京極夏彦

2015年02月24日

氷雲便りNo.16:2日遅れの…

昨日の麗らかな陽気に梅の花が見頃になった場所もたくさんあるみたいですね。 江戸時代に各藩が非常食として梅干を作ることを奨励したため、梅林が全国で見られるようになったそうですね。


また梅は百花にさきがけて咲くので、別名「花の兄」と呼ぶとか……ものすごく美形な兄さま(モチロン架空の兄!)が縁側で渋いお茶をすすりながら、梅を愛でている姿を想像してしまいました(´∇`)



俳句の季語に「紅梅」はありますが「白梅」はないようです。小林一茶の句に
こんなのがありました。


『紅梅に干しておくなり洗ひ猫』



一茶が自ら猫を洗ったのではないでしょう~どこかで水に濡れてしまった猫が、紅梅の木に登り日向ぼっこをしながら身体をかわかしているという状況でしょうか? 絶対、梅干しは意識していると思いますけど(≧∇≦) 猫はやはり三毛猫かなぁ~なんて考えます。



昨日買った京極夏彦さんの『オジいサン』、主人公は満72歳6ヶ月の益子徳一。彼の1週間の日常の中から抜き出したゆるゆるした時間(独身)、その思考回路が文字になっている~わかる、わかるわぁ~若い人には理解しにくいかもしれないけれど、私なんかはほとんどうなづいてしまうことばかり……昔はこうだった、ああだったとか、「そう、何をするにも億劫なのよ!」と同意したりして(^。^;) 老いの切なさもありますが、読んでいて楽しい作品なので、未読の方にはオススメしたいです。



2日遅れの猫話とおやぢ話でありました!!




rohengram799 at 19:16|PermalinkComments(12)

2015年02月23日

氷雲便りNo.15:謎めくチョコケーキ(´・ω・`)

午前中は「春が来た!」なポカポカ陽気だったのに、だんだんと雲が広がり今にも雨が降りそうになってきました。まだまだ「春よ、来い!」ですね。



一昨日の記事、息子たちに誕生日祝いのコメントをありがとうございました。2週間ほど誕生日は離れているので、それぞれにホールケーキを買っていましたが、大人になるにつれショートケーキになり………上の子が高校生の時でしたか、たまにはお高いケーキを買ってあげよう!とちょっとオシャレなショートケーキを買って先に下の子と試食(笑)したことがあります。が…「こんなの食べさせたら、兄ちゃん、怒るよ~」なお味だったことも……(; ̄ー ̄A 自分でケーキを焼くお母様方、お父様方、尊敬しますわ!!



さてさて……昨晩、家に帰り冷蔵庫をあけたらコンビニでよく売っているような2個入りチョコレートケーキがありました。ダンナが買って来たのかな?と思いつつ(お菓子もたくさん買ってあった。ダンナは自分がそんなに食べないチョコとかもたくさん買います)時間も遅いし(みんな寝ていた)明日確認しようと思い、今朝きいてみました。


「おとーさん、あのケーキ食べてもいいの?」ときくと「えっ、なにそれ、知らない」……「じゃ兄ちゃん?」確認すると「知らない」……昨日、下の子が野球道具をとりに来たのですが(先月から近距離でひとり暮らし)私は仕事で会えなくて…「土曜日、兄ちゃんが誕生日だったから、買ってくれたのかな?」と思い、メールで確認すると「知らなーい、兄ちゃんじゃない?」の返事………これはやはり、酔っぱらって昨日の記憶があやしいダンナだと確信。メールしたところ、「全く記憶にない(;゜∇゜)」ですと~そして「見覚えのないお菓子もあったからきっと買ったんだと思う……食べて下さい」と昼過ぎに返事がきました。ダンナ、何を動揺していたのか、サイフを忘れて出勤していました(-。ー;)



これは単なるモノワスレかしら、それとも……気をつけないとアブナイ事案かしら……私も「アレヾ(゜0゜*)ノ?」という事が多くなってきたので、心配です………思わず本屋で平積みになっていた『オジいサン』(京極夏彦)を買ってしまいました(^^;)(;^^) ちなみに今読んでいるのは『お坊さんとお茶を』(真堂樹)というかるーい話です←だからダメなのか?



今日は休みなので、これから問題のケーキを食べようかしらん?と考え中です。皆さまも楽しいおやつタイムを(´∇`)



追記:チョコレートケーキ他お菓子を買ったレシートがありました……時間的にダンナしかあり得ませんでした(ーー;)





rohengram799 at 15:59|PermalinkComments(6)

2010年10月10日

ひつじ雲便り250:40+α才ではじめまして~(^-^)

休みの日はもちろん本屋だ! 今回はすべてはじめまして~♪の方々ばかり。


『蛇の形』ミネット・ウォルターズ、『レインツリーの国』有川浩、『博士の愛した数式』小川洋子。
そしてお姿だけは何度も拝見し、本の分厚さも知っているけれど、読んだことがなかった京極夏彦さんの『わらう(字が出せない~)伊右衛門』を子どもがくれたので、当分大丈夫そうです。





rohengram799 at 17:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ