備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

タグ:八ツ橋

昨日は風の強い1日でした。もしかしたらもう花粉が飛んでいる…!? 鼻水ズルズルになってきました。


さてさて……「ちまき」と言えば、5月、端午の節句🎏に食べるもの、というイメージ。思い浮かぶのはおこわを笹の葉などで三角形に包んだものなのですが、どこかで白いツルツルしたお餅のようなヤツを見た記憶が……石川県では給食に出た🍴とかあって……カタい瓦せんべいのような八ツ橋しか知らなかった私が、高校の修学旅行で生八ツ橋を見た時と同じくらいのショーゲキ(オーバーな)を受けました。


https://kamado.co.jp/item/chimaki/



検索したら九州でも違うのですね。


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/weathernews.jp/s/topics/201804/270085/amp.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAYjj38nH2_2GygGwASA%253D



コチラの本もとても興味があるのですが、高い……(´Д`)


三角ちまきものしり事典: 新潟県のお土産のガイドブック 新潟県の名産品 >> https://bookmeter.com/books/14101829



美味しいものを食べてあたたかくして楽しい週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))


『一人居はものたりなきと着ぶくれて』(橋場千舟)

 


冬にひとりで暮らしていたら、寒さが身にしみて、重ね着したくなりますが、こうも暑いとひとり暮らしならカーテンを閉めて戸締まりをバッチリして全裸でクーラーとか、やっている人もいるんじゃないかと思ってしまいます。全裸にならないまでも、だらしない格好でグダグダしていても誰からも文句は言われないだろうから、いいなぁ、とか思い出すしまう(((^_^;)



この句の作者・千舟は1934年生まれ出。「着ぶくれて影やはらかく立ちにけり」(句集『視線』)というのもあるそうです。暑いけどホッコリしたあたたかさに頬がゆるみます。



頬がゆるむ、というと美味しいものが目の前にある時もそうですが、今は『甘いお菓子は食べません』という本を読んでいます。イヤ、私は食べるよ!と・・・ブログのタイトルに( ・`д・´)!と顔文字をつけましたが、そんなのムリムリ(ヾノ・∀・`)


最初の話に「可子」さんという人が出てきます。「よしこ」と読むそう。名付け親は祖父で「然る可し(しかるべし)」の可しだからと言って「べしこ」と呼んでいたという・・・かわいいような気も擂るし、カコちゃんでもいいじゃない?と思ったり。



お菓子つながりで、少し前に『京都骨董ふしぎ夜話』というラノベを読んだのですが、修学旅行でしか行ったことがない京都の街並みをアレコレ思い出したり想像したり(笑)で・・・骨董品の話以外にお菓子に注目してしまうイヤシイおやぢなワタクシ!



金平糖ってガリガリ食べるものなんですね! 知らなかった! 私は噛んではいけないと思っていました。いくつか口の中にほおりこんで、飴のようになめていましたわ。あと「よろひ草」というお菓子も出て来て、どんなものかわからないので画像検索してみたり。 小さい頃は八ツ橋は固い瓦煎餅みたいなのしか知らなくて、修学旅行で生八ツ橋にショーゲキを受けました(;´∀`)



こんな暑い日には、宇治金時のかき氷が食べたいですね~皆さまも水分補給して、気をつけてお過ごし下さいませ。



【よろひ草】

http://omiya.kyotomode.com/blog-entry-151.html

このページのトップヘ