ロバ

2014年11月20日

琥珀雲便りNo.21.5:は~、そうでしたか!!

前の記事に書いた「入れ歯師」ですが、小説がないか探したらありました(≧∇≦)


和田はつ子さんの『すみれ便り』です。江戸の歯医者さん、口中医の藤屋桂助が治療に推理に大活躍する「口中医桂助事件帖」シリーズなるものがあるそうで、その第5弾に「紀州藩を脱藩して浪人になり、入れ歯作りをする」人物が登場するそうです~これは、探して読んでみたいですわ!


また、動物の入れ歯についてですが、犬の入れ歯についてはこちらを。

http://www.r20.7-dj.com/~gohonda/faq/2007072801.htm


あとロバの入れ歯の話もありました。有名な話みたいですが、知らなかった!

http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/08072119000065.html



猫ムスメ様、ミューちゃん様、調べるきっかけをいただき、ありがとうございました(´∇`)




rohengram799 at 18:34|PermalinkComments(4)

2014年06月03日

慶雲便りNo.3:ロバ ちょっとすねた

『鈴の音と真昼の星の呼びあへば りりり涼しき言葉生まれむ』(小黒世茂:おぐろ・よも)


この句のように、風鈴を吊るしたくなるような1日~アツいけど風があるので洗濯物を干すのも気分よくできました(*^▽^*)


昨日の記事で「ロバの鳴き声」が気になったワタクシ、今日はロバ検索の1日~鳴き声ですが、甲高くウルサイそうです。「ブァーッ、フォー!ヒーヒーヒー、ゴーゴーゴ!」と聞こえるとか、「いななき」ではなく「うめき声」だとか……英語では「hee-haw(ヒーハー)」らしいですが、激辛カレーを食べた時の表現みたいだ!!と思ってしまいました(^^;))) うーん、「驢鳴犬吠」という四字熟語ができるのもムリはないかも。またサラブレッド競走馬に「ロバノパンヤ号」がいたというのもw(゜o゜)w


でも一番ショウゲキだったのは、ナポレオンのアルプス越えが馬ではなくロバだったということでしょうか!よく見る『アルプスを越えるナポレオン』(1801年)のカッコいいあの絵とは違い、本当はロバに乗って「ああ、胃が痛い~)」な情けなそうなのが本当の姿だったとは( ̄▽ ̄;)


ロバって古代からいたらしく、日本でも古くから存在が知られて(日本書紀にも書いてあるし、献上されている)いました。極暑地から冷地の環境にまで適応し、粗食にも耐える便利な家畜であるロバなのに、馬や牛と違い日本では家畜としては全く普及しないままで……「日本畜産史の謎」とまでいわれるほど理由がわからないみたいです。別名「うさぎうま(兎馬)」で馬の仲間なのに……なんで( ・◇・)?



タイトルは昔《みんなのうた》でアグネス・チャンが歌っていたのを思い出してつけてみました(*^-^*)


♪荷物があんまり 重いので ロバ ちょっとすねた~


ナポレオンの重さにロバは、すねたのか?(≧∇≦)ちょっと気になるワタクシでした!!





rohengram799 at 18:30|PermalinkComments(8)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ