京都議定書

2019年12月15日

黄冬雲便りNo.15:ふたりの「化石」

「驚きはない。受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」


ニュースで久しぶりに小泉進次郎環境大臣を見たと思ったら、ドヤ顔で「化石賞」受賞について語っていた……この人の松岡修造ばりのポジティブ思考はなんなのだ?


化石賞とは……

地球温暖化対策に前向きな取り組みを見せない国に対して、NGOがバッドジョークとして与える不名誉な賞。1999年のCOP5(ドイツ・ボン)において初められ、以来、恒例のセレモニーとして、継続的に実施されている。気候変動問題に取り組んでいる世界のNGOのネットワークであるCAN(気候変動アクション・ネットワーク)が、会議の会期中、各国の交渉に臨む姿勢を毎日評価し、地球温暖化防止交渉にマイナスな発言をした国など「本日の化石賞」に選定し、公表している。



化石で思い出すのはやはり「村越化石」さん。村越化石さんはハンセン病の患者でした。療養中に俳句をつくりはじめ、良い作品が出来て雑誌などに掲載されるにしても本名で名乗るわけにもいかない。故郷にも戻れないし、社会復帰も出来ない。もう死んだようなものだが、化石のように自分の俳句だけはしっかり残したい…そういう気持ちから化石と名乗ったそうです。


何年か前に亡くなられてしまいましたが、化石さんの意志に比べて環境大臣としての彼はなんなんだ? 何を目標にどんなことをするのか? 育休を取って、その後、何か発信するのかな?





石炭はかつて「黒いダイヤ」と呼ばれていましたね。今は「赤い羽根」募金の時期ですが、1959年から1960年にかけて黒い羽根募金がありました。炭鉱離職者の悲惨な生活を助け合う運動で、募金及び衣類や食料、学用品など救援物資を送る運動が全国各地で実施されたそうです。


この話も思い出したので、あのドヤ顔にはそれなりの意味があったのか……(´・ω・`)?




【エネルギー用語辞典】
https://www.sbenergy.jp/study/dictionary/321.html





*12月も後半になるので壁紙をクリスマス仕様にしてみました(((o(*゚∀゚*)o)))



rohengram799 at 00:00コメント(2) 

2010年08月07日

第219号:今日はじめて知った「京の七夕」☆

七夕と聞くと、湘南(平塚)や仙台を思い出しますが、今年から京都でも七夕イベントが開催されたようです。


2010/8/6(金)~8/15(日)
堀川会場…今出川通~御池通

鴨川会場…御池大橋~四条大橋


中国には、古くから天の川を隔てた彦星(牽牛星)と織姫(織女星)が一年に一度7月7日の夕べに出会うという伝説があります。そしてまた、織女星にあやかり裁縫や歌、書などの上達を星に願う「乞巧奠(きっこうでん)」が行われてきました。これが奈良時代に日本に伝わり、それまで国内で行われていた機を織り祖霊に捧げる「棚機(たなばた)」というお盆の行事と融合してたものが、七夕の起源と言われています。


「乞巧奠」は、京都でも古くから宮中行事として行われていたそうです。現在でも、冷泉家(れいぜいけ:昔の官職に代々任命された公家)では、旧暦の七夕の時期に行われているそうですから、関西方面にお住まいの方は耳にしたことがある行事なのかも?


長年に渡って受け継がれて来た「一年に一度、願いごとをする」という七夕の節句に改めて目を向け、平和や地球環境をはじめ、様々な願いを全国から募り、寺院・神社に託すという、京都ならではの「現代版・七夕」を実現しよう!!ということらしいです。


京都議定書とかありましたもんね。Twitterでも、たくさん情報提供されているみたいなので、興味があれば~♪


《京の七夕》でも検索してみて下さいね!!





rohengram799 at 05:35コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ