夏の庭

2013年07月24日

入道雲便りNo.5:アスパラさんの庭

大暑の昨日、東京では激しい雷雨があったとか…今日は涼しく、なんだか目まぐるしい天気の変化についていけません(--;)

ついていけないといえば…スタッフのやる気があるのかないのかわからないガーデニングもどき、朝の水やりはしていないようです。最初に水やりをすると決めた人たちは知らん顔みたいで…。そして空いているプランターにコスモスを植えたと聞いたのでチラリと見たら、土が……泥団子作りに最適!!みたいな粘土質たっぷりの土に見えるんですが…今、プランター用の土や肥料とかありますよね?毎日、いろいろな意味で刺激的な職場です(´д`)

ガーデニングつながりではありませんが、昨日は『きじかくしの庭』(桜井美奈)を読みました。同じクラスの彼に突然フラれた亜由(しかも新しい彼女も同じクラス)は担任の田路と荒れ果てた花壇にアスパラガスを植えます。彼女が卒業した後も、ちょっとした誤解から、仲たがいをしてしまった女の子たちや、家でも学校でも自分の居場所を見つけられずに留年してしまった女の子などがその花壇にやってきて、アスパラガスを育てます(笑)田路も学生時代からの恋人で今は友人になった彼女のことを引きずりながら教師を続けていて……女子校でなくて共学なのがいいかな?いい加減な教師ですけど、このくらいサバサバしていたら人気があるかも。重苦しくなく、ドロドロ感もないのですが「フジテレビでドラマにしそうな学園物語」と思ってしまった( ̄▽ ̄;)

さて、タイトルの「きじかくし」はアスパラガスのことで、成長すると細かく切れた葉に見える枝がキジが隠れることができるほど生い茂ることが由来だそうです。江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にやってきたものが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代から。欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりだったそうです。私はアスパラガスというと、この缶詰の白いのしか知らなくて、小学生の時に通学路の途中のビニールハウスだったかな~ワサワサとした緑の葉っぱの大群を「アスパラガスだよ」と教えてもらった時には「?」でありました。実は今でもアレのどこからスーパーで売っているグリーンアスパラガスになるのかわかりません(-.-)種類が違うのかな?

そして「ワイルド・アスパラガス」というのもあるそうですね。日本では「アスパラガス・ソバージュ」とフランス語名で紹介されているとか…ワイルド・ストロベリーは聞いたことがありましたが、アスパラガスも「ワイルドだぜ~」だとは!!どんなものかはこちらのブログでご覧下さいませ。確かに…ワイルド……一瞬、猫じゃらしかと思ったのはここだけの話で(((^_^;)

《Wild Aspargus ワイルド アスパラガス》
http://kazahana09.exblog.jp/10807973/

「庭」のつくタイトルの小説だと、私は『万寿子さんの庭』や『夏の庭』が好きなのですが、他に「コレもいいよ~!!」な作品がありましたら教えて下さいませ。


追記:こちらのアスパラさんたちもご覧下さいませ!
http://welkom.blog65.fc2.com/blog-entry-507.html




rohengram799 at 09:50コメント(3) 

2013年05月18日

ヒコーキ雲便りNo.40:ぷりんぷりん物語

NHKの人形劇『プリンプリン物語』懐かしいですなぁ…私はもちろん「火星人」が好きでしたが…って今日はそのプリンセスなお話ではなく、おやつの定番プリンのエピソードが心にしみた一冊『ボーイズ・ビー』(桂望実)のお話であります。私は読んでいないし映画も見ていないのですが『県庁の星』の作者なのですね。


母親を病気で亡くした12歳の隼人はある日、弟が通う絵画教室の近くに仕事場を構える70歳の靴職人、栄造と出会います。このジイさんは大変なヘンクツ野郎なのに真っ赤なアルファロメオを乗り回す!! 母親が亡くなったことを理解できない弟のために頑張るお兄ちゃん、消防士のお父さんはみんなのために頑張っているのだから僕だって……せつなすぎる~お父さんは妻の双子の妹に面倒をみてもらえば「さみしくないだろ?」みたいに安易に考えているところもあって「オヤジ、しっかりしろよ!!」と怒鳴りたくもなる(´д`)。何の共通点もない2人が出会い、とまどいながらもまわりの人たちともふれあい、会話をかわしながら相手を思いやることを学ぶ……お鼻がツーンとなる短編です。以前『夏の庭 The Friends - 』(湯本香樹実)を読みましたが(映画も見ました)いつかこのおじいさんたちとも別れなくてはいけない時が来る……その時までずっと「友だち」でいてね、そう思いました。


弟くんが亡くなったお母さんの病室に学校帰りに立ち寄る場面とかも印象的なのですが、私が一番せつなかったのがお母さんが作ってくれたプリンを再現してみよう!!のエピソードです。じいさんの住むアパートに料理教室を開くというドイツ人女性ワルターさんにレシピをもらい、挑戦してみますが失敗。彼女に作ってもらったけど「お母さんのと違う」……お掃除おばちゃんからスーパーに売っている冷蔵庫で固めるタイプの話をきき、再チャレンジ。それはお母さんのプリンだった。手間なく「ちょちょい」と出来た…でも。


『特別なものだった。美穂が作るプリンは隼人と直也にとって。母さんの手によって魔法がかけられて、目の前に現れるように思っていた。それが僕でも簡単にできるものだった。母さんが特別ではなくなったようで、気落ちした。母さんが薄っぺらになった気がした。僕たちへの愛情も手軽なものだったように思えて、胸が締め付けられていく。』


少年……気落ちしないでくれよ!!手抜き母さんの私が言っても言い訳だろうが、もしかしたらお母さんはすでに具合の悪い時だったかもしれないし、蒸しプリンの作り方とか知らなかったかもしれない。チャレンジしたけどうまくいかなくて、だったら手早く出来て美味しいものを…と探して選んでくれたのかもしれない。キミたちのためにそれを選んでくれたこと、それを作ってくれたこと、お皿にポンッ!とひっくり返してキミたちの前に「どうぞ♪」と置いてくれた時……どんな時だってお母さんはキミたちのことを思って行動していたはずだから。キミたちの笑顔に元気をもらっていたはずだから…頼むよ、少年(T-T)


作者自身の創作エピソードはコチラです。


http://nozomi-katsura.jp/books/boysbe.html





rohengram799 at 14:00コメント(10) 

2011年06月05日

ひつじ雲便り442:春のオルガン

今『春のオルガン』という短編小説を読んでいます。『夏の庭』が有名な湯本香樹実さんの作品。


ですから今日はオルガンの話でも~と思い、カチカチしたら「なんだ、こりゃ!!」というくらいいろんな音楽関係の話がとびかい…軽々しく思ってすいませんでしたぁ!!な気分になったので、私の幼い頃の思い出でも(((^_^;)


私も一時期オルガンを習っていました。なぜピアノではなくてオルガンにしたのかわかりません(((・・;)小学校一年の時で、近所の男の子と数ヶ月ばかり習い、お察しのとおり飽きてやめました(--;)


オルガンは完全な荷物置き場になっています…ごめんね(;_;)


オルガンは、幼稚園や小学校のイメージです。ピアノだと高貴な感じの「お嬢さま」ですが、オルガンだと「隣のお姉さん」的な親しみやすさを勝手に感じています。


曲も『春の小川』とか『おぼろ月夜』なんかは断然オルガンでしょう~情緒というか風情が違います。『赤とんぼ』もピアノだとなんかものすごく貴重な品種が飛んでいるような( ̄▽ ̄;)


近くのキリスト教系の大学には、パイプオルガンがあるらしく、コンサートのチラシもみますが、一度も行ったことがありません(笑)



rohengram799 at 19:39コメント(16)トラックバック(0) 

2010年10月04日

第285号:『しんゆう』

サングラスマン様のブログ『親友』の文字に、この前番組欄でみた《神友》を思い出しました。


中学生日記のタイトルだったのですが、きっと「しんゆう」とふりがながつくんでしょうねぇ(-.-)


しかし『神友』とはなんぞや?


漫画の『聖☆おにいさん』(セイントと読みます)かブッダとイエスの関係ですか?


2007年から講談社の漫画雑誌『モーニング2』で連載中でおもしろいですよ~♪


宝島社「このマンガがすごい! 2009」オトコ編1位作品で、2009年、手塚治虫文化賞短編賞受賞した作品。


ブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようと、日本の東京都立川の安アパート(風呂なし・ペット禁止)の一室で「聖」(せい)という名字で暮らすという設定で描かれる日常コメディです。


話がズレましたが(((^^;)


「親友」「心友」「神友」とレベルアップするのか!?とツッコミたくなりますね(笑)


中学生くらいだと、やっぱり「親友がいないと…」と思って焦ったりするのかな~(・・;)


親友といって思い出すのは『夏の庭』という本と『がまくんとかえるくん』シリーズと『銀河英雄伝説』(ロイ&ミッちゃんの方)漫画だと『摩利と新吾』かなぁ~φ(°°)ノ°


ワタクシのこと…!?


フッ…大人は《孤独》が心の友よ…(T-T)




rohengram799 at 01:07コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード