九州

2017年07月07日

蘭月雲便りNo.4:七夕

『銀漢は神の褌かもしれず』(松原市 西田鏡子さん)


以前、天の川は神さまのふんどしという壮大な句を紹介したことがありましたが、神さま、もうふんどしはじゅうぶんにお洗濯されたでしょうから、九州の豪雨をなんとかおさめて下さい!とお願いしたいです。テレビなどで避難勧告をうけてもがやはりまだ大丈夫!と思う人が多いようで・・・私もきっと大丈夫!と思ってしまうだろうなぁ。これ以上の被害がありませんように。



こんな状態で、明日眞子さまの婚約内定会見があるのでしょうか? おめでたいことではあるけれど、出来れば延期していただきたい・・・。(と書いた後に延期のニュースを聞きました。)





仕事がイヤだとかグチグチ言っていたワタクシですが、まだまだ愚痴を言えるくらいに余裕があるのだと思うようになりました。


皆さまもお身体に気をつけて、おだやかな週末になりますように。




rohengram799 at 08:53コメント(2) 

2017年03月25日

春光雲便りNo.19:ゆい

少し前になりますが、穂高明さんの『おむすび』という本を読みました。就職活動で全敗し、家業のおむすび屋を手伝うことになった結。男なのに「ゆい 」と読むこの名前と、実家の商売に小さい頃からコンプレックスを抱いてきました。


元々はお寿司屋さんで、結の祖父が亡くなった時に店じまいを考えたのですが、商店街の馴染みのお店屋さんたちの後押しもあり、おむすび屋さんとして再スタート! おむすびに実直に向き合う両親の姿を目の当たりにし、徐々に気持ちが変わっていきます。


亡き祖母が「結」という名前に込めたある想い、同じく家業を継いだ同級生、韓国からの留学生との交流、時には大型店に圧される小売店の苦労や苦悩などが描かれていて、実家が店屋だったわたしにはうんうん、わかる、わかるよ~な場面がたくさんありました。


目次にはおむすびの具材がたくさん並びます。お赤飯のおむすびやシンプルな塩むすびもあります。イートインだと注文を受けてからつくってくれるので、あたたかいです~!
その他の細やかな心配りが嬉しくなります。サクサク読めますが、寝る前に一話ずつでもいいかな?
いや、かえって夜食におむすびが食べたくなるかも(≧▽≦)




むすびといえば、縁結び~!
作家の藍川京先生が、九州の旅をブログに書かれています。長崎のハウステンボスのイルミネーションにチューリップは素晴らしいです。普賢岳についての記事もあります。佐賀の記事の中に縁結び神社の話がありました。夫婦檜が有名な武雄神社です。記事の最初の図書館もスゴいですね。


神社のサイトには「造園の職人さんの遊び心で、天然のハート型の石♥が夫婦檜周辺に埋め込まれています。」とありました。本当にハート形でしたよ~実物を見てみたいです。



明日は冷たい雨の予報が出ています。皆さま、お身体に気をつけて下さいませ。





rohengram799 at 09:47コメント(10) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード