井上陽水

2016年05月23日

香雲便りNo.25:タラゴン~なぜか上海

香雲便りNo.12:平和なんだか…に書いた『ナイチンゲール』を読みはじめています。内容は第二次世界対戦が始まるという緊迫した状況なのに、興味は「タラゴンで風味づけ」のタラゴン……カネゴンの私としては気になる(笑)


タラゴンはウルトラ怪獣ではなくて(当たり前!)フランス料理には欠かせないハーブのひとつだそう。「食通のハーブ」と呼ばれ主にヨーロッパで広く使われていて、葉の形こそ違いますが、日本の「ヨモギ」の近縁種だそうです。ギリシャ時代から薬草としては知られていて、料理に使われるようになったのは中世以降。 マヨネーズやタルタルソースに小量加えると美味しくなるらしい……スーパーのスパイスコーナーにあるかしらん? 


もうひとつ気になったのはモノではなく人物。エディス・キャベル(edith cavell)という女性。カナディアン・ロッキーの名峰の一つエディス・キャベル山の由来になった人だそうです。第一次世界大戦中、ベルギーのブリュッセルに駐屯していた英国の従軍看護婦で、戦場において敵味方の別なく、懇切な看護を行ったそう。当時中立国だったオランダに兵士を逃がすレジスタンスに関わったとしてドイツ軍が逮捕。軍法会議で死刑判決を受け、1915年10月に銃殺。あまり資料がないのか、詳しいことは検索してもイマイチでした。「赤十字の父」のアンリ・デュナン(1828年5月8日 - 1910年10月30日・赤十字社を創設し、1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞)、「クリミアの天使」と呼ばれたナイチンゲールより知られていないのはスパイ容疑のせいでしょうか?



話はかわりますが『上海で驚いた事は!!』というブログ記事に本当にビックリ(゜д゜)しました。

http://himawari208.at.webry.info/201605/article_8.html


「なぜか上海」という井上陽水さんの歌がありますが
♪シリが見事な街です~ガキはどこへも行きます~ガマン出来ない様な気分で~ゆれていれば~そこが御不浄~
と替え歌を歌いたくなるような……。


♪海を越えたら上海
どんな未来も楽しんでおくれ


この「おしりまるだしっ子」たちの未来は、どんな未来なのかしら……日本はこんな風になってほしくないですね(;´д`)





rohengram799 at 20:41|この記事のURLComments(6)

2016年04月14日

暮雲便りNo.14:伝えきれないロクデナシ

一昨日でしたか、夕方のニュース番組内で《認知症専門病院」の現場に密着》を放送していました。なんかやたらにキレイな病院だなぁ、と思ったら平成26年5月開院でした。だから、センサーか何かで患者さんが就寝時間後に起き出したらすぐ赤色灯みたいなのが病室(個室ではなく4人部屋かな)の前(廊下側・交番みたいな感じ)に点いて、看護師さんが即刻でやってくるような設備が出来ているのね……。眠れないからナースコールをガンガン鳴らすんじゃないんだ。


車椅子に座っている人がペッぺ、ペッぺと唾を床に吐いている場面があったのですが、それも認知症だからやっちゃう、みたいな雰囲気の放送で……ダンナがあれは嫌いな人、気に入らないことがあるからやっている(一番簡単に不快感をまわりにわからせる行為)だけで、認知症にすぐ結びつけるのは……と言っていました。


あと看護師さんに暴言を吐いている男性患者さんも映ったのですが、きたない言葉を口にしながらずっとその手を握って離さないんですよ。「仕事が出来ないでしょう」って感じで、副師長さんがその患者さんを引き受けるのですが、なんでその人が悪態をつきながら看護師さんの手をギュッと握っていたのか、その心情については何もコメントがないの?と切なくなってしまいました。とても中途半端な放送で、病院の宣伝なのかしら……と思ってしまいました。病床数は300床/ 6病棟(各50床)。ホームページをみたら「履物以外(病衣、下着類等)
全て当院にてご用意いたします」とあり(絶対いろんな業者さんが入っていますよね)下世話ではありますが、仮に1ヶ月入院したらどのくらい費用がかかるのかしら、と考えてしまいました。



宇多田ヒカルさんが日テレ系ニュース番組『NEWS ZERO』の新エンディング曲を歌っているようですね。でもエンディング曲として一番ふさわしいのは『筑紫哲也 NEWS23』の、井上陽水さんの「最後のニュース」が一番だと思っている私です。



石垣さんが65歳の時に書いたという「悲しみ」という詩をお届けして、今日のお便りを締めくくりたいと思います。




私は六十五歳です。
このあいだ転んで
右の手首を骨折しました。
なおっても元のようにはならない
と病院で言われ
腕をさすって泣きました。
お父さんお母さんごめんなさい。
二人とも、とっくに死んでいませんが
二人にもらった身体です。
今も私は子供です。
おばあさんではありません。




*帰宅しました。熊本での大きな地震、夜遅い時間で不安がいっぱいだと思います。皆さま、お知り合いの方などケガや被害などはないでしょうか? どうぞお気をつけ下さい!



rohengram799 at 22:02|この記事のURLComments(4)

2016年03月15日

春雲便りNo.15:あした

今日は『靴の日』だとか……日本の靴文化の中で、主に洋式の靴が履かれるようになったのは江戸時代末期から明治時代の初期の頃。1870年(明治3年)3月15日、東京築地に初めて近代的な靴の工場ができ国内で靴の製造が始まり、それにちなんでの記念日らしいです。築地と聞くと魚市場のイメージなので、オシャレな革靴ゴム長靴がうかんできます!


靴で思い出すのは童謡の『靴がなる』ですね。明るく元気な子どもたちが菜の花バックに行進しているような光景を想像します。反対に、これはどういうシチュエーションなのかと考えてしまうのが『あした』です。


おかあさま 
泣かずにねんね いたしましょう
赤いお船で とうさまの
かえるあしたを 楽しみに


「おかあさま」に「泣かずにねんね いたしましょう」と声をかけているのは、幼い娘か息子か……この歌は、清水かつら(明治31年7月1日〜昭和26年7月4日)作詞、弘田龍太郎(明治25年6月30日〜昭和27年11月17日)作曲で、『少女号』大正9年(1920年)6月号に「新作童謡」として掲載されたそうです。いわゆる“ヨナ抜き短音階(ラシドミファラ)”で作曲されているので、なんとなく暗い……?


「赤い船に乗って父親が笑顔をおみやげにもどってくる」という3番の歌詞があるので、シベリア抑留者の家族を歌ったものでは?という意見もあったようです。でも、つくられた時代が合わない……かつらが2歳の時に弟が亡くなっているそうなので、そのかなしみの中にいる母を励ましていた記憶からの歌詞なのでしょうか?



「励ます」とはまたちょっと違うかもしれませんが、井上陽水さんの『小春おばさん』という歌をご存じでしょうか?


小春おばさんの家は
北風が通りすぎた
小さな田舎町
僕の大好きな
貸本屋のある田舎町


にあります。そして「明日 必ず逢いに行くよ」と続きます。私はちあきなおみさんが歌う『小春おばさん』を聴いたのですが、なんというか「明日 必ず逢いに行くよ」があまりにも切迫感があって、おばさんをひとりにしておけない何かがあるのか?と思ってしまいました。


歌詞だけ読むとほのぼのした雰囲気なのに、メロディがつくとなぜこんなにも息苦しく感じるのでしょう? 北風の吹く季節に「はやくおばさんの家で子猫をひざにのせ」て「いつものおばさんの昔話を聞きたい」のは誰なのか、どんな関係の人なのか、ひとりなのはおばさんなのか、逢いに行く誰かなのか……私の中ではガクランの中学生が必死に北風に逆らい、チャリをこいでいる姿がうかびます。



あした……誰にとっても明るい陽射しが届きますように。





rohengram799 at 16:45|この記事のURLComments(6)

2014年03月25日

東雲便りNo.17:嫉妬するほど悩ましい(; ̄Д ̄)?

おはようございます~来週はもう4月、早いですね。会社では新人さんの研修など始まっているでしょうか?


ダンナの職場では退職された方がいたらしく、お世話になりました!というご挨拶の品物をいただきました。が…のし紙に直接コメントを書くってどうよ……と思った私。寄せ書きの色紙ではあるまいし(~_~;) そして文字はピンクだ!


○○さん(役職名が書いてある、課長さんとか店長さんみたいな感じ)はまぁおいといて(役職名にさんはつけないと私は教えられたけど)「母のシットのからみがあって毎月頭を悩ませてすみませんでした。(以下略)」……母のシット? 義母のシットでもおかしいが、家庭内でナニか揉め事がある人だったのか? それにしても「母のシット」ってすごいなぁ~「アタクシだってまだバリバリ働けるのよ!」みたいな母上なのかなぁ、なんて思いながら爆睡。翌朝、よく見たら「シット」じゃなくて「シフト」でしたぁ! イヤだわ、お恥ずかしい(*''*)


母娘で同じ職場で(部署は違うらしい)お子さんがいるので、母上が勤務の時には自分(ピンクさんと呼ぼう!)が、ピンクさんが出勤時には母上が面倒をみる、ということになっていたそうです。母上のシフトを優先して、ピンクさんのシフトをつくっていたようですが、希望通りにはいかないこともあり、シフト作成者のダンナはう~ん( ̄~ ̄;)なことが多かったみたいで、その事のお詫びと感謝を伝えたかったみたいです。


しかし……女子中高生が友だちと手紙を交換するみたいに(私たちの頃は授業中とかノートに手紙を書いて小さく折って、コレ、△△ちゃんに渡して、なんてやってました)ピンクのペンはないだろ~
子どもが何歳かはわからないけど、ちょっと常識はずれではないかしらん……まだ付箋にメモの方がマシと思うのは私だけかしら……イヤ、もしかしてダンナは上司としてナメられていたのだろーか?←それはちょっと困るなぁ(; ̄ー ̄A


♪君によせる愛はジェラシー 春風吹き秋が風吹き 悲しみに暮れながら
君によせる愛は ジェラシー 君によせる愛は ジェラシー ジェラシー Oh- ジェラシー


今日は井上陽水さんの『ジェラシー』を脳内ヘビロテで仕事をすることになりそうです。(タイトルはCharの『気絶するほど悩ましい』からですが、この歌を何人が知っているのか気になるな…)皆さまもオモロ~な1日にして下さいね(´ー`)ノ





rohengram799 at 08:52|この記事のURLComments(10)

2013年03月09日

らくだ雲便りNo.23:人生が二度あれば…

オーメンのPASMO残高からおさらば(笑)して今回は2222円だぜ!!平成22年2月22日の記念切符を買ったことを思い出してしまった~が、どこにしまったのか記憶にない('~`;)


そんなワタクシ、今日は西澤保彦さんの『七回死んだ男』を読み終わりました。ある1日を9回繰り返すことができる(残念のながら自分の意志でその日を選べない)主人公、久太郎←キュータローではなくヒサタロウが正しい読み方です。祖父の興した大会社における遺産分配について話し合うため、親戚三家が集まったお正月に事件は起こります。死ぬはずのない祖父が死んでしまう日を繰り返すこととなった久太郎~彼は祖父の死を防ぐため1人でアレやコレや奮闘するが、どうしてもそれを止めることが出来ない!!――といったあらすじです。


巧いこと伏線がはられていて、小道具の効果もバッチリで~不思議な時間の反復で高校生なのに「若年寄」な雰囲気のキューちゃんがいじらしい(((^^;)そしてまだ若いから記憶力もよくて、昨日はこうだったから…と違うパターンにしてみようと頭が働くのでは?なんて思ってしまう……だって私は一昨日の夕飯がなんだったか覚えていないし(-_-;)


読書中の脳内BGMは井上陽水さんの『人生が二度あれば』。この人生は両親の人生なのか、親不孝(たぶん)な自分の人生なのか…。やり直せるとしたらどこを出発点にするのか?時間を巻き戻せるなら、人生が二度あるのなら……誰もが「あやまち」をおかさずに幸福に生きていけるのでしょうか?


♪父と母がこたつでお茶を飲み 若いころの事を話し合う 想い出してる 夢見るように 夢見るように Oh
人生が二度あれば この人生が 二度あれば Oh
人生が 二度あれば
この人生が 二度あれば
この人生が…



http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=37511





rohengram799 at 20:55|この記事のURLComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ