ヴァイオリン

2016年04月11日

暮雲便りNo.10:踊るMonday大作戦!

昨日と比べて今日は肌寒いですね。ベランダに桜の花びらが~! 風情がありますが、葉桜になりつあり、少しさみしい気がします。そんな時にはお菓子だ(笑) スーパーやコンビニに行けば棚には「新商品」の文字がたくさん! 「薫るブロンドショコラ」とかいう名前にひかれて買ってしまったチョコはフランス産ミルクパウダーが使用されているらしい……よくわからないけど、美味しいならいいや(笑)


薫る…といえば『伊豆の踊子』を見つけて買ってきました。ついでに『悪魔のソナタ』というタイトルの作者がオスカル様だったので、こちらも買ってしまった……!! 著者履歴を見るとオスカル・デ・ミュリエルという、メキシコシティ生まれの人だった。博士号を持ち、バイオリニストでもあるそうな……ふっ、神さまって不公平(# ̄З ̄) 待てよ、オスカル様もバイオリンを弾いていたわ♪で単純に機嫌がよくなるワタクシなのでした。



バイオリニストと言えば……千早茜さんの『あとかた』を読み終わったのですが(この本の詳しい感想はまた後日)物語の中に「フィドル」という楽器が出てきました。


「わたしが弾くのはアイリッシュとか民族音楽だから、バイオリンじゃなくてフィドルと呼ぶの。迫害されたマイノリティの音楽なの」


フィドルって?を読んでいただくと、ああ、そうなんだとわかっていただけると思うのですが、「ヴァイオリンは歌うけど、フィドルは踊るんです "A violin sings but a fiddle dances"」って名言だなぁって思いました(笑)


アイリッシュダンスとかレオ様の『タイタニック』(観ていない)にも出てきたと思いますが、私がアイルランドに興味を持ったのは宝塚で『エールの残照』という舞台が上演されたからです。天海祐希さんがトップだった時なのでかなり前だとおわかりでしょう~作品の内容はツッコミどころ満載だったのはお約束ですかね(;^_^A 


♪人を愛したゆえに散る命もあれば 愛されたゆえに生まれる命も……


谷村新司さんが「風のシャムロック」という主題歌を提供したのも話題になりました。ちなみにエールというのはアイルランドの古い呼び方で、シャムロックはクローバーに似ている葉っぱです。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/4031/wind9/wind856.html


『地球の歩き方 アイルランド』を買ったり、アイルランドの歌手のCDを買ったり(エンヤではない)、編みもしないアランセーターの本を見たり、ケルト美術の本を立ち読みしたり、映画『父の祈りを』や『マイケル・コリンズ』を借りたり。メチャクチャご都合主義でファンタジー過多の下手な話も書いてました……しばらくはいろいろやってましたわ(^o^;) 青池保子さんの『エロイカより愛をこめて』でもケルト美術を取り上げられたシリーズがあって、私以上に妄想力のあるオバサマが登場して大ウケしたり、皆川博子センセーの作品にもマン島のバイクレースの話があったような(マン島がアイルランドかと言われると困りますが)……嬉しかったですねぇ( 〃▽〃)



ほにゃほにゃとギネスビールをイッキ飲みしたような脳内で妄想ダンス真っ最中!のワタクシに、オタ息子が「どこかでさぁ、缶のミロ、売ってない?」ときいてきました。「菅野美穂じゃないよ」……イヤ、そこまで耳は悪くない……はず(◎-◎;) 皆さま、気温の変化に気をつけてし、いろんな面で健康的な1週間をお過ごし下さいませ!





rohengram799 at 10:12|PermalinkComments(6)

2015年07月10日

星雲便りNo.10:「いのち」の響き

夜中1時過ぎに地震があり、おいおい…と思っていたら、3時半過ぎに岩手県沿岸北部を中心に震度5弱の地震があったのですね。1週間ほどは余震に注意して下さいとのこと……沖縄方面では台風が……被害が拡大しませんように。


今、道尾秀介さんの『ノエル―a story of stories―』を読んでいます。理不尽な暴力に苦しむ中学生の男の子と女の子が絵本を作る最初の作品までしか読んでいないのですが「妹の誕生と祖母の病で不安に陥り、絵本に救いをもとめる少女」「最愛の妻を亡くし、生き甲斐を見失った老境の元教師」と3つの物語で構成されているようです。それぞれにまた別の物語が挟まれていて、お得感があるかも…。最初の物語を読んで泣いたという感想がありましたが、私はモヤモヤ感があったのでえーっ!と思いました。読み終わると違うのかしら……。クリスマスソングの「ママがサンタにキスをした」が出てきたりしますが、英語の歌詞ははっきりサンタがパパとは言っていないのですね。まぁ私はこの歌はあんまり好きじゃないので別にいいのですが(-o-;)パパ以外の誰かがやってくるのはやっぱり教育上よろしくないですな……!


この本の前に『アヴェマリアのヴァイオリン』を読みました。作者は徳島出身で内科医の香川宣子さん。第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書で、史実をもとにしたフィクションかな?


小さい時からヴァイオリンを母親に強制され、周囲からは「天才少女」と言われた14歳のあすか。しかし、先生の推薦で東京にレッスンに行った時に、自分くらいのレベルはたくさんいて、それ以上の人も同世代にはたくさんいることを実感し、衝撃を受けます。進路に悩み始めた時に楽器屋で出会ったヴァイオリンには数奇な物語が隠されていました。強制収容所に入れられながらも囚人音楽隊員として生き抜いた少女・ハンナ。板東俘虜収容所やアウシュヴィッツ、そして21世紀の日本。戦火をくぐり抜けたヴァイオリンが奏でる音の重み……ジュニア向けなのでちょっと物足りない感じもしますが、そんなに歴史に詳しくない私にはもっと知ろうと思うよい入門書になった気がします。『アンネの日記』も教科書に載っていた部分しか知らないし……。


板東俘虜収容所(ばんどうふりょしゅうようじょ)は、第一次世界大戦期、日本の徳島県鳴門市大麻町桧(旧板野郡板東町)に開かれた俘虜収容所です。ドイツの租借地であった青島で、日本軍の捕虜となったドイツ兵4715名のうち、約1000名を1917年から1920年まで収容しました。「苦悩を突き抜けて歓喜へ!」…ベートーベンの『交響曲第9番』(第九)本邦初演地として有名で『バルトの楽園』(バルトはドイツ語でヒゲのこと)という映画にもなりました。他の収容所と比比べて捕虜に対してかなり自由で、遠足や海水浴も行われたそうです。



ヴァイオリンというと第520号:私の心はヴァイオリンでも書いた、楽器に対する感謝と労りを思い出します。音楽も絵画も文学も戦意高揚に利用されたのは残念ですが、人々を慰めたものもたくさんあったでしょう。



「いのち」を軽視するような出来事が毎日ニュースになります。大げさな教育論とか反戦書を読まなくても、ちょっとした出来事からいろんなことを考えたり発見出来ると思うので、そういう感覚だけは鈍らせたくないなぁと思うのです。



様々な場所で様々に輝くいのちのキラメキにときめく週末をお過ごし下さいませ!





rohengram799 at 10:00|PermalinkComments(10)

2011年06月21日

第520号:私の心はヴァイオリン

いやぁ~「ちちの日」が過ぎたので、おやぢモードから乙女モードにチェ~ンジ(^.^)『千住家にストラディヴァリウスが来た日』を読んだからねっ♪


千住三兄妹のお母さま、文子さんの著者。ストラディヴァリウスがお高いなんてもんじゃない金額のヴァイオリンであることは、皆さまご存知だと思いますが、それを手に入れるのって本当に大変なんだ…と実感。そしてやはり不思議な巡り合わせ、楽器が自分の生涯を捧げるパートナーを選ぶのだと思いました。


ヴァイオリンの名は「デュランティ」…300年も眠っていたストラディバリウスを入手するまでの経過に、ふたりの兄の妹に対する深い愛情と、芸術に関わる人間のなんというのでしょうか~「魂」と書くと安っぽくなってしまいますが(´д`)~岡本太郎氏の「芸術は爆発だ!!」を思い出すパッションがあって…とにかく圧倒されてしまいます。


この家族の人たちは、ひとりひとりが大事な役目を背負って、芸術の神様の使者としてこの世にやってきたのではないかしら…などと思うくらいです。



…博は、真理子の練習室へ入っていった。そして、そこに置かれてある、今は使えない過去のヴァイオリン、さらに崩壊しかかったヴァイオリンをじっと見ていた。あまりの猛特訓と舞台で、ほとんど崩壊してしまったそれは、安心したように静かに眠っていた。博は、それらの前へ進み出ると、「長いこと、ご苦労様でした。ほんとうにありがとうございました」と、両手を膝について、深々と頭を下げた。(略)生きるものは、死を免れ得ない。ましてや、デリケートなヴァイオリンともなれば、その寿命は限られている。人間の死がそうであるように、ヴァイオリンの死も、厳かに、清められるものなのだ。そして、ストラディヴァリウスの到来とともに、いま、ひとつのヴァイオリンの生命が終わったのだ。



ここで私、一番泣きました(ToT)「何でこんな本で泣くんだよ~」と思う人もいるかも知れませんが、それほど心血を注いできたのだということが、ここにくるまでの文章にあふれていたのです。それは切なくって苦しくって…でも進まずにはいられない、自分だけの音を探す旅だったんですもん。こっちも一緒に、手に入れたい、でも絶対ムリ、ああでももしかしたら…なんて読みながらずっとドキドキしてましたし(笑)


画家の博さん、作曲家の明さんのお話も読んでみたいです。真理子さんのヴァイオリンを聴きながら~♪

rohengram799 at 15:26|PermalinkComments(11)

2010年08月28日

第243号:秋の日のヴィオロンの…今日は《ヴァイオリンの日》♪

まだ夏の日射したっぷりで、とても詩のようにはいきませんが(笑)今日はヴァイオリンの日だそうですよ♪


明治13年(1880)8月28日、東京・深川の松永定次郎という人が、初の国産ヴァイオリンを制作しました。これを記念したもので、当時は提琴(ていきん)と呼ばれていて、上流階級の子女が習っていたそうです。やはり、お金持ちなイメージ(笑)


明治の終わり頃になると、自由民権運動の活動家たちが、新しい思想を広めるために「ラッパ節」などの『演歌』を生み出し(動画サイトで見られるらしい)その演歌歌手たちの伴奏にヴァイオリンは無くてはならないものになったそう。この<ヴァイオリンと演歌>という組合せは、大正時代になるとさらに普及します。


演歌自体、政治思想からは離れた、享楽的なものに変化して行き、ヴァイオリンを片手に、歓楽街を回る「流し」の演歌師などが誕生します!!なんか、インテリジェンスなかんじがしてきました(((^_^;) 戦後は、演歌の伴奏の主役はギターに取って代わられるようになり、ヴァイオリンがポピュラーソングに使われることは、むしろマレになってしまいました。


現在では、主としてクラシックとムード音楽での利用が主となっています。西洋でヴァイオリンが誕生したのは、だいたい16世紀後半らしいです。発明したのはガスパーロ・ダ・サロという人とされますが、異なる説も…。


ヴァイオリン族は、最初は大きさ(音域)により、ヴァイオリン、アルト・ヴィオラ(現代のヴィオラ)、テノール・ヴィオラ、チェロの4種類でしたが、その内テノール・ヴィオラは使われなくなり、後にコントラバス(ダブルベース)が誕生して、結局4種類になりました。ただ、奏法の違いから、コントラバスは<ヴァイオリン族>ではない!という人も多いそうです。


一流の弾き手になるには、遅くても3歳頃から習得することが必要らしいですが、趣味で演奏する分には、大人になってから習い初めても比較的習得が容易なんだとか…。実際50代、60代になってから始めたという人もよくいるとありましたが、ある程度楽器演奏経験があるんじゃ…と思ってしまいます。ノコギリのような音が出るのは、弓と弦が正しく90゚の角度をなしていないためなんだとか~('~`;)


子供用には、子供の身体で持てるミニスケールの3/4、 1/2、1/4、1/8、1/10、1/16…のサイズのヴァイオリンがも販売されています。1/16だと2~3歳くらいのお子さま用になります。お値段も気になりますね。


田舎にいた頃、近所でヴァイオリンを習っている女の子がいましたが、甲府まで習いに行ってたみたいです。お母さんが付きっきりで、お稽古してたし、東京までレッスンを受けに行ったり…大変そうでした(´д`)


下のコの同級生で、「リンリン」と呼ばれていた男の子がいました。ヴァイオリンを習っていたからだそうです♪



rohengram799 at 00:42|PermalinkComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ