吉原細見

2016年06月22日

閑雲便りNo.27:旅にご用心

新聞に『江戸落語図鑑 ー落語国のいとなみー』(飯田泰子)という新刊広告がありました。飯田さんは「企画集団エド」とかいう団体の代表らしいです。


本の内容ですが、江戸を舞台にした古典落語50席を題材に、江戸人の「仕事・遊び・暮らし」を絵解きするそうです。 江戸期の版本から採録した350点の図版が掲載されているらしい。「落語の世界と江戸の雰囲気が味わえる一冊」!


第1章は「江戸のなりわい」で時そば・唐茄子屋政談・芝浜など。第2章は「江戸の遊び」で蛙茶番・寝床・笠碁・幾代餅・三十石など。第3章は「江戸の暮らし」で、たらちね・らくだ・三方一両損・かつぎやなど。
詳しい内容は下記サイトでご覧になれるかも(; ̄ー ̄A

http://www.hanmoto.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/fuyosho_1605171658_1.pdf



豆知識のコラムには「江戸の資源再生を担う屑屋」「葭町の千束屋は派遣の大手」「江戸時代の料理屋」「駕籠屋の種類と運賃」「へっついと左官屋さん」など興味深い項目がたくさんあるのですが、「旅行用心集に見る旅のこしらえ」が大変気になりました!


江戸時代の八隅蘆庵が文化7(1810)年に表したのが『旅行用心集』で、『現代訳 旅行用心集』(桜井正信監訳)も八坂書房から2001年に発行されていました。なぜこれを作ろうと思ったのが、それは話せば長い……(^o^;)

「私は若いときから旅行が好きであちこちの国に行った。それを知っている知人が旅行に出かける際にいろいろ聞いてくる。これまではそのたびに書いて渡していたが、最近は歳をとって面倒になった。断るわけにもいかないので、これまでのものを集めたり新たに書き起こしたりして、旅の助けになるようなことを小冊子にまとめることにした。 人の役に立つように印刷して『旅行用心集』と名付けるようになった次第である。」


自分のことは自分ですること、 食事に不満があっても文句を言わずに食べること、 土地によっては習慣の違いなどから気にくわない扱いを受けることがあっても、心得ておくこと。

旅行中は思わぬトラブルに見舞われることがあり、旅先では家に居るときのように適切に対処することは難しい。このように長い旅は言い表せないほどの苦労があるが「可愛い子には旅をさせ」だ!旅の経験のない人は旅の苦労を知らず、旅はひたすら楽しく物見遊山のためだけにするものだと思っている。そのため人情に疎く自分勝手な人間になってしまう。きっと陰で後ろ指を指されて笑われていることも多いだろう。


かなりカットしましたが、以上のような内容が序文にあり、本文はまた細かくいろんなことが書いてあるらしいです~内容が気になる方は『旅行用心集』で検索するとたくさん出てきますので、おヒマな時に読んでみて下さいませ。


「色町の案内書吉原細見」も気にはなりますが、これは以前『じょなめけ』という蔦屋重三郎を主人公にしたマンガを読んでいたので大丈夫です~「吉原細見(よしわらさいけん)」は遊郭のガイドブックですよん( 〃▽〃)



もう夏休みの旅行計画を立てている方もいるでしょうか? カラッとした夏の暑さに早くやって来て欲しいジメジメした夜です~皆さま、体調をくずされませんように。






rohengram799 at 21:38コメント(8) 

2015年03月15日

咲雲便りNo.15:ヒマワリとサクラソウ

今日は季節はずれですが『向日葵の迷路』という朝倉卓弥さんの短編集を読んでいます。表題作はよくあるパターンの話だなぁ…と思いました。すみません、個人の感想なので(-o-;) 次の『ヨーグルト下さい』はちょっとホラーで深夜のコンビニにチャイムを鳴らすことなく入店し「ヨーグルト下さい」という謎すぎる女性が登場します。オチとしてはやっぱりそうでしたか……な展開なんですが「ロングブーツの中身はどこまであったのだろう」と主人公が考えるラストがなんかツボに入ってしまいました(^^;)))



曇り空でもなんとなく春めいた空気を感じますが、『江戸遊覧花暦(江戸名所花暦)』という文政10年(1827)刊の本は、春夏秋冬それぞれの風情を楽しみ味わおうとする人のための「江戸名所案内記」だったそうです。春はウグイス・梅・桜、夏は藤・つつじ・ホタル…など計43項目について、訪れるべき名所の由来や鑑賞の手引き等が詳しく記されているそうです。お花見の名所はもちろん、紅葉狩や枯野の名所まで四季折々の行楽スポットが紹介されているそうな。ナゼか『吉原細見(よしわらさいけん)』(江戸の吉原遊廓についてのガイドブック。一般的な体裁は店ごとに遊女の名を記したもの)を思い出してしまった!!←私はマンガで知ったので、もちろん実物は見たことないです~どこかにあるのかしら? しかし、ガイドブックとか番付とか好きですよね(^◇^)



今の荒川区尾久はサクラソウが一面朱を敷き詰めたように咲いていたよう。 所の名産は白魚(しらうお)。 サクラソウの花見客はこの二つを「紅白の土産物」と称して風流を競ったそうです(*´∀`)♪
一説によると鷹狩りに出かけた徳川家康が野に咲くサクラソウの美しさを愛で、江戸城へ持ち帰って以来、この花への関心が急速に高まったとか。


サクラソウは300ほどの園芸品種があるそうですが、半数は江戸時代に改良されたものだといいますから、江戸時代は花に対する思い入れというかより美しく、自分好みのものを……という愛好家が多かったのでしょうか? それだけのんびりしていたのかもしれないですね。古くから名所と言われたエリアも急激な都市化と乱獲などにより絶滅し、埼玉の田島ヶ原のみに自生しているそうで、公園があるみたいです。



サクラソウに似た花にはミチノクコザクラがあります。北陸への旅もいいけど東北への旅もいつか実現させたいものです。



《サクラソウ》
このサイトからミチノクコザクラも見られます。

http://www.hana300.com/sakuso.html






rohengram799 at 20:37コメント(8) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード