名字

2019年06月14日

林鐘雲便りNo.12:お仏壇

毎月27日 は「仏壇の日」だそうですが、ニュースで秋篠宮さまが滋賀県で彦根仏壇なるものをご覧になったというのを見聞きして、はて、仏壇にもそんな流派のようなものが?と思ったワタクシ、検索したら思ったよりたくさんあってビックリしました。


https://shikinobi.com/butsudan-2



仏具もいくつか紹介されていますが、私が今までで一番 Σ(゚∀゚)となったのは鳴り物の「引磬」ですね。形状ではなく読み方にビックリ……人前ではちょっと……!「引金」と書いたりします。ひきがね、とは読みません。……良い子は深く考えないのかもしれない (;´д`)


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/hotokenomichi/entry-11813063284.html%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAa332KOosPna0QE%253D





関係ないけど「ひきがね」と打ち込んでいて、世良公則&ツイストの「鉄爪」を思い出した私は昭和のおやぢ……「太陽にほえろ」の世良さんはあんまり好きじゃなかったけれど、薬師丸ひろ子ちゃんの「Wの悲劇」での役は好きでしたわ。映画も主題歌も好き (*´ω`*)


https://sp.uta-net.com/movie/3780/




薬師丸とか世良という名字の知り合いもいないけれど、山口県や福岡県には「蘭光」さんという名字の方が多いとか? 「らんみつ」さんと読むらしい。きらびやか✨



rohengram799 at 14:50|PermalinkComments(2)

2013年11月08日

わた雲便りNo.8:月見里の小説家

♪最後の最後まで恋は私を苦しめた……コレはちあきなおみさんの名曲『夜間飛行』でありますが、例のナンパなおばさんと同日シフトが終わりました~ちょっと親しく声かけして下さるお客様には「いじめられたから辞める。担当者がひき止めてくれなかった」などと言っていたそうです~こんな思考回路だから誰も引き留めるワケがない!スタッフからは「最近ますますやる気がないね」と言われるくらいの態度だったし…。人件費削減したい会社側からしたら「自分から辞めてもらうのはありがたい\(^^)/」が本音だったでしょう。

お話は変わりますが、この前いつもと違う本屋で「名字と家紋」とかいう、ウチの父が存命なら絶対買ってるな!という雑誌を立ち読みしてきました。描きやすい家紋もあれば、あまりにゲイジュツ的なデザインもあり……閉店までの2時間、たっぷり楽しんできました(笑)

名字も「小鳥遊」は『WORKING!!』の効果もあったのか(゜゜)小鳥は弱いため、ゆっくりと遊ぶことができない。しかし鷹のような強い鳥がいなければ、安心して遊ぶことができる…ということで「たかなし」!と理由もバッチリ答えられる人が多い気がします。

あと以前に「月出里(すだち)」という地名について書いたことがありますが「月見里(やまなし)」という名字があった(@ ̄□ ̄@;)!!理由は「山がないと月が見える」から……ああ、そう…とちょっと脱力感…山と月の組み合わせも悪くないのにね(^∇^)

「栗花落(つゆり)」とかは落花生の親戚みたいに思えてしまいますがヾ(--;)もしもどこかで呼び出されたらちょっとハズカシイ系なのが「勝宮流(まさぐる)」……字面は剣豪っぽいのに「まさぐるサ~ン」と呼ばれたら視線が集中しそう(///∇///)

そして「小説家」と書いて‘こごとのや’と読むのもスゴい!「コゴト」ときくと「お小言」で)人をとがめる言葉とか不平をブツブツつぶやくって感じですが、この場合は言の葉を積み重ねる、紡ぎ出すイメージですかね~?あと、会って話すことを「目言(めこと)」と言うそうです。「目は口ほどに物を言う」ではなくて、目を見て話すという……相手を恨みがましい目で見るのが得意なワタクシにはふさわしくない言葉ですわ( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 12:59|PermalinkComments(3)

2012年11月08日

サバ雲便りNo.8:エイトマン(^o^)/

今日は8日の木曜日…なのに金曜日のような気がして仕方ない1日でした。「月月火水木金金!」みたいにぶっ通し働いてもいないのに~はぁ、このところ本当にやる気がなくて(-_-;)


そんなワタクシ、そういえば「エイトマン」とかいうヒーロー(?)がいたような気がする!!と突然思いたち、カチカチとケータイで検索開始!!「えいと」まで打ち込んだら予測候補の文字に「頴娃と」という今まで見たことのないモノが出てきました!!何なのかしら…と予定変更ですφ(..)


「頴娃」は「えい」と読むのですね。鹿児島県に無人駅がありました。南九州の方ではわりとポピュラーで読めるようですが、関東の人間にはちょっと読めないかもしれない。私なんて、最初「カエルなのかしら」と思いました。大変失礼なヤツでごめんなさいm(__)m


ヤフー知恵袋に苗字の由来などについての詳しい説明がありましたので、ぜひ読んでみて下さい。自分の苗字を大切にすることは、故郷を大切にすることでもあるのですね~寝る前に良い勉強をしました!!


http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1493430019




rohengram799 at 22:46|PermalinkComments(13)

2012年09月14日

あかね雲便りNo.149:招待状

夜中の地震には驚きました!!私はトイレに起きたところで、急に大きな音がしたのでダンナが押し入れかタンスにゴン!!と寝相が悪くぶつかったのかと…(-.-)「テレビ、テレビ!!」とダンナが叫んでいましたが、しばらくは「?」でした…私、大丈夫でしょうか(--;)


沖縄にまた大型台風が接近しているとか……よくテレビの中継で飛ばされそうになりながらアナウンサーがしゃべっていますが、アレは危険なので止めるべきですね。


さて、私は今『三月の招待状』(角田光代)を読んでいますが、離婚式の招待状から話が始まります。離婚式…一般的になってきたのでしょうか? なんか仕掛人がいて、それに乗っかっているみたいで、私はあまり良い印象はないのですが(´д`)


「招待状」って言葉自体は好きですね~なんかオシャレなカードが手元に届く感じです。今の時期だと結婚披露宴のが多いでしょうか?


以前、ダンナに届いた招待状は、新郎・新婦の名字が同じで、住んでいる場所(実家)同じマンションの別の棟で……本当にこういうカップルってあるんだ!!と思いました(゜□゜)


女性からすると、自分の名字が変わらないのはどうなんでしょう?今の名字がキライだから違う名字になりたい!!という人もいるでしょうし、中には本人より名前が気に入って結婚した…なんて人もいるみたいですからf(^^;


そう言えば、上戸彩ちゃんが入籍しましたね。『金八先生』や『エースをねらえ!』『あずみ』のイメージが強いので、もう27歳で奥さまになるなんて、不思議な感覚です(笑)



rohengram799 at 20:47|PermalinkComments(11)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ