空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:人面瘡

昨日は早起きしたものの、また寝たり~少し本を読んでお昼寝したり~と1日ダラダラと過ごしました。自分で思っていた以上に今月は疲弊していたようです。



さてさて、月末恒例の1ヶ月分の読書記録(笑)咲雲便りNo.10:森には心理が落ちている(^^;)(;^^)に書いた『グリムの森へ』だいぶ放置していましたが、読み終わりました。物語もだいたい知っている話で短めだし、挿し絵がたくさんなのがやはり楽しかったです。


松本侑子さんの『カエルの王様、そして忠臣ハインリッヒ』、魔法がとけた王子さまにハインリッヒという忠義者がいて大変喜んだというオマケは知らなかった~彼の喜びで、姫さまが高慢さが倍増されましたわ。イケメンになったらもう目がハート!ですからね( ̄ヘ ̄) あんなにイヤがっていたくせに同じ皿で食事をとり、同じベッドで眠るようになり……私がアラアラ~!とどっかのオバチャンみたいに思ったのはこの一文です。


~~湿ったカエルはどこへ行ったかですって……。それは、王子の体にちゃんとついていました。姫も最初は気持ち悪く思ったものの、次第にお気に入りとなったことは言うまでもありません。~~


王子の体の「どこに」ちゃんとついていたのか……肩について「ゲコゲコ♪」言っていたら人面瘡みたいで怖いし、「股間の紳士」だったらそれはそれでどのような形態で?といらないことを考えてしまうし……“次第にお気に入り”って……姫さま……(///∇///) あ、人面瘡についてはコチラをどうぞ。


http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki/91zinmensou.htm




明日からは5月、おやぢモードは控えめにして、さわやかな話題で毎日更新出来るように頑張りたいと思います。今月もお付き合いいただき、本当にありがとうございました。また来月もどうぞよろしくお願いいたします。




続きを読む

昨日は職場近くの本屋に行きました。品揃えはいつも行く本屋とそんなに変わらないと思うのですが、陳列の仕方が違うので目移りしワクワク感が倍増しました(笑)


『日めくり万葉集』で万葉の頃は夢ではなくイメ(睡眠のイに見るのメ)と言っていたとかいう部分をうろ覚えしたり『丸』(まる)を手に取り震災時の自衛隊の活躍を写真でみたり、ナイフの専門誌を見て「おお~!!」と美術品的な細工や職人さんの手に感動したり…。


で、見つけた変わった広告が『能面師がつくるシルバーアクセ』…はい!?


モノクロページに大黒さまや恵比寿さまの顔が彫られた指輪が…よくみるドクロの指輪が七福神になったかんじ?


「ひょえ~(゜□゜)人面瘡みたい…」と思ってしまったワタクシ…だってなんか笑顔が怖いんですもの~昔読んだ高階良子さんの漫画『血まみれ観音』を思い出す(-_-;)


その一方で、悪いヤツがきたら指輪をはずして投げると、ポワン!!とケムリの中から神様が現れて退治してくれるとか思っちゃったり~「ピカチュウ、君に決めた!!」みたいな(((^_^;)


そうそう~伝説では、シルバーは『月の金属』なんだそうですよ。ゴールドが太陽を象徴するのに対し、シルバーはそのやさしい色から三日月と結びつくみたい。


細い体に小さなお尻、すんなりとした乙女の姿。弓矢を持ち、牡鹿か犬を連れ、月光の女神として月とともに描かれている事が多いディアナは、狩りと森の神であり、シルバーの靴をはき、シルバーの馬車をあやつり、シルバーの星のまたたく青い夜空を駆け巡る…純潔の女神さまでもあるそうです。


超能力者によれば、シルバーは誰にも向く金属ではなくて、その振動数によってひきよせられた人だけに良い影響があるとか。


能面師がつくるシルバーアクセ…神通力とか備わるのかしら!?御守りにいいのかもしれない(笑)

↑このページのトップヘ