停電

2019年09月11日

祝月雲便りNo.14:冬がくる前に…

台風15号の被害にあわれた皆さま、お見舞い申し上げます。


昨晩はカミナリがピカピカ⚡ゴロゴロ⚡⚡と……停電2日目の皆さまは不安が増す夜だったのではないかと思います。


コンビニもスーパーも流通が滞っているのか、品物が少なかったです。東日本の震災の時ほどではないですが。コンビニに水はほとんどなかったですね。お茶もパンも少なかった。被災した地域からこちらまで買い出しに来る方も多いようです。市内でも店を開けていないコンビニがあるようです。場所により被害の差が大きい……。


また、施設等に入所している方々は系列の施設や病院などに移ることになるようです。まだまだ残暑が厳しいのに停電でクーラーも使えない状況では命にかかわりますし。昨日も避難所や給水場所を知らせる防災無線が流れていました。日本全土が被災地になっているようなここ数年。1日でも早く日常が戻って来るように祈ります。チャリンと小銭を募金するくらいしか出来ませんが。






タイトルの「冬が来る前に」紙ふうせんの歌を思い出した方もいらっしゃるでしょうか?


https://sp.uta-net.com/movie/3974/



「冬が来るから君に嫁ぐつもりです」



大角真代さんの俳句を読んで、これは逆プロポーズなのかしら?と思いました(/▽\)♪ 冬は寒いから一緒にいて温まりたい!ということでしょうか? この言葉を聞いたらどんな反応を「君」はするのかな?(*ノ▽ノ*)



9月11日は挙式した日なので、ちょっとばかりときめいたワタクシ! 今さらどーする!なんですが、いろんなブライダルサイトを見てドレスがステキ! ヘアスタイルが可愛い!とキャーキャーしております。新郎? そんな殿方には興味ないですわ。やっぱり花嫁さんを見るのが楽しいのです( 〃▽〃)



「きのうの夜の君があまりにかっこよすぎて私は嫁に行きたくてたまらん」


脇川飛鳥さんのこの短歌もいいですね〜もしかしたら芸能人かスポーツ選手への憧れなのかも?



「なめらかに嘘がいへるといふことのたのしさも知りてもう若からず」(蒔田さくら子)


こんな想いを抱えていた乙女たちも年月を重ねると、こうなるのでしょうか? 誰に対しての嘘なのか、わかりませんがニッコリ笑う女性の姿が浮かびます。



では皆さま、おだやかでよい1日になりますように! 「冬が来る前に」いろんな災害にあわれた方々の生活がもとに戻りますように。


rohengram799 at 08:30|この記事のURLComments(4)

2018年10月01日

稲熟雲便りNo.1:台風一過

皆さま、台風24号の被害はありませんでしたか? こちら、日中も夜も落ち着いたもで「雨だけど、普通の日曜日じゃん!」だったのですが、日付がかわり、1時過ぎからはものすごい風の音が! 4時くらいまではウトウトしては目が覚める、という感じでした。市内の一部では停電になったようで、7時過ぎに「今、復旧中です」と防災無線が流れました 。インドネシアでも大きな地震がありましたね。次の台風の進路も気になりますし・・・落ち着いた年末はやってくるのかと、今から心配になります。




今日から10月。いつもなら旧暦の異名からタイトルを考えるのですが、今月はまだ9月の異名から選びました。「稲熟月(いねあがりづき)」・・・自然災害が多く、実りの秋から遠ざかってしまいそうですが、今は新米の季節、日本人ならやはり米!という感じて(笑) 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の謙虚な気持ちを忘れずに、いろんなことに感謝して、ぼちぼち1年を振り返るか~みたいな気分で・・・って何を書いているのか、わからなくなってきました~私の頭の中は野分(ノワケ)ならぬ戯け(タワケ)のようです(;・ε・ )




相変わらずのワタクシですが、読んで下さり、ありがとうございます! またよろしくお付き合い下さいませ (*´・ω・`)ノ



rohengram799 at 11:08|この記事のURLComments(2)

2017年05月01日

起雲便りNo.1:犬猿の仲

5月になりました。午後から急に大きな雷がなり、近くに落ちたんじゃないかと思うくらいでした! 小さい頃は、雷が鳴るとよく停電していましたが、今はそれもほとんどなくなりましたね。



さてさて、この前小笠原眞さんの詩集『父の配慮』についての紹介記事を読みました。小笠原さんは、1956年青森県十和田市生まれ。十和田市在住の詩人で、耳鼻咽喉科のお医者さまだそうです。最近ますます耳が遠くなってきたような気がするので、診察していただきたくなりましたわ(^o^;)





『犬猿の仲』


ぼくは申年だから
猿知恵が働くのは当然のようで
いつも小賢しいことを考えながら
目先のちょっとした幸せを
追い求めているような気がする
それでいて臆病だから始末が悪い

父は寅年である
いつもは借りてきた猫のように
おとなしいのに怒ると怖い
たまに咆哮するから威力があるのだ

母は酉年だった
直感が鋭い人であったが
三歩歩けば忘れるというのは本当だった
子どもの幸せを考えるありがたい人だった

長男は子年である
人一倍警戒心が強いのだが
コツコツやりながら
いつの間にか大成するタイプだ

次男は未年だ
誰からも好かれる好青年なのだが
見た目と違って意外と硬派
時々父も母もお手上げになる

さてさてお次は妻なのだが
何と何と戌年なのだ
忠犬ハチ公の例が示すように
人を否猿を疑うことを全く知らない
若い頃は猿も悪事がばれて
時々噛まれもしたのだが
最近は老獪になったせいか
吠えられることさえ少なくなってきた
いわゆる犬猿の仲であっても
お互い静かな老後を夢見ているのだ





この詩の最後が好きです。なんだかんだいっても仲良しご夫婦なのではないかと。


私の母も申年だった気がします~兄は寅年。私とダンナさんは辰年です。干支によりやっぱり相性ってあるんでしょうか? もう占い的なものにキャーキャー言う歳ではないですが「だったら仕方ないかな」と人間関係のぐちゃぐちゃを自分の中でなんとなく納得させる手段のひとつになるかも?




今月は怠け者の自分を叩き起こして、やる気を出すぜ!な感じをと思い、記事のタイトルは気運ではなく起雲便りでまとめることにしました。この前向きな気持ちはいつまで持ちますか、ちょっと心配ですが( ̄0 ̄;) またどうぞよろしくお願いいたします。


rohengram799 at 16:39|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2011年07月18日

ひつじ雲便り471:もっとヒカリを!!

皆さま、ワタクシ、暗闇の中にたたずんでおります…仕事が終わったと同時に家から電話が…「停電だぁ(;o;)」「ハイ!?」


子どもたちもダンナもすでに帰宅していて、私は職場近くまで迎えにきてもらいましたが、自宅マンション付近にくると暗い!!


なんかワタクシの住まい周辺の一部だけが停電しているらしく、信号も止まっているので警察車両やおまわりさんが大忙しです。


三連勤の後、階段を6階まではキツいわ~体力ないし(´д`)


原因は不明です。予定ではあと一時間ばかりで復旧のはずです。せっかくコメントいただいたのにまたお返事おくれます…ごめんなさいですぅ(ToT)


皆さま方も台風接近でいろんなトラブルがあるかもしれません。どうぞお気をつけ下さいませ。


rohengram799 at 18:23|この記事のURLComments(15)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ