備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:十二支

今日は井上ひさしさんの『十二人の手紙』を読みました。全部手紙形式なら読みやすかろう(笑)という単純な理由で買っておいたのですが、いやいや……これは奥が深い!


書き手と受け取り手の往復書簡であったり、一方的な手紙だったり……前の話(手紙)と関係ない話だと思っていると「あれ、この人は…」と意外なつながりがあって……技巧を凝らしたというより趣向を凝らした一冊。やはりスゴい作家さんですわ。手紙を書くまでの間、その手紙が相手に届くまでの間、自分は○○さんに手紙を出したつもりだけれど果たしてその人は実在するのか?なんてものも……。昔の雑誌の文通コーナーにはか写真入りのもありましたね。ちょっと懐かしさもあり、電話でもメールでもない、手紙の持つ魔力的なものも感じた作品でした。



この時期は年賀状の話題が多くなりますが、先月でしたか「年賀状50枚お買い上げの方にプレゼント第2彈は“さつまいも”♪」という郵便局のチラシがありました。第2彈ということは前も何かプレゼントしたのかい(;・∀・)と驚きました。他の地域の郵便局でも独自になにかやっていたのかしら?



「12」に関するウンチクみたいなものはあるのかな?と検索したら「12+1=稲」というのがありました。クイズのようで他に「10+12=鳥居 6+6=耳 3+12=トライ」など……理屈(?)は十二支でした。「01ね 02うし 03とら 04う 05たつ 06み 07うま 08ひつじ 09さる 10とり 11いぬ 12い」で「12+01=い+ね」だそうです。う~ん、頭の体操になったかしらん(^。^;)



年賀状の受付も始まりましたね。ますます気忙しくなります……!



『十二月どうするどうする甘納豆』(坪内稔典)


どうする、どうする~の12月も4日すぎました。久しぶりの仕事は寒くて(--;)調子が出ないまま終わってしまいました。例の不思議ちゃんは10日で退職することになりました。私はもう一緒に仕事をすることはありませんが、彼女の翌日出勤すると「?」な出来事ばかりです。


今日はスタンド灰皿の丸いお皿(容器・水を入れます・1日一回は必ず交換します)が二枚重ねでセットしてありました(・・;)))コレを指摘したとしても彼女は「え?そんなことないですよ~知らないです。おかしいですよね~本当にワケわかンない!」と言って終わりです…絶対自分のミスを認めないし謝らない人なので、正直退職は有難い(^_^;)


ペットボトルのクリスマスツリーも思ったより綺麗でした!!ただ、てっぺんの星がキラキラ感がなく安っぽい感じ…は否めません(笑)


スーパーやホームセンターに行くと、クリスマスグッズの他に年賀状印刷がアチコチに~来年は巳年!!さすがにリアルな蛇のイラストは見ませんね~どれもなんかラブリーに描かれています。ウチはオタ息子が巳年ですわ。


十二支ですが、猫が入っていない理由はよく聞きますが…イタチが13番目で入れなかったのでかわいそうに思ったお釈迦様が毎月の最初の日を「ついたち」と呼ぶことにした…という話を最近知りました。コレって有名な話ですか?なんだかこじつけみたいだ~と私なんかはしっくりこないんですが('~`;)


明日は晴れるでしょうか?皆さま、あたたかくしてお過ごし下さいませ!!


↑このページのトップヘ