伊勢正三

2015年11月25日

暁雲便りNo.31:イクボス

今朝、新聞の片隅にポツンと小さく出ていました あなたのリサイタルの記事です…… 


これは私の好きな正やんが歌っていた『あの唄はもう唄わないのですか』ですが……今朝、新聞の県内版を見たら《千葉市「イクボス」で連携》《市内企業・大学と各自で「宣言」策定》の文字か……なんだよ、これは(;゜∀゜)



「イクボス」とは「イクメン」の進化したキャラでなワケはなく(-o-;)『職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、増えるであろう女性管理職も)。』by NPO法人ファザーリング・ジャパン


千葉市長と共同宣言した市内の事業所は、イオン・千葉銀行・JFEスチール東日本製鉄所・ウェザーニュースそして千葉大学! 大学のイクボス宣言は全国初だそうです。



なんでしょう……ちっとも嬉しくないし、素晴らしいとも思えない。かえって部下の気持ちを考えずにマイホームパパ(古いな、この言葉も)を押し付けられそう……本当にいろんな恩恵に与れるのは一部の人でしかない気がします。



それにしても今日は寒い1日になりそう……病院も混雑しているでしょうね。今は電話で診察時間を予約が当たり前になっていますが、なかなか繋がらないし、繋がってからは操作が面倒だし……自動音声による操作、だんだんツラいですわ。昔は病院が遠ければ朝早くから出掛けて番号札をとり、待合室でずっと待たなくてはいけなくて……それに比べたらラクなのかもしれませんが、体調が悪い時に繋がらない電話では、イライラ倍増ですね。ちなみにダンナは2日続けて全く予約がとれません。歩いて3分もしないクリニックなのに……。



さてさて…職場で「今年の漢字は?」のアンケートがやってきました。個人的なものなのか世相なのか? その説明はなかったので、勝手に個人的なものと判断し、ワタクシは「労」と書きました。他の人のをチラ見したら「厳」「楽」「忍」「変」「乱」……どんな会社環境なんだと思われそう~! ちなみに私は「労働」ではなく「労(いたわ)る」「労(ねぎら)う」の意味なんですが(なんだかいろいろ疲れた1年だなと思ったので)そう受け取られるかはワカラナイですね( ̄▽ ̄;)





rohengram799 at 10:13|この記事のURLComments(8)

2014年12月03日

笑雲便りNo.5:ジーン…花のワルツ

昨晩から急激に冷えてきましたね((+_+)) でも青森や秋田など北国に行って、そこで暮らす人たちに「寒いですね」とかインタビューする東京のテレビ局の人間ってどうよ……(´д`)



今日は12月3日、イチニサンでアントニオ猪木を連想する人もいるでしょうが、私はオトメなので(;゜∇゜)三拍子のワルツですわ♪


語源はドイツ語のwal(t)zen(回る、回転するの意)とされています。ワルツには2つのルーツがあるらしい。ひとつは、ゆったりした3拍子で18世紀後半に現れ、19世紀初めに流行したオーストリア舞踏「レントラー」。その起源は「田舎風の踊り」を意味するla"ndlerischer Tanzからという説とオーバーエーステライヒ州の特殊な踊りLandlに由来するという説があります。もうひとつはヴォルダと呼ばれるアップテンポの踊り。男女が抱き合抱き合って同一方向に回転することが、プロイセンのフリードリッヒ・ヴィルヘルム2世治下(1786-97)では不道徳とか(笑)目が回って不健康(爆)とかの理由で、一時禁止されていたこともあるそうです。まぁ、ダメよ~ダメダメ!と禁止されれば余計に燃え上がるもので……皆さん、夢中になったんでしょうなぁ。



名前でも「一二三」ってありますね。素直に「ひふみ」ではなく「どれみ」と読ませる場合もあるとか。また明治時代に「一二三○・」(ひふみまるちょん)という人が存在したそうです( ̄□ ̄;)!!名字が一二三。 一般庶民が名字を持たざるを得なくなった明治時代に生まれた名前だそうです。しかし……「ちょん」はないだろ~(ーー;) 一二三という名字はひふみの他に「かずふみ・いじみ・うたかね・ひおみ・ひほみ・うたたね」とも読むみたいです。



小説に『ジーン・ワルツ』ってありますが(未読です~関連ドラマも見たことがない)例によって「ジーンってナニ? 手術中に胸にじーん!とくる音楽を流すのか?」な私、遺伝子のことをジーン(gene)というのですね。ひとつ賢くなった気がする……そして、タイトルの意味深さにウーンとなりました。



♪今朝 新聞の片隅にポツンと小さく出ていました……ってこれは『あの唄はもう唄わないのですか』の歌詞ですが、朝刊「こどもの詩」金丸未怜ちゃん・小5の作品が載っていました。選者の長田弘さんのコメントが「じわじわ、じ~ん」ときたので、最後に書いておきます。



『花』

花は大きい心を持っている
だって勇気づけられるから
悲しいとき
うれしいとき
いろいろとあるけれど
花を見たら
元気になれる


長田弘さんコメント:花言葉をしらべるとわかるよ。人が花にどんなに心励まされてきたか。そう、花を見たら元気になれる。


♪負けないように 枯れないように 笑って咲く花になろう……



皆さま、どうぞよい1日を(・∀・)ノ




rohengram799 at 09:39|この記事のURLComments(8)

2014年09月27日

白雲便りNo.21:海岸通り

♪あなたが船を選んだのは 私への思いやりだったのでしょうか
別れのテープは切れるものだとなぜ 気づかなかったのでしょうか……


これは正やんが作詞作曲した『海岸通』……昭和50年! でも名曲は色褪せないのさ(*´∀`)♪



さてさて、ワタクシは今『海岸通りポストカードカフェ』を読んでいます。横浜の海岸通りにあるポストカードカフェ。壁一面にハガキがびっしりと飾られています(;・ω・) このカフェ宛の手紙だけでなく、恋人や会いたいけど会えない人にと色々な葉書が届きます。ここに送られてきた葉書は持ち出し禁止で、お店に飾られるものあれば、バックヤードに保管されるものあります。そんなカフェを舞台にした連作短編集です。


ポストカードカフェから「あなた宛てに葉書が届きました」という葉書が届き、カフェに通うようになった女子校教師の五月雨さん。しかし、その葉書を書いた卒業生が誰なのか全く思い出せない。そんな彼の話が続くのかと思いきや、次は新しい恋人は人気モデルだけれど嫉妬深い…彼女に元カノとやり取りした葉書が見つかったらヤバい(;・∀・)!!と心配するIT企業の社長の話。そしてふたりの姿を週刊誌で見た元カノの話へ。この元カノの計算高さがサバサバしていて、イヤらしさがなくて私は好感が持てました。そして五月雨さんに葉書を出した「卒業生のさき」の輪郭が見えてきた(^o^)vというところです。


五月雨さんが修学旅行の引率で京都に行くのですが、そこで「ロンドン焼」なる食べ物が出てきます。なんなの、それは( ・◇・)? 私も修学旅行は中・高と京都で新京極にもおみやげを買いにいったけれど、見たことも聞いたこともない~おみやげに買ったのは八ツ橋やら玉露やら千枚漬けだったもん……で、調べてみました。


《ロンドン焼》

http://tabitano.main.jp/7rondon.html


YouTubeに動画もあるのですね。これはずっと張り付いて見たくなるかもしれない~渋いお茶にも合いそう!美味しそう!!



京都に紅葉を見に行きたいなぁ……なんてノンキに考えていたら、御嶽山噴火のニュースを聞いてビックリ( ; ゜Д゜) お近くにお住まいの方、ご実家がある方、お知り合いのいらっしゃる方、心配だと思います。被害が広がりませんように。早く鎮静化しますように。





rohengram799 at 21:54|この記事のURLComments(4)

2014年03月04日

東雲便りNo.3:ほおづえをつくおやぢ

『頬杖の 風邪かしら 淋しいだけかしら』(池田澄子)


今日は晴れましたが、寒い1日でしたね。帰宅中ですが、雨が降ってきました……けっこう大粒なんですが(´Д`) 電車は遅れたし、のどがイガイガして頭痛もするしで、なんだかイヤな予感でいっぱい(~_~;)


『ほおづえをつく女』は伊勢正三さんの名曲でありますが「ほおづえ」と「ため息」がセットになるような気分の時間が増えました。季節のせいか、年齢のせいか、日々の暮らしでたまった「けがれ」や「ゆがみのようなもの」が、ほにゃら~んと身体と心にまとわりついているような……大好きなブログ書きにもイマイチ気合いが入りませんρ(・・、)


またしばらくは不定期更新になりそうです。皆さまは、よく寝てよく食べて!お身体に気をつけて下さいまし。




rohengram799 at 22:12|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2012年11月11日

サバ雲便りNo.12:おはようおやすみ日曜日

昨日は早寝をしたワタクシ、夜中に起きたら飲み会から帰ったヒョロヒョロくんが台所にいました。「おかえり」と言ったつもりが口から出たのは「おはよう」というまぬけた挨拶…時計を見たら日付も変わっていない(-_-;)……「おやすみ」とスゴスゴ退散したワタクシでした…終わりφ(..)はすでに使ったパターン(~_~)


今日は仕事~しかし、アタマは「だんちょね~」でいっぱい!!「よく考えたらナンだよ、ダンチョネ節って」ということで、またカチカチ(((^^;)三浦市三崎町発祥の民謡であるということにまずビックリ!!「ダンチョネ節」は大正時代に流行したもので、その後軍隊で唄われるようになり、節を使って色々な替え歌が作られたとか。花柳界ではお座敷唄らしい!!


ダンチョネの意味は「断腸の思い」「漁師の掛け声」「団長さんもね」などなどいくつかの説があるようです。民謡の場合は船乗りの悲哀を歌っているとありました。八代亜紀さんの『舟唄』(さすが阿久悠さんの詞は素晴らしい~!!)のあのフレーズが元々なんですかね?


♪沖の鴎に 深酒させてヨ いとしあの娘とヨ 朝寝するダンチョネ


舟唄というと他に『ボルガの舟唄』とかありますが、こちらは漁師さんではなく農民の歌だとか。
そして忘れてはいけない『黒の舟唄』~しみじみしますわぁ。


「日曜、仕事なれど(妄想の)波高し」 だったワタクシ、舟酔いしましたので(^_^;)))本日はこれにて……おやすみなさいまし(^.^)




rohengram799 at 20:30|この記事のURLComments(7)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ