2018年12月27日

竜潜雲便りNo.31:亀の鏡

どこで見たのか忘れましたが「亀鏡」という言葉が気になり、調べてみたら「手本となるもの」「模範」とありました。読み方は「きけい」「ききょう」です。


「亀鑑」(こちらは“きかん”)という漢字もありました。デジタル大辞泉(小学館)によりますと

《「亀」は甲を焼いて占ったもの。「鑑」は鏡の意》行動や判断の基準となるもの。手本。模範。「教育者の亀鑑ともいうべき人物」


だそうです。普段の生活では見聞きしない言葉は面白いですね。



亀が鏡を見たらどうなるか?のブログ記事がありました。亀が苦手、キライでなければどうぞ(* ̄∇ ̄*)

http://tarojiroko.hatenablog.com/entry/2015/12/12/174645




さてさて、先月から引き続きの竜潜雲便りもNo.31になりました。年末にキリのよい数字ではないかと思うので、今年のブログはこれで締めたいと思います。亀は縁起物だし(笑)


今年もお世話になりました。たくさんコメントもいただいて、ありがとうございました。多分、来年もブログは続けると思いますので、また遊びに来ていただけると嬉しいです。


どうぞ皆さま、お身体に気をつけて、よい年をお迎え下さいませ♪(o・ω・)ノ))




rohengram799 at 00:11|この記事のURLComments(8)

2018年11月07日

竜潜雲便りNo.1:立冬~10月の本棚

今日は立冬、スーパーではもうクリスマスのお菓子が売られていたりして、えっ(*゜д゜*)となってしまいました。


さてさて、今月のタイトルは旧暦霜月の異名である「竜潜月」から。由来は全くわかりませんでした(´・ω・`; ) 「竜潜」自体の意味は、「竜=英雄・賢人」が水中にひそんでいる意味だそうです。銀英伝の同人誌でキルヒアイスがロイエンタールに「提督は心の中に荒ぶる竜を飼っておいでなのですね」的なことを言った場面があったような・・・もう昔だからよく覚えていないけど、彼の野心を荒ぶる竜に例えたのだと思います。霜月は来るべき新しい年を前に、アツい想いを抑えているって感じなんですかね?




「亀鳴くや陀羅尼助とは秘薬めき」


平沼佐代子さんのこの句も滾る欲望が!? ┌(`Д´)ノ)゚∀゚) ってことはありませんね、失礼しました!「亀鳴く」は春の季語です。


http://sogyusha.org/saijiki/01_spring/kamenaku.html


「陀羅尼助」は媚薬ではありません(笑)

http://www.jinbendo.jp/sp/about/





先月に読んだ本一覧はこちらです♪

https://bookmeter.com/users/718307/summary/monthly




スタートが遅れてしまいましたが、今月はのんびり更新していこうかと思います。またよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ


rohengram799 at 17:56|この記事のURLComments(4)

2012年09月07日

あかね雲便りNo.141:かめくん

「ドジでノロマなカメです!!」ではなくて~『かめくん』は北野勇作さんの短編小説のタイトル!!北野さんて落語やお芝居など活躍の場が広い方なのですね。そして「はじめまして」だと思っていたら『異形コレクション』シリーズにいくつか書いていて「読んだことあるかも…」と思いました(((・・;)しかしかなり前に読んだので記憶が~『異形コレクション』は一度にたくさんの作家さんの同テーマによる書き下ろしが読めるので、大変オススメです!!


さて『かめくん』ですが、本文は4章で構成されていて「模造亀(レプリカ)」「機械亀(メカメ)」「亀記憶(カメモリー)」「亀手紙(カメール)」見て衝動買いしました(((^^;)


かめくんは模造亀で本物のカメではないことを知っているし、クラゲ荘に住みながら特殊な倉庫作業に従事しています。フォークリフトの操作能力は素晴らしい!!好きなものはリンゴに図書館、温泉に憧れて…時々思い出しかける封印された記憶があるらしい…それは自分の過去の記憶なのか以前「甲羅」を背負っていた「別のかめくん」のものかわからないけれど…。


最初は「なんだこりゃ!?」と思ったのですが、読みすすめていくうちにかめくんに愛着がわいてしまいました。「亀」ってキャラクターにしやすいですよね。ガメラにもなるし亀仙人にもなるしゼニガメにもカメックスにもなるし、浦島太郎を竜宮城まで運んでくれるし…(笑)


本文中にはちょこちょこと亀に関する豆知識や話題になった本や番組が出てきて、それもまた楽しく、かめくんの日常にすっかりなれた気分になった頃、なんとなく「あれ?」という気持ちになってき…読み終わってからじわじわとせつなさやさびしさや悲しさが押し寄せてきました。気がついたら「私、泣いてる?」みたいな…。中学生や高校生の時に読んだら、どんな気持ちになったかなぁ、なんてことも考えました。


お話はちょっとかわりますが『ナニワ金融道』に“泥沼亀之助”っていう登場人物がいて、通称<泥亀>…他の人名も悪徳栄とか三宮損得とか…おもしろかった!!ドラマも主役の灰原を中居くん、小林薫さんに緒形拳さん…泥亀役の方もピッタリで豪華キャストでした。ウルフルズの♪貸した金 返せよ~今すぐに 返せよ~もよく口ずさんでおりました(^o^)/



rohengram799 at 15:03|この記事のURLComments(13)TrackBack(0)
記事検索