仏頭

2012年03月04日

第713号:忘れていいの…

今日はまた寒いですね。ワタクシもオタ息子からもらった“ほむほむ”のケータイストラップがお顔だけになってしまい、悲しい気持ちでいっぱいです…確かにお顔部分が大きくバランスは悪かったのですが、残された頭部はまるで興福寺の仏頭かオルメカの巨人石のよう…また新しい可愛い娘ちゃんを調達しなくては…(--;)


そして追い討ちをかけるように読んでいる本がどーもクンな内容になってきました。いや、予感はあったんですが(-_-;)


新藤冬樹さんの『忘れ雪』(角川文庫)、宝塚で舞台化もされたそうですね。表紙の子犬のイラストも正直私の好みからちょっとハズレている(´д`)


本に紹介されているあらすじは…《瀕死の子犬を偶然拾った深雪は、“忘れ雪に願いをかければ必ず叶う”という祖母の教えを信じて、子犬の回復を願った。そこへ獣医を目指す桜木が通りかかり子犬を治してしまった。忘れ雪の力は本当だったのだ!不思議な力に導かれて出会ったふたりは、次第に惹かれあってゆく。やがて別れの時を迎えた深雪と桜木は、“7年後の同じ時間、同じ場所”での再会を約束するが…。愛しているのにすれ違うふたりの、美しくも儚い純愛物語。》


最後のフレーズは煽りすぎ!!で、私は高校生くらいのカップルかと思っていたら、深雪は小学生で桜木は高校生…そして7年後の約束は実現しないけれど、偶然再会!!深雪はいくつものアプローチ(ヒント)をしているのに、全く思い出さない桜木。アスカばりに「あんた、バカぁ?」と言いたくなる!!そして彼の弟は兄に恋している女(深雪ではない)に片思い中。桜木に恋している女には「早く諦めろよ」と言いたくなるウザさを感じ…(-。-)y-~


フジテレビのメロドラマになりそうだな(((^^;)なんて思っていたら、ストライク!!な展開に…おいおい('~`;)私と同じような感想の方は検索してみたら「おお、同志よ!!」でかなりいらっしゃいました(笑)


タイトルもステキだし、マンガだったらもっと素直に読めただろうなぁ…と思います。前に読んだ『冬の童話』も王道パターンではありましたが、納得するというか心に残りましたね。文章はサクサク読めますが、好きな書き方かと言われると…(-_-;)


全く内容と関係ないのに《必殺仕事人》の三味線屋の中条きよしさんの『忘れ草』がぐるぐるしてしまい、仕事中ちょっと違う宇宙にいってしまいましたわf(^_^;←パチ台では流れないんですよねぇ、残念!


そして曲は谷村新司さんと小川友子さんの『忘れていいの』に変わり、ついでに歌詞もチェ~ンジ( ̄▽ ̄;)


♪止めてもいいのよ/あの本を読むこと/ムリして読みきらなくても知っている/さみしいけれど/結末なら…
♪もうやらない/もうしない/捨てたりはしないわ/不思議ね/定価で買うとダメなのよ/心の中で反省会…


明日は何を読もうかしら(((^_^;)



rohengram799 at 14:48|PermalinkComments(20)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ