借金大王

2012年09月07日

あかね雲便りNo.141:かめくん

「ドジでノロマなカメです!!」ではなくて~『かめくん』は北野勇作さんの短編小説のタイトル!!北野さんて落語やお芝居など活躍の場が広い方なのですね。そして「はじめまして」だと思っていたら『異形コレクション』シリーズにいくつか書いていて「読んだことあるかも…」と思いました(((・・;)しかしかなり前に読んだので記憶が~『異形コレクション』は一度にたくさんの作家さんの同テーマによる書き下ろしが読めるので、大変オススメです!!


さて『かめくん』ですが、本文は4章で構成されていて「模造亀(レプリカ)」「機械亀(メカメ)」「亀記憶(カメモリー)」「亀手紙(カメール)」見て衝動買いしました(((^^;)


かめくんは模造亀で本物のカメではないことを知っているし、クラゲ荘に住みながら特殊な倉庫作業に従事しています。フォークリフトの操作能力は素晴らしい!!好きなものはリンゴに図書館、温泉に憧れて…時々思い出しかける封印された記憶があるらしい…それは自分の過去の記憶なのか以前「甲羅」を背負っていた「別のかめくん」のものかわからないけれど…。


最初は「なんだこりゃ!?」と思ったのですが、読みすすめていくうちにかめくんに愛着がわいてしまいました。「亀」ってキャラクターにしやすいですよね。ガメラにもなるし亀仙人にもなるしゼニガメにもカメックスにもなるし、浦島太郎を竜宮城まで運んでくれるし…(笑)


本文中にはちょこちょこと亀に関する豆知識や話題になった本や番組が出てきて、それもまた楽しく、かめくんの日常にすっかりなれた気分になった頃、なんとなく「あれ?」という気持ちになってき…読み終わってからじわじわとせつなさやさびしさや悲しさが押し寄せてきました。気がついたら「私、泣いてる?」みたいな…。中学生や高校生の時に読んだら、どんな気持ちになったかなぁ、なんてことも考えました。


お話はちょっとかわりますが『ナニワ金融道』に“泥沼亀之助”っていう登場人物がいて、通称<泥亀>…他の人名も悪徳栄とか三宮損得とか…おもしろかった!!ドラマも主役の灰原を中居くん、小林薫さんに緒形拳さん…泥亀役の方もピッタリで豪華キャストでした。ウルフルズの♪貸した金 返せよ~今すぐに 返せよ~もよく口ずさんでおりました(^o^)/




rohengram799 at 15:03|PermalinkComments(13)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ