人形劇

2019年10月31日

紅樹雲便りNo.29:人形と狼

芸術の秋〜いろいろ美しいものがありますが、人形作家の小池緋扇さんは昭和2年生まれだそうです。作られるお人形さんたちはセクシー(≧▽≦)


【小池緋扇さんの作品】

http://koike-hisen.com/artwork



あと懐かしい人形劇の作家さんはこの方でした。

【プリンプリン物語の人形作家・友永詔三(ともなが あきみつ)さん】

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/matcha-jp.com/jp/7263%3Famp%3Dtrue%26usqp%3Dmq331AQOKAGYAZLortfBiNjX0QE%253D





『人形と狼』という夢野久作の短い話がありました。絵画とか彫刻品とか高価であってもなくても、心をゆたかにしてくれる美しいものはたくさんありますね(*´ω`*) 以下、全文です(青空文庫より)。



 お腹の空いた狼が野道を歩いて来ますと、遠くに一人の赤ん坊が寝ているのを見つけました。狼は大喜びで走って来てみると、それは誰かが落した大きな人形でした。
「ええ、この役立たず奴めが」
 と狼はあと足で蹴散らかしました。
「乃公おれのたべ物にならない位ならば何だって人間の形をして生まれて来た」
 人形はニコニコして答えました。
「お気の毒様ですね。あなたのように何でも可愛がる事を知らないものには私は役立たずに見えるでしょう。しかし人間の中には私を生命よりも大切な友達にして下さる方がいくらでもありますよ。私は狼のお役に立つよりも人間のお役に立った方がうれしいと思います」




「乃公」は「おれ」と読むのですね。知らなかった!




追記:首里城全焼のニュースに驚きました。なんで!そんなことに…( TДT) 日本、大丈夫でしょうか…。


rohengram799 at 00:00|PermalinkComments(2)

2011年09月12日

ひつじ雲便り506:ひょうたん島で男の修行?

数日前の新聞に、この冬公開予定の映画『山本五十六』の全面広告がありました~役所公司さんの白い軍服姿がまぶしい!!


山本五十六が残した言葉には『やってみせ言って聞かせてさせてみてほめてやらねば人は動かじ』というのが有名ですが、私が選んだのは『男の修行』であります!!


苦しいこともあるだろう
言い度いこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣き度いこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である。


最初の「苦しいこともあるだろう」に《ひょっこりひょうたん島》を連想してしまうワタクシ…(((^_^;)


♪苦しい事もあるだろさ
悲しい事もあるだろさ
だけどぼくらはくじけない 泣くのはいやだ笑っちゃを


NHKの人形劇もいろんな作品があって…私は石川ひとみちゃんの『プリンプリン物語』が好きでした。特に火星人のファン!!


山本長官から話がだいぶズレました(笑)


今日は十五夜ですね。お天気がよく、綺麗な満月が見られますように~(*^^*)


rohengram799 at 02:00|PermalinkComments(10)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ