中学生

2019年02月06日

令月雲便りNo.9:チュウボウのサル

「チュウボウのサル」………タイトルを聞いて、小生意気な中学生を連想してしまいますが(あら、私だけ?)『厨房の猿』という絵画がありました。もう前からサルが住宅街に出没、大捕物のニュースが流れていますが、この絵がリアルに再現されたら恐ろしいですわ。「猿の軍団」……((( ;゚Д゚)))


【厨房の猿】
https://ameblo.jp/giantlimited/entry-11291479573.html



実家にキジの剥製があったのを思い出して(コレも怖かった)キジについて調べていたら「誕生鳥」なるものがありました。誕生花、誕生石、誕生星……なんでもありますなぁ。根拠はどこにもあるのかわからないけれど、確実に366種類は存在するってことですよね。誕生鳥はまぁいいとして、誕生魚とかはさかなクンくらいのマニアじゃないと喜ばないかも(;゚∇゚)


【誕生鳥&鳥言葉】
http://hijiki-to-oudon.com/birthdaybird/



サルとキジときたらやっぱり次はイヌでないと! 作者不詳の「犬」の詩です。



     「犬」


神は地と天を創造されたとき
花や樹を造られ
それからあらゆる生き物を
そして全ての鳥や蜂を創造された。
ご自分の仕事を完成されたとき
ひとつとして同じものはなかった。
神は言われた。
「これからこの地球を歩き、
それぞれに名をつけよう。」
それから神は地を、海を、往かれた。
神がどこに往かれても
力の限りその後を付いていく
小さな生き物があり、
地のもの、空のもの、海のものすべてに
名がついたとき
その小さな生き物が言いました。
「神様、僕にはもう、名前が残っていません。」
父なる神(God)は笑ってやさしく言われた。
「お前のことは最後まで残しておいたのだ。
わたしの名前を逆さにして与えよう。
おまえの名は、Dog(犬)だ。」





最後に……このセンスは一体いつのものなのか(´~`;)と思ったポスターをご覧下さいませ。


http://www.convention-w.jp/jssbji39/index.html

rohengram799 at 06:56|PermalinkComments(4)

2012年06月01日

あかね雲便りNo.38:水無月ですなぁφ(..)

『水無月やお白粉なする脇の下』(正岡子規)


6月になりましたね~梅雨時のどんより感と五月晴れのなごりがお互い譲り合って、空を行ったり来たりしている感じです。


子規の句を読んで思いましたが、昔から脇汗対策には「粉」だったのですね(((^^;)「なする」という部分が念入り感があって「エチケット!エチケット!!」と勝手にダンディーなのぼーる様に仕立てあげてしまいます。いつの作品かわかりませんが、病床にあったのなら、不快感を取り除くためには一年中必要だったかも(;_;)


昔の制汗剤って真っ白に残りましたよね!私、本当に「ぶしゅ!!」としてしまい、服まで汚した記憶があります…外出先であわててしまい、とんでもないことになりました( ̄▽ ̄;)今は白くならないだけでなく、ロールオンとかペーパータイプとかあるし、香りも豊富!!←この豊富さがまた新たな「あぅ~クサイ~」を生み出すのですが('~`;)


中学生の頃、ちょっと大人びた女の子が夏に化粧水(だと思う)を含ませたコットンを持ってきて、暑い日に襟足などふきふきしておりました。気持ちだけは体育会系のワタクシ「暑いなら顔洗ったり手拭い…違う(笑)タオルでふけばいいのに」と思っていました。彼女の母親は教育熱心な方だけでなく、身だしなみなんかにもよく気を配るタイプだったみたいです。そんなことには関心のない私は「夜の商売の人みたいだ…」と同級生の行動が理解できませんでした。


当時の洒落たモノってなんだったろう?色付きリップとか…なぜか女子の間で「タクティクス」が流行ったこともありました。ワンポイントのソックスもダメな時代、今のミニスカ制服とか考えられない!!あとフロントホック・ブラで盛り上がった記憶も…f(^^;


水無月は「皆、ツキがある」ラッキーな1ヶ月になるといいですね。では、おやぢなワタクシは夏服の女学生を探しがてら、仕事に行ってきま~す(^.^)



rohengram799 at 12:04|PermalinkComments(18)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ