催眠出産

2013年06月21日

うろこ雲便りNo.13:バラードのように眠れ

今日は休み~ノンキにテレビを見ていたら「イギリスのキャサリン妃が催眠出産」とか言っている…「ナニ?催眠出産って!?」と驚きました!!


http://www.j-cast.com/tv/m/2013/06/19177512.html


日本では馴染みがないと思っていたのですが、検索してみると案外たくさんの記事が……。出産に関してはやはり痛い、怖い、不安!といろんな気持ちがありますから、そういったものを取り除いてスッキリお産をしましょう♪みたいなモノなんですかね~?痛いのがイヤで無痛分娩にしたワタクシはアレコレ言える立場ではありませんが…本来ならダンナさんやまわりの人たちとの関わりの中で「なんとかなるさ!!」みたいな肝っ玉母さんみたいな意識というか覚悟を固めていくのが一番いいんでしょうね。


しかし、コレってダンナさんも理解してくれないと難しいんじゃないかな~一緒にカウンセリングとか受けてくれないと「母親とお腹の赤ちゃんの絆」だけが深くなってダンナさんは置いてきぼりな感じがします。ウチのダンナだったら「お前、騙されているぞ!!」とか言いそう…(~_~;)


生まれてきた子どもに胎内記憶があるのなら、いろいろきいてみたい気がします。いずれそういう本も出たりするのかな?


今、週刊モーニングで『コウノトリ』という産婦人科医の話が連載されているのですが、タバコをやめられない妊娠5ヶ月の妊婦さんが登場します。「タバコをやめなきゃやめなきゃと思うんだけれど、逆にイライラして赤ちゃんによくないかな~って」ってまぁよく聞く言い訳をするのですが、「禁煙のストレスはあなたのストレスであって赤ちゃんへのストレスにはなりません」って言われているシーンを読んで「あ、そうなんだ…」と思ってしまった!!よく母親がイライラするのはお腹の赤ちゃんによくないというけれど、コレは赤ちゃんがストレスを感じるというより、イライラを解消するために母親がロクでもないことをしてお腹の赤ちゃんに影響がでるというという意味なんでしょうね。


正直、自分はお酒もタバコもNO!!だったので「そんなに影響があるの?」と思っていましたが、いろんなリスクが倍以上になるんですね。パチ屋にもたまに妊婦さんが来るんですけど「早く帰りなよ」「タバコはやめなよ」って思います。何かあった後で後悔しても遅いですし……お店で妊婦さんがらみのトラブルはないのでホッとしております。(トイレで具合が悪くなり救急車!の人はいましたが)


あ!タイトルを『バラードのように眠れ』(by少年隊)にしてみましたが、私、最初の出産の時に前の晩よく眠れなくて、麻酔をされたら眠くなり…午前中には産まれますよ、と言われたのが午後になりました。お昼ご飯を用意してくれたクリニックの方、スミマセンでしたぁ!!


明日は土曜日、皆さま、良い週末をf(^_^;




rohengram799 at 18:40|PermalinkComments(16)
記事検索
月別アーカイブ