佐々木丸美

2011年08月29日

ひつじ雲便り499:花嫁人形

今日は佐々木丸美さんの『花嫁人形』を読んでいます。


専門学校時代、同級生の男の子にすすめられた(名前は忘れたけれど蕨市の出身ということだけは覚えています!「わらび!?そんな地名があるの!?」って感じですね)佐々木丸美さん!!


当時でもなかなか書店で見つけられなくて…絶版になったとききましたが、今復刻版で何冊かでていて~喜ばしいことです!!すごく感情の描写が繊細で綺麗な文章を書く作家さんです。


さてさて~花嫁人形というと、どうしても特攻隊の方々を思い浮かべてしまいますね。家には俗にいう「フランス人形」はありましたが(笑)花嫁さんのお人形はなかったと思います。


花嫁~日本だと白無垢を連想しますが、外国の花嫁人形というとやはりドレスなんですかね?民族衣装とか…ところで、アメリカの民族衣装って何になるのでしょう?


童謡になるのか唱歌になるのかわかりませんが、『花嫁人形』という歌がありますね。この歌の合唱コンクールが毎年開催されているみたいです。今年は10月16日かな?


♪夢を売る人形と人は私を呼ぶの~…たしか伊藤つかさちゃんのデビュー曲『少女人形』はこんな歌詞だったなぁ~などと思い出してきました。


当時は純粋だったので今のようにオ○エ○ト工業に結び付くことはありませんでした~良い子の皆さまは知らなくていいことですからね( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 14:58|PermalinkComments(15)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ