図書館戦争

2015年10月31日

暁雲便りNo.14:本を積むひと~10月の本棚

今年の文化功労者のひとりに作家の皆川博子先生が! 85歳なんて思えない作品の若々しくみずみずしい感性、特に乙女心の描き方とかすごいなぁと思います。耽美もホラーも美少年も美少女も歴史物も現代物もなんでもOK!な先生、いつまでもお元気でこれからもステキな作品を世に送り出してほしいです~今日はずっと積ん読だった皆川先生の『少年十字軍』を読むぜぃ( v^-゜)♪



今月の最後の一冊は『アッティラ!』(籾山市太郎)という本でした。アッティラというのは(Attila、406年? - 453年)フン族とその諸侯の王のことらしいです。歌劇とかにもなっているらしい……造語だと思って面白そう!と思って買いました(^^;) 他2編の短編集なのですが、どの作品にも音楽が絡んできます。難しく考えずにシンプルに人と付き合えばいいんだよなぁ、でもそれはなかなか難しいんだよなぁ…と思いました。



この前、ダンナと映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』を観てきました。恋愛メインみたいな前評判を聞いていたので、正直それはちょっとなぁ……でしたが、ベタベタ感は少なく、むしろ小学生みたいだ~( 〃▽〃)な微笑ましさ! ラストは「もぅ~岡田くんたら!」でしたわ。戦闘シーンが前作より激しかったんですが「スナイパーの癖に腕が悪い」とか「そこを止血するか~?」とか観賞後、ダンナとツッコミどころを確認しながら感想を言い合いました(笑) 原作は読んでいないのですが、来月は揃えて読もうかな?



『石を積むひと』は映画『愛を積むひと』の原作。映画を観た後すぐに買ったのに読むのが遅くなってしまった……。映画は舞台をアメリカから日本に移して、息子との確執を娘にしたりでしたが、うまくまとめていたな~と思います。北海道美瑛の四季がとても美しくて……人付き合いがうまくないダンナと社交的な奥さん。奥さんを亡くした後の佐藤浩市のやもめがたまらん!でした。原作の親父は高齢でしたので、三國連太郎をイメージして読みました(^^;) ラストは違いましたが、どちらの物語もよかったと思います。私は好きです。



先月に比べて今月はたくさんいろんな本が読めて満足しました。まだあちこち積ん読状態なので、年内にはなんとかスッキリさせたいところです(^。^;)



今月もお付き合いいただき、ありがとうございました。また来月も(4日に更新予定)どうぞよろしくお願いいたします。





続きを読む

rohengram799 at 22:38コメント(12) 

2013年04月30日

ヒコーキ雲便りNo.25:4月の本棚

日付がかわり、今日は30日…仕事いきたくない(-_-;)


昨日はダンナと『図書館戦争』を見てまいりましたっ!!ハズレかも…と覚悟していたのですが、思っていたより良かったです。原作を絶対読もう!!と思いました(笑)恋愛物にしたいのかどっちつかずの感じで内容にくどいところもありましたけど。そして、自分でもビックリでしたが、泣いてしまった……!!


本がぎっしりつまったコンテナがヘリコプターに吊り上げられるシーンがあるのですが「あの中にあるのはただの紙じゃないんだよ、書いた人たちの魂が入っているんだよ…神様が降りてきたみたいにスラスラ言葉が出てきてサラサラサクサク書き上げる人もいるかもしれない。でもその一言のために何日も何日も悩んでようやく出てきた言葉もある。そしていつかその言葉を待っている人たちと逢える時を長い年月をかけて待っている本だってあるんだよ~その出逢いの機会も奪うのか、お前たちはぁ~!!」って感じで……読者としても書き物をする立場としても本当に本を乱暴に扱い、捨てるだけでなく焼くなんて許せない!!自分の大切なものを護ろうとして命をかけている人たちがいるのだっなんだか涙が出ました(T-T)「別に本なんか読まなくていいじゃん」という考えの人たちもいると思いますが、あんな世界はまっぴらですわ!!


帰りに本屋にいきましたが『図書館戦争』文庫の中古はなかった~そのかわりといってはなんですが『古本屋探偵登場』(紀田順一郎)なる本を買ってきました(笑)あとずっと探していた『オルゴォル』(朱川湊人)があったので迷わず購入!!今月の本棚のしめくくりはコレになります。


東京に住む小学4年のハヤトは同じ団地に住むおじいさんの“一生に一度のお願い”を聞き入れ、春休み中に鹿児島まで旅をします。途中、離婚したお父さんのいる大阪に行ったら再婚相手がいて妊娠中~オイオイ、きいてないよぉ…!!ここで知りあったばかりのサエさんと広島経由で鹿児島へ。原爆ドームや資料館など実際に目で見てわかったたくさんのこと、まわりの大人たちと話して知ったそれぞれが抱えている複雑で大切な気持ち。そして託されたオルゴールをめぐる物語。ちょっと詰め込みすぎかな~という感じはしましたが「かわいい子には旅をさせろ」って納得!!なお話でした。


4月の本棚は次ページです。『罪と罰の果てに』からはちゃんと読んだ順番になっています。「さくら」満開の本棚の予定が全く違ってしまいました('~`;)


続きを読む

rohengram799 at 00:05コメント(13) 

2010年10月11日

第292号:子どもに怒られた(~_~;)

昨日買った「レインツリーの国」、サクサク読めてしまい、あと少しだから~とゴハンを食べながら読んでいました。「ゴハンの時はゴハンを食べる!!オレでも、もうやらないよ(´д`)」と上の子どもに怒られました…(T-T)


私、この仕事になってから、モノを食べながら本を読むのが習慣になってしまって、家でもお菓子食べながら、コーヒーのみながら~なので、ひとさまから本は借りれません…汚す可能性大!!なので(--;)


さて(笑)レインツリー…の作者有川さん、あとがきで既婚女性であることがわかり、ほぉ~♪はよいのですが、あらためて「そうだよ、有栖川有栖さをじゃないんだよ~」と思いました(笑)決して混同していたわけではないのですが、どこかでひっかかっていたのでしょう。そういえば、有栖川宮を名乗ったサギ事件がありましたが、あの人たちはどうしているんでしょうか?


話をもどして…有川さんが『図書館戦争』の作者とも知らず、読んだ本が図書館戦争がらみの本だとわかり、コレは『図書館戦争』を読まなくては!!と思いました!!アニメになったのは知っているけれど、それほど興味がなかったので(((・・;)本から本へ…いろんな出逢いが拡がります♪




rohengram799 at 15:28コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード