一個人

2012年01月11日

第668号:積もった雪

今朝は一段と冷えましたね~午後は雪がちらつくとか…ダンナに「お母さんが帰ってくる頃は3℃だって~(夜11時近く)」…言わなければ寒さに鈍感なままでいられたのになぁ(-_-;)


雪…という言葉で金子みすゞさんの詩を思い出しました。



『積もった雪』


上の雪
さむかろな。
つめたい月がさしていて


下の雪
重かろな。
何百人ものせていて。


中の雪
さみしかろな。
空も地面(じべた)もみえないで。




「一個人」の“美しい日本の言葉”特集号で金子みすゞさんの詩がいくつか紹介されていました。


>「積もった雪」を読んだ北海道の七十代の男性が、「これまでたくさんの雪をみてきたけど、一度も中の雪のことを考えたことがなかった。この年まで大切なことに気づかずに生きてきた自分が恥ずかしい」と話してくださったことがあった。/大切なのは気づくこと。感じることができるのは、やわらかでまっすぐなまなざしがあって初めてできることだ。


震災後『こだまでしょうか』がテレビコマーシャルでたくさん流れましたが「こだまとは、相手の存在を丸ごと認めて受け入れるやさしい行為なのだ」と書かれていました。俵万智さんの短歌でも


「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ


というのがありますが、どんなささいなことでも受け入れてもらえるって、心にぽっとあかりが灯るような「小さな花がひらいた」(笑)“嬉しい!!”という純粋な喜びがありますよね。


さてさて、仕事に出掛けるワタクシにこんなひだまりのようなやさしさを感じるNice!!出来事はあるでしょうか?(((^^;)


雪に関して前の記事ですがよかったら(*^^*)

第362号:母の涙は雪の音



rohengram799 at 10:30|PermalinkComments(23)

2012年01月07日

第665号:オスカー1/2

今年は平成24年…24年前の今日、ワタクシは山梨で昭和天皇崩御のニュースを見ておりました。オタ息子をお腹の中に抱えて…。


私は誕生日がくると48歳になりますが「お耽美好きな昭和女」から「平成元年・オタ息子の母」になってちょうど半分…ってことだ( ̄▽ ̄;)昭和と平成、2つの時代を生きているワタクシ、このままでいいのかしら…と本屋で見つけた『一個人』最新号を購入(((^^;)


《一個人》
http://www.ikkojin.net/magazine/monthly/


今日「昭和天皇祭」が行われることを知りました。宮中ではたくさんの祭祀が行われているんだ…と「ふむふむ」と勉強…φ(..)


天皇誕生日の4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」になったのは平成19年から。国立昭和記念公園の中に花みどり文化センターの一角には「昭和天皇記念館」があるそうですね。


《昭和天皇記念館》
http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/1_kinenkan.html


昭和天皇の事績が、一部屋にまとめられているそうですが、その中にはミッキーマウスの腕時計があるとか。


昭和50(1975)年10月8日に昭和天皇と香淳皇后が訪米した際に、ロサンゼルスのディズニーランドを訪問の際に、記念にと「ミッキーマウスの腕時計」を贈られた……ご自分で購入されたとかいろんな話があるみたいで実際はわからない私(--;)


ダイアナさんが来日された時の宮中晩餐会で「ほら~」という風に腕時計を見せられた様子がニュースで流れたというのは本当でしょうか?私はダイアナさんの白地に赤い水玉の洋服しか記憶になくて…(((・・;)


記念館には実物が展示されているそうで、見た方の話では革バンドが擦りきれていたそうです。本当にお気に入りだったのですね!!


なんだかまとまりがありませんが…今日もワタクシ、元気にしております!というご報告でした(^.^)


rohengram799 at 14:39|PermalinkComments(23)

2011年06月06日

第507号:絆と契り

『一個人』7月号「美しい日本の言葉」特集で、武田双雲さんが《絆》についてこんなことを話していました。


絆という字は好きではなかった。「絆という言葉は、縛られる、うざったい、まどろっこしい、面倒くさい、というイメージでした。でも“絆”の字は“糸”偏に“半”という旁(つくり)です。一方で“半”には分かち合うという意味もあって、獲物の牛を分けるために糸をぐるぐる巻いてある。鋼とか光ファイバーではなくて、頼りない“糸”というところが柔らかくていい。温かみ、人間味がある文字だと感じるようになりました。


武田双雲さんは他にもいろんな話をされているので、ぜひ全文を読んでいただいて彼の考え方を「ふーん、そうなんだ」的にでも知るのは良いのではないかと←何故か目線が上に(--;)


彼に関しては「本当の書道家として評価出来ない」なんて意見も多いですが、書道をやっている人からみると何か違和感があるのかしらん?そういうワタクシもお金を払って彼の直筆の作品が欲しいかと言われると…ちょっと即答できないかも(((・・;)


話は変わりますが「絆」という言葉を聞くと、何故か私は五木ひろしさんの『契り』という歌を思い出します。


あなたは誰と契りますか 永遠の心を結びますか


決して「契約」ではないですwwご注意を!!しかし、阿久悠さんの詞は、さすがですね!!


今朝の新聞ではこんな短歌がありました。


『片麻痺のわれの介助に余念なき妻も持病の不整脈もつ』(牛久市 井上梅太さん)


ウチの両親もそうなんだよね…なんてしみじみ(;_;)母はずっと不整脈と言われていて、でもそれがなんなのかよく理解できないまま私は家をでてしまったので…(T-T)


本格的な梅雨を前に、湿っぽい話で締めくくるのはう~ん(~_~)なので、ちょっと笑える話をご用意しました!!


浜田省吾さんの『青春の絆』livedoor歌詞で検索するとこんなことが(((・・;)


♪いつの日も 貧しい軒に姉が降り続く…


姉…姉!?(゜□゜)お姉ちゃんが降ってくる!?一部の人には歓喜(^O^)ですが(笑)どう考えても「雨」の間違いですよね!?今度この歌を聞くときのイメージが変わること間違いナシです( ̄▽ ̄;)


rohengram799 at 12:33|PermalinkComments(12)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ