堀辰雄

2017年01月22日

夢雲便りNo.14:戀の窓

昨日は休みだったので、のんびりダラダラ過ごしました。しかし、午後買い物に出掛けたら、本当に一部の範囲だけミゾレに近い雨が降って、ビックリしました。大気が不安定ってこういうことをいうのかしら?と思いましたよ~その辺は青空になりました(((^^;)



仕事帰りなど、電車やバスを待ちながら、イマイチ自分でも記憶ないのですが、いくつか無料の本をダウンロードしているらしく(;゜゜)……リルケの『窓』がライブラリにありました。短編なのかと思っていたら、散文詩だったみたいです。Kindleでなくても「青空文庫」「リルケ」「窓」で検索すると、全部読めると思います。私は「Ⅴ」の文章が好きです。




窓よ、お前は、どんなものでも
何んと儀式めかしてしまふのだらう!
お前の窓枠の中では、人は直立不動になつて
何かを待つたり、物思ひにふけつたりする。

そんな風に、放心者うつけものだの、怠け者だのを、
お前はよくお小姓のやうに立たせてゐる。
彼はいつも同じやうな姿勢をしてゐる。
彼は自分の肖像畫みたいになつてゐる。

漠とした倦怠にうち沈みながら、
少年が窓に凭もたれて、ぼんやりしてゐることがある。
少年は夢みてゐる。さうして彼の上衣を汚してゐるのは、
少年自身ではなくて、それは過ぎゆく時間なのだ。

又、戀する少女たちが、窓に倚つてゐることもある。
身じろがずに、いかにも脆さうに、
あたかもその翅の美しいために、
貼りつけられてゐる蝶のやうに。




訳は『風立ちぬ』で有名な(私は読んだことがない)堀辰雄さんです。漢字が読めない‼みたいなのもありますが、「恋」より「戀」の方がトキメキの度合いが違う気がするします。しかし、なんと美しいのか・・・やはり、リルケ詩集は女学生が持つにふさわしいですねぇ~! 必ず胸がキュン💖とするフレーズがあるはずです😆😆😆




この『窓』を読んで、谷山浩子さんの歌う『窓』を思い出しました。



♪教室の窓から見る秋は いつも不思議に光ってた
北向きの窓のすリガラス ギリシャの海も見えた……


そして、サビの部分がまたたまらないのです。


♪やさしい時代を置き去りに やがて街へとび出した僕には 教室の窓がもう見えない
夢の行き場がどこにもない



もう、少年ではいられない。かといって、あきらめをさとりと言い換えるような大人にもなりきれない・・・メロディと歌声がまた切なくもどかしいのです。YouTubeの画像貼り付けとかわからないので、興味を持たれた方は検索して聴いてみてくださいませ。




民法改正で結婚出来る年齢を男女ともに18歳にしようという動きがまた(?)あるとか・・・今は初婚の平均年齢が男女とも30歳前後になっているようですが、急いで結婚して本当にずっと長く生活を維持出来るのか、気になりますわ。准高齢者にはまだ早い年齢の親をアテにしているのかしら?



まだまだ寒い日が続きます。皆さま、お身体に気をつけて下さいませ😃💕




rohengram799 at 00:06コメント(4) 

2012年08月30日

あかね雲便りNo.133:そろそろ旅に

♪風立ちぬ 今は秋
今日から私は 心の旅人


秋にはまだ早いですが~私はいつも無限の宇宙をさまよう旅人(^-^)v今日は『そろそろ旅に』(松井今朝子)を持ってきました。弥次・喜多コンビでお馴染みの『東海道中膝栗毛』を書いた十辺舎一九を主人公にした長編小説ですが、その『東海道中膝栗毛』が生まれる直前までしか書かれていないらしい……膝栗毛自体を読んだことがない私にはどうでもいいや(~o~)


「旅はどこに行くかではなく誰と行くかで楽しさが決まる」とか言いますが、新婚旅行にもいっていない私はダンナとのふたり旅は…ケンカが多そうなので行きたくない…私は美術館とか見たいタイプですがダンナは違う気がする(--;)


話は変わりますが、最初の歌は聖子ちゃんの『風立ちぬ』~歌詞に「首に巻く赤いバンダナ もう泣くなよとあなたがくれた」という部分があるのですが、赤いバンダナって仮面ライダーか!!と思ってしまいました。彼が首にまいていたのをお別れにくれたのか、普通にプレゼントしてくれたのか…どちらにしてもワンちゃんへのプレゼントみたいに思うのは私だけでしょうか…( ̄▽ ̄;)


同名の堀辰雄の小説がありますね。ダンナは読んだことがあるみたいですが、私は未読…イメージは「高原のサナトリウム」~いつかきちんと読まねば(笑)




rohengram799 at 17:32コメント(18) 
記事検索
月別アーカイブ