名前

2011年07月28日

第545号:君の名は…

まちこ…ではない(笑)また『汝の名』は明野照葉さんの小説のタイトルだ…とアタマの何かがとろけるとろける~♪な蒸し暑さですね(´д`)案外梅雨明けしてなかったんじゃ~なんて思ってしまいます。


私は電車やバスをよく利用しますが、よく見かけるけど名前がわからない人っていますよね。学生の頃なら「○○の君」的な名前をつけるのでしょうが、オバサンになるとそのおとめ感覚が鈍るようで…店内のいわゆる「常連さん」にも自分だけのナイスな名前で話しかけてしまうこともしばしば…もちろん心の中でコッソリと♪


きっかけは背が高くスラリどころかスンゴイ細い女性のお客様でした…正直FかMか迷う感じ…で髪型が縦ロールなので、ワタクシ「高見沢サン」と呼んでおりましたの(笑)最近お見かけしないので、寂しく思っています。


あと「ホセ」と呼ばせていただいている南米チックな男性、いつもピンクのトレーナー上下のモモイロおばさんに、たまにピンクの服で現れるモモイロじいさん…品の良い薄いピンクが好きみたいです。ろくでもないスケベおやぢは数知れず…(-.-)ノ⌒-~


でも、私が一番気になっているのは「お父さん」!私の父が元気でかなり太っていた時の姿にそっくりなのです!!


私は「お父さん」を店内で見かけるたびに「お父さん、そんなにガブガブ飲んでちゃだめだよ」「お父さん、少しずつでも痩せないと身体によくないよ」「お父さん、今日はもう帰るんだ」などと心の中で話しかけております。


お掃除おばちゃんはお客様の名前を知る機会などありませんし、そんなに皆さん積極的に話しかけてくることはないのです。


もし声をかけて下さるなら「大変だね」ではなく「お疲れさま」とか「ありがとう」と言って下さると嬉しいです(*^^*)


さぁ、今日「お父さん」は遊びにきているでしょうか!?仕事に行ってきま~すp(^^)q



rohengram799 at 12:33|PermalinkComments(14)

2011年07月08日

第531号:A beautiful name

♪Every child has a beautiful name
A beautiful name, a beautiful name
呼びかけよう名前を すばらしい名前を
どの子にもひとつの生命が光ってる
呼びかけよう名前を すばらしい名前を


ゴダイゴの『ビューティフル・ネーム』懐かしいですね~昨日は本屋で姓名判断やら名付けの本を立ち読みしてきました(笑)


中でも「名字に合う名前」(画数も含めて)というのがあり、旧姓は見つからなかったのですが(読みはあっているけど字が違う)今の名字はアッサリ簡単なのですぐ発見しました( ̄ー ̄)


男の子の名前だと、裕次郎とかまぁ普通(?)のもありましたが「なんじゃこりゃ!?(((・・;)」もあったのでご披露しませう~!


丁斗(あつと):出前一丁を毎日食べてる子どもになりそう!!名前が@とマーク化しそう(笑)


椋椰(りょうや):椰子の木に毎日登りそうだし読めない気がする(-_-;)


影起(かげき):影をなくした男みたいでホラーな感じが(@_@)


蕉真(しょうま):芭蕉の句を愛するおやぢみたい!!


女の子の場合もかなり笑えます。


摩畝(まほ):畝山に引きこもってあやしい術を会得しそう!


智寛(ちひろ):賢い気はするけど融通がきかなそうで、男の子っぽいぞ。


富夕華(ふゆか):春生まれでもふゆか?…ああ、寒い!!お金持ちっぽいけど日本酒の銘柄みたい。


舞夏(まいか)凛夏(りんか):夏生まれの双子とか姉妹のイメージ!


あの…この漢字の名前の方がいて、不快に思われたらスミマセン!!あくまでも、ワタクシ個人の感想ですので、お許しを(´Д`)



rohengram799 at 00:08|PermalinkComments(13)

2011年06月24日

ひつじ雲便り452:小説の中の「私」

以前、第349号:今日から山田…!?で名前について書きましたが、皆さまは自分の名前が登場するドラマとか小説とか見たこと、読んだことがありますか?


ここでの名前は「俗な名前だ」と言われても仕方ないくらい(笑)あちこちでみかけますが、私、自分の名前が出てくる作品に出会ったことがなかったんです~ええ、昨日までは!


いや~ん、自分の名前発見!!とウキウキ気分でとある小説を購入し、読み進めたものの…あまり嬉しくない展開に(-_-;)「今日一日何してたの?」なんてかつてダンナから言われていたセリフだよ…(´д`)あらすじを読んだ時点で薄々感じていたけれど、ここまでそんな…な展開(T_T)


ただ、ほぇ!?とビックリしたのが、彼女の出身地が山梨県甲府市で、関係ある男性の名前が字は違うけれどダンナと同じだったこと(((・・;)


それと最近、忘れ物のカードを拾ったのですが、記入されていた名前が私が好んで使っていたペンネームと漢字まで同じだったんです!!コレには驚いて、何度も確認しちゃいました(笑)あ、ちゃんと届けましたよ!


私のダンナや子どもたちの名前はよくみかけますが、実家の両親や兄の名前をみることはないんですよね~兄の名前は字が違うパターンが多いですが。

rohengram799 at 01:25|PermalinkComments(8)

2010年07月27日

ひつじ雲便り139:サクラさくさくパンダ

さくさくパンダはお菓子の名前ですが(笑)、来春、上野にパンダがやってきますね(*^^*)


東京都は26日、中国野生動物保護協会から、ジャイアントパンダ゙のつがいを借り受ける協定書に調印しました! 4歳11カ月のオス・比力(ビーリー)と、5歳のメス・仙女(シィエンニュ)の2頭。 上野動物園(台東区)で来年の春休みの公開を目指し手続きを進めるそうです。


新しい日本名は公募されるそうなので、皆さまも考えてみては!?


rohengram799 at 08:19|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ