人体工場

2012年04月14日

第742号:危険なバイト('~`;)

昨晩、本屋に立ち寄り歩いて帰るつもりでいたのに~「さぁ、帰りましょ♪」という段階になったら本降りになっている~(´д`)また駅前のバス停まで戻りました。


今は仙川環さんの『人体工場』を読んでいます。高額の治験バイトの代償は…みたいなかんじで、その解明に動き始めたところです。治験のバイトってコワイけれど、バイト料が高いらしいのでいい年した私でも心が動きますわ(--;)


バイトと言えば~高校時代にレジのバイトとかしているコもたくさんいたのですが、私のバイトデビューは東京に出てから…ハタチ過ぎてからだったような(-_-;)都電荒川線の三ノ輪橋駅近くの中華料理屋さんでした。


当時私は荒川区の三河島駅前に住んでいましたが、三ノ輪の円通寺に新撰組隊士のお墓があると聞き~毎週テケテケ歩いておりました。その途中に商店街があり「ヨシ、働くぜ!!」とカネゴンな私は思ったわけです。


食べ物屋さんなのでまかないツキ~ひとり暮らしには大変ありがたい!! 特に土日は1日働いていたので、お昼にオヤツにお夕飯♪ オヤツは隣で立ち食いそばやもやっていたので「好きなものを食べなさい」と言われました(*^^*)
が、あまり図々しいのもと思い、かけそばオンリーでしたが「天ぷらも食べなさい」とのっけてくれました。そしてジュース1本もつく!!夏は冷やし中華を奥さんが作ってくれました。お年頃にはある意味、大変危険な場所でありましたわ(((^_^;)


今の仕事中のご飯といったら、値引きシールがばっちり貼られた菓子パンを食べながら本を読むという……摂取量があの頃より少ないのに、痩せないのはなぜ!?


学生の頃、もっと積極的にいろんなバイトをしていたらよかったなぁ~なんて思うワタクシ、お仕事に行ってまいります。今日も何か「オープン」しているかしら( ̄ー ̄)



rohengram799 at 09:40|PermalinkComments(9)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ