十三夜

2021年10月18日

鹿茸雲便りNo.19:十三夜の戯れ言

最近は夏目漱石の『草枕』の冒頭部分を思い出すことが増えました。

【山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 智(ち)に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。】

意地をとおせば道理が引っ込む……じゃなかったか!


今夜は十三夜! 漱石には『夢十夜』という作品がありますね。活字でも漫画でも部分、部分をチマチマ読んだ記憶があるような、ないような……要するに明確な記憶にございません (-_-;)

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/6218



話をもどしまして……今夜は十三夜! この風習が庶民に広まったのは江戸時代だそうです。陰の象徴である月は「お陰さま」に通じると考えられ、生きる糧である作物に感謝する旧暦9月の「収穫祭」の意味も込めてお月見をするようになったとか。この発想はいかにも日本人らしい気がします。他の説もあるようですが、十五夜は中国伝来、十三夜は日本固有の行事というのが私の中ではポイントが高いのです(笑)


樋口一葉の『十三夜』を読みやすくしたサイトがあったので読んでみました。この後、青空文庫で読み返します。そうすると内容がわかりやすいので(;´∀`)

https://bungakubu.com/jyuusanya-gendaigoyaku-higuchiichiyou/


青空文庫には尾崎士郎の『十三夜 マニラ籠城日記』もあったので、メモメモ φ(・ω・`)

https://www.aozora.gr.jp/cards/001753/files/59033_ 70197.html


今日までのワタクシのカオスな読書記録をのぞき見したいという方がいらしたらコチラを →
https://bookmeter.com/users/718307/books/read



今朝はヒンヤリとしていましたが、澄んだ空気の中で美しい月が見られるといいなぁと思います。ではでは皆さま、今週もご安全に (*・ω・)ノ



【追記】
尾崎士郎の「十三夜」は結論からいうと未完でタイトルの十三夜は全く出てきませんでした。日米開戦時にフィリピンにいた日本人たちの収容所生活について書かれています。こんな状況でも生まれた新しい命は嬉しいものですが、10日あまりの記述で終わり。その後、どうなったのか…。

気になったのは終わり近くのこの文章。

……そういえば、この十日あまり、香水と脂粉を忘れた女たちのたるんだような顔が妙に醜いものに見えてきてならぬ。女の美しさというものは男を信じ、男にたよりきったところから生れる。それがこの味気ない生活の中では絶えず物におびえながら、虫けらのようにひとりぼっちの自分を支えていなければならぬ。夜は、便所に立ってゆくと、廊下に乾してある濡れたおしめでひやりと頬を撫でられることがある。その、ぞくぞくっと来る悪寒の中に生々しい現実がどっしりと根をおろしているのだ。 ……


「女の美しさというものは男を信じ、男にたよりきったところから生れる」ですと……(`Δ´) 時代もあるかもしれませんが、ムカつく一文でした!


rohengram799 at 09:25|PermalinkComments(2)

2014年11月05日

琥珀雲便りNo.5:115と171

某インスタントコーヒーの商品名みたいなタイトルになりましたが(笑)今日は11月5日で「115」は電報申込みの番号だよなぁ…電報と言えばもう過去の遺物になったであろう『合格電報』を思い出します!


合格電報が最初に登場したのは昭和31(1956)年の早稲田大学で、そこで使われた物は有名な「サクラサク/サクラチル」。それが他の学校でも使われるようになって、次第に各大学が特色のある電報を使い始めたそうで……私が大学受験の頃はまだ校門前に電報受付ます!みたいな人たちがウロウロしていて、公衆電話も長蛇の列でしたわ~ええ、時代は昭和50年代後半です(; ̄ー ̄A


秋田大は「ナマハゲカンゲイスル(ナマハゲ歓迎する)」だとか? 千葉大は「
ボウソウノ ウミハ ハルヲツゲ キミヲマツ( 房総の海は春を告げ、君を待つ)」とちょっと長い…残念な場合は「ナリタクウコウ キリフカシ(成田空港霧深し)」( TДT)
お茶の水女子大の「オチャカオル(お茶香る)」「コノメドキマテ(木の芽時待て)」補欠合格の「カオリマタヨシ(香りまた良し)」とかいいですね♪


さてもうひとつの数字は「171」年ぶり!という「後の十三夜(のちのじゅうさんや)」3回目のお月見のことです。それは今夜(゜゜) 雲が多いんですが、どうかなぁ…晴れるといいなぁ。


普通は十五夜・十三夜だけなんですが、旧暦は現在の暦(365日)に比べて日数が少ないため、約3年に一度、閏月(うるうづき)を挿入して暦を調整しているそうです。2014年は閏月を挿入する年だが、9月の後に閏9月が入り、旧暦9月13日が2回出現するので、十三夜も2回に……前回は1854(天保14年)なので、実に171年ぶりだという(@ ̄□ ̄@;)……「後の月2014」とかで検索すると詳しい説明の記事などたくさん出てきます。


ウチはもう受験生はいないので、お気楽なものですが、今夜の月に願いをかける学生さんやご家族もたくさんいらっしゃるのかも……明後日はもう「立冬」風邪をひかないように体調管理に気をつけて、試験に備えていただきたいです。


備えると言えば、リアルな話ですが、高校・大学進学にかかる費用って本当にバカにならないというか、そんなにかかるの(;゜∀゜)ってくらい高額ですよね。今『それでもお金は必要だ!』というお金にまつわるアンソロジーを読んでいるのですが、クーポン景品交換が目的で商品購入するようになったり、ネットゲーム内の資産を維持するために課金・課金で現実のお金を使いまくったり……ああ、あるよね!みたいな(~_~;)


カネゴンの私にはお金との付き合い方ってとってもムズカシイです(´-ω-`)





rohengram799 at 11:05|PermalinkComments(8)

2013年10月17日

しらす雲便りNo.38:十三夜の赤い糸

今日は十三夜ですね。俳句の季語でただ「月」と表現されるのは秋の月のことだそうです。月が一番美しく見える季節ということでしょうか?


「中秋の月見を自宅以外で眺めると、片月見とならないように後の月見も中秋の月見をした場所に出かけていって眺めないといけない」という話は前にも書いたような気がしますが(平安の頃はデートの約束みたいなもので「十五夜を一緒にみたから、十三夜も絶体見ようね!」的な話)これは江戸の遊里、吉原の客寄せのひとつだという説もあるそうです。中秋の名月の日に吉原で遊ぶ→片月見を避けるために後の月(十三夜)も行かないと粋じゃない!→しかしカネがなぁ(-_-;)→「月宮殿へ二度のぼるいたい事」という川柳ができる(笑)


吉原ではどちらの月見の日も「紋日」という特別な日とされていて、お客さん達はいつも以上に気前のよいところを見せるために散財したらしいです~いつの時代も殿方は見栄晴くんですな( ̄▽ ̄;)


『赤い糸切れたと思う十三夜』(わたなべじゅんこ)


片見月の話を知ってからこの俳句を読むと、ただ十三夜の日に別れたという単純なものではない、ドラマを感じてしまいます。なんか切なく哀しい(´;ω;`)ただ満月とかでなく「復縁の月」とかないのかしら?…イヤイヤ、月は夜ごと姿を変えていくのですからソレはマズイ気がする(-""-;)


アレコレ考えずに、美しい月をながめられることをシアワセだと思うことにします。皆さまもステキな夜を過ごされますように(^.^)



*ここ数日livedoorブログのコメント受け付け機能にまた不具合が生じているみたいですね。そのような事がありましても、ワタクシは拒否しておりませんのでご理解下さいませ。

rohengram799 at 14:40|PermalinkComments(8)

2011年10月09日

第594号:十三夜の夢一夜

本日10月9日は「十三夜」ですね~中秋の名月(十五夜)にお月見をしたら、必ず十三夜にもしないと「片見月」になってしまい、よくないことが起こる…本当かどうかはわかりませんが(((^_^;)


十五夜に一緒にお月見した方と、また逢うための方便の可能性もあるみたいですね。昔の人は風流な恋の駆け引きをいくつも考えていたようですな~「恋をすれば誰もが詩人」ではなくて「策略家」になるのでは?♪恋の罠しかけましょ(^_-)


十三夜は栗や豆をお供えするので「栗名月」、「豆名月」とも呼ばれるそうですが、なんともなく可愛らしい雰囲気(*^^*)


里に住むおじいさんやおばあさんは、栗や豆だけでなくたくさんの食べ物をお供え台に並べておく…それはエサがとれない小動物や冬眠前の動物たちへの贈り物~そんなほっこりした物語がうまれそうなネーミングです!!


さて、色気もやる気も減少する一方のワタクシでしたが、今日は久々の休み\(^o^)/だから更新時間も昼間よん!!日曜日から土曜日まで、先週はよくがんばりました!!←自分で言うなって(-_-;)


昨日は仕事帰りに我慢できず(笑)『ハブテトル ハブテトラン』(中島京子)という備後弁がタイトルの本を買ってしまいましたが(ハブテトルとは「すねている」という意味だそうです)今日もこれから本屋に行ってきます。来年の手帳の種類が増えていたので、いろいろ見てまいります!!


皆さまもまったりとしたお時間を過ごせますように(*^^*)いつもありがとうございます!!



rohengram799 at 14:09|PermalinkComments(18)

2010年10月19日

第305号:明日は十三夜♪

明日は、旧暦9月13日で《十三夜》です。十五夜は中国から伝わったようですが(前に書いたけど忘れた~!)十三夜の月見は日本独特の風習なんだそうで~ちょっとオドロキです。


宇多法皇(だれ!?)が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとか、醍醐天皇の時代(西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したもの…とも言われているそうです。


よく「十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするもの」と言われていますよね。 十五夜だけでは「片月見」といって嫌われるからだそうですが、平安の頃はデートの約束みたいなもので『十五夜を一緒にみたから、十三夜もね!』と暗黙の了解だったらしい……「もう逢いたくない!!」人の場合はどうするの~と気の毒になります(爆)


十五夜はサトイモなどを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」とか「豆名月」とラブこれは、お供えとして栗や豆を、神棚などに供えるから。


中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあると言います。旧暦九月十三日の晩のお天気で、翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣からだそうですよ。


十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」という言葉もあるそうです。「名物に旨いもの無し」を連想してしまった~明日、晴れるといいな!!


rohengram799 at 20:10|PermalinkComments(7)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ