラダが有名なんですね。ロシア料理は「ボルシチにピロシキ」どまりのおやぢな私には新鮮な驚きでした(笑)


ビスケットについてはかなり細かいこだわりがあるようで固さと、軽さと、適度の薄さが、絶対に必要であって、また、噛むとカッチリ固いくせに脆く、細かな雲母状の粉が散って、胸や膝に滾れるようでなくてはならな並んでいて、いささかの乱れもなく、ポツポツの穴は深く、綺麗に、カッキリ開いていなくてはならない」しかも「この条件の中のどれ一つ欠けていても、言語道断であって、ビスケットと言われる資格はない」と言い切っているらしく……ポケットの中で粉々になったビスケットなんて絶対許してもらえなさそう(;゜∇゜)


ビスケットには「ハードビスケット」と「ソフトビスケット」の二種類があり、彼女のこだわるポツポツがあるのはハードビスケットの方です。


ビスケットの語源は、ラテン語のビスコクトゥム・パネム(biscotum panem)。これがのちにフランス語のビスキュイ(biscuit)bisはラテン語の「2」、cuitはフランス語で焼くという意味を表わし、「2度焼かれたパン」という名の通り、最初は保存食としてつくられた堅いパンだったそうな。よく乾燥させてあり、軽くて保存が利いたので携行食として、また長い航海には欠かせない食料に。 日本にビスケットが登場場するのは、19世紀半ばのこと。それまで長崎周辺で外国人向けにつくられていたビスケットでしたが、水戸藩がビスケットの「保存に利く食糧」という点に着目。水戸藩士の蘭方医・柴田方庵が長崎留学中にオランダ人からその製法を教わり、これを手紙にして水戸藩に送ったのが安政2年(1855年)2月28日といわれています。なのでこの日は『ビスケットの日』です(≧∇≦) 詳しくは下記サイトをご覧下さいませ。

《「ビスケット」と「クッキー」》
http://www.seifun.or.jp/wadai/hukei/huukei-10_10.html


和菓子などは季節に応じたものがあるので、お菓子俳句はなにかないかと検索していたら、和菓子屋のご主人が出された本がありました。続編もあるようです。「ろん」が平仮名なのが可愛らしい♪

《お菓子俳句ろん 甘味歳時記》
http://homepage2.nifty.com/seigetu/saijiki/okasihaiku.html




さてさて……おやぢなワタクシの趣味趣向がかなり顕著になった記事を書きまくった6月も今日で終わり。今年も半年過ぎてしまいますね。私個人的には大きな問題もなく過ぎましたが(読書はあまり進まず……感想などまたボチボチ書いていきます)国内外ではたくさんの辛い出来事がありました。これからどういう方向に進むのか気になることばかりですが、まずは1日1日を『清く正しく美しく』そして、ご縁がありオスカーの空のお城に立ち寄って下さった方々になにかひとつでも“おみやげ”を持って帰っていただけるよう、またオモローアンテナを張り巡らせて過ごしていきたいと思っています。



今月もお付き合いいただき、本当にありがとうございました! また来月もどうぞよろしくお願いいたします(´∇`)




続きを読む

rohengram799 at 09:12コメント(10) 

2016年01月09日

祥雲便りNo.5:東京ダモイ

『成人の日の盛装の仮装めく』(佐藤琴)


《成人式「きちんとした服装で」奇抜な衣装に苦情》
北九州市は、10日に北九州メディアドーム(小倉北区)で開く成人式に参加する出席者に対し、「きちんとした服装」で参加するよう、異例の呼びかけを行った。


イヤイヤ、もう小学生の入学式ではあるまいし……北九州市のサイトには「成人式を迎えるにあたって」なんて項目があり、振袖を着た場合の立ち振舞いとかまであって、なんなんだろう……と思ってしまいました。選挙権18歳からは本当にいいのか?と頭を抱えてしまいます。北九州市以外でもこういう注意をしている自治体はあるのでしょうか?




『戦争を知らぬこの子や成人の日』(黒川悦子)


今日は『東京ダモイ』(鏑木蓮)という2006年に第52回江戸川乱歩賞を受賞した小説を読んでいます。ダモイやラーゲリという言葉を聞いたことがある若者も多いと思いますが、シベリア抑留に関連したミステリーです。


氷点下50度の俘虜収容所でのシベリア抑留の中で鴻山中尉が首を一刀両断にされた死体となって発見される。犯人は判らずじまい。そして58年後、死体の発見者であり日本に戻った高津元二等兵がシベリア抑留生活を詠んだ俳句集を自費出版しようとしていた時期に、俘虜収容所で看護婦(あえてこの字にしました)ロシア人女性マリアが舞鶴港で死体となり発見され、彼女と同行していた日本人男性は行方不明になり、高津も姿を消してしまう。二つの事件に関わりはあるのか。当時のことを綴った高津の句集が事件をつなぐ手がかりとなり……極寒の地で何が起こったのか? 



ロシア語のдомой(ダモイ)は本来「家に」という意味で、それを広く解釈して「故郷に・国に」という意味にも使われます。動詞を伴わずに単独で使われた場合は「帰る」の意味であることが多いですが、一緒に使う動詞によって「家に(電話する)」「家に(荷物を送る)」などの意味にも使うそうです。またдавай(ダヴァイ)は、動詞даватьの命令形です。この動詞自体が様々な意味を持つので、その命令形も文脈によって色々な意味になるそうです。シベリア抑留体験者の方が書かれた文章でこの言葉が出てきたものがありました。


私達が一番先に耳にしたロシヤ語が『ダワイ』と『ダモイ』でした。『ダワイ』は実に使用範囲の広い便利な言葉である。○○をせよ・○○しろ。と命令するのも「ダワイ」持っている品物をこちらに「よこせ」も「ダワイ」。
急げ!も「ダワイ・ベストレ」寝ろ!も「ダワイ・スパーチ」此所へ「ダワイ・シュダー」全ての動詞の上につけて使える様である。(これは私の体験の上からります。単に「(何かを)くれ」という意味のこともありますし、相手の動作を促す場合や、一緒に何かをしようという呼びかけ、相手の提案に対する同意の意味で使われることもあります。

http://www.geocities.jp/buzensakai/kazuichi/kazuiti23.htm




香月泰男の描いた『青の太陽』マンガの『凍りの掌(て)』同じくマンガで読んだ辺見じゅん著の『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』など……シベリア抑留関係のものはほんの少しは読んだことのある私ですが、この作品からまだまだ感じとらねばならぬことがたくさんあるようです。作品中に出てくる俳句は作者オリジナルだと思いますが《閻王も白き火を吐く凍原や》など極寒の地であることが絵的にもよくわかる表現だと思いました。どんなラストが待っているのか……明日にかけてじっくり読んでいきます。



今日から三連休の方もいらっしゃるでしょうか、風邪などひきませんようにあたたかくしてお過ごし下さいませ。





rohengram799 at 18:07コメント(8) 

2014年03月10日

東雲便りNo.8:YELL~エール~の残照

メガネが新しくなり白髪が倍増して見えるワタクシ(もともとあったんでしょうが、ボヤけて見えていたのでしょう)谷村志穂さんの『黒髪』を読み終わりました。1930年の函館、高田さわはロシア人家庭に女中奉公に…そしてダンナ様のドミトリーと不倫関係に……! 自分の外見に疑問を抱いていた主人公が実母であるさわの過去をたどるのですが、自分も孫のいる立場になっているので家庭内で多少ギクシャクしたところも…。なかなか読みごたえがあり満足いたしました。


昨日は本屋に行き、脳を活性化させるドリルを買うつもりだったのに中古本他を購入してウヒャヒャ♪で帰宅しました(笑)
『エール!』というお仕事小説アンソロジーの1(大崎梢、平山瑞穂、青井夏海、小路幸也、碧野圭、近藤史恵:3まで出ているようなのですが)を読んでいるところです。漫画家、通信講座講師、プラネタリウム解説員、ディスプレイデザイナー、スポーツ・ライター、ツアー・コンダクター……自分の知らない仕事を知る楽しさもあるし、読んだことのない作家さんに出逢えるのもワクワクする「働く女性たちへの応援小説」ベタだろうがなんだろうが、こういう話は好きです(笑)


♪現実と夢が今 遠くかけ離れていても そう 無駄じゃない その姿を 遠い場所で 誰かが見てるのさ


なんとなくコブクロの《YELL~エール~》を歌いたくなる……!! 記事タイトルは昔宝塚で上演された『エールの残照』からいただきました。このエールはアイルランドの意味でありますが……綴りが違うし(-o-;) 「残照」とは日が沈んでもなお空に残っている光のこと。長い月日がたっても、誰かが自分のためにくれたエールがずっと残って、ああたたかい余韻を残してくれるありがたさ。そしてなにかのご縁で私のブログにたどり着いた方に、エールになる記事、一言があったら嬉しい……そんな願いをこめてつけてみました。



♪今 君は門出に立ってるんだ 遥かなる道をゆくんだ
誇り高き勇者のよう 風立ちぬその道のどこかで
君を探してるんだ 誰かが君を待ってるんだ
思い描く夢のもよう いつの日にかその目に映せ……






rohengram799 at 16:02コメント(9) 

2013年05月01日

ヒコーキ雲便りNo.26:キミの朝

おはようございます。今日から5月!さわやかな晴れの朝にはなりませんでしたが、小澤征良さんの『しずかの朝』を読んで気分は清々しいです。起承転結のはっきりした物語が好きな人には平坦に感じるかもしれませんが、ゆったりとおだやか、でもちゃんと心に残るものがあって、今月の一冊目にはふさわしい~なんてf(^^;


指揮者・小澤征爾さんの娘さんということを知らず「どこかできいたことのある名前」くらいだったワタクシ、買う決め手になったのはタイトルでした。祖父も漢字で「静」という名前だったから…というまた単純な理由であります(笑)しかし、ここからまた世界は広がる!!


しずかは25歳。家庭のある恋人と別れ、勤めていた会社は倒産(T-T)不思議な縁に導かれ、亡命ロシア貴族の未亡人ターニャが住む横浜の洋館で暮らすことになります。このおばあさん(日本人なんだけどターニャと呼ばれている)は征良さんの母方の祖母がモデルなんだそうです。「この小説を、祖母入江麻木に贈ります。」とあったのですが「どちらさま?」だったもの知らずな私、解説を読んで「そうなんだ」…ハズカシ~!!晩年は料理研究家として活躍されたそうで、本の中にもビーフストロガノフのレシピがありました。


しかし、義理の母上さまはもちろんお貴族さまなので、躾というか立ち振舞いにとても厳しかったそうです。 「座るときは足を組むか、きちんと膝をつけて座りなさい」 「あなたが一生心がけなくてはならないことは、 どういうふうに自分を保つかということ。 顔が美しいとか姿がいいということじゃなく、 あの人はなんて魅力的なんでしょう、と言われるようになることよ」 「黒は誰にでも似合うっていうけれど、それはうそよ」などなど…本当に年中小言をいわれたそうです。でも彼女はそれを吸収して、すっごく魅力的な女性になった!!何冊か本も書いているみたいで……その中にはこんなステキな言葉が。


「二十歳よりも三十歳、四十歳よりも五十歳と人生には季節季節に花があるように、その年ごとの喜びがあるものなのよ」


征良さんの作品でもターニャが同じようなことを言っていました。その征良さんが何年か前に『言葉って「種」みたいだな、と思います。「種」が出会いを通して芽を出して、成長して、深まっていくという感じがします。』と話されている記事を読みました。私の言葉の種はどんなカタチかなかな?ヒマワリの種みたいに食べても美味しいのだといいなぁ~φ(°°)


♪かわろうとする魂と/よどんでしまう魂と/ああ 体じゅう輝きながら/旅立ってゆけ朝に


『きみの朝』のこの歌詞が大好き~(*^^*)


♪モーニング モーニング
きみの朝だよ モーニング モーニング きみの朝だよ


皆さまの朝が毎日輝きますように~今月もどうぞよろしくお願いいたします(((^^;)




rohengram799 at 08:20コメント(16) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード