備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:夢幻

「夢幻」という詩をさがしていた時に見つけた「夢幻泡影」という 四字熟語。読み方は「むげんほうよう」といありました。


人生がきわめてはかないことのたとえ。夢・幻・泡・影は、いずれもはかないものであることから。「泡影」は「ほうえい」とも読む。


出典の「一切有為法いっさいういほうは夢幻泡影露雷むげんほうようろらいの如ごとし」によるとのこと。『金剛般若経(こんごうはんにゃきょう)』何ですか一生縁がない気がする。類語に「泡沫夢幻(ほうまつむげん)」。



私の頭の中では「無限抱擁」で、クリムトやシャガールの恋人たちの絵が浮かんできますわ。


墨でぶわっ!とこの言葉が書かれた色紙があったら、買っているかも(笑)






こちらの記事もどうぞ。癒されて下さいませ。

https://7mori.net/about/




【追記】

青空文庫 外村繁「夢幻泡影」
https://www.aozora.gr.jp/cards/001499/files/51278_51580.html


ありがとうございます(*^^*) 今回の通信で30号になりました!!


毎日毎日、もう書くことがないよ~(ToT)と思うことも多かったのに、それなりに話題が見つかり、それを調べているうちに、また新たなお話の種があった♪というように(言葉は悪いですが)いもずる式にいろいろなモノを発見出来るようになってきました。


皆さまへのおみやげとして十分なものが用意出来ているかわかりませんが、私はこれからもムゲンの海を旅して行きたいと思います。


「夢幻は無限」!!
よろしければ、これからもどうぞお付き合い下さいませ♪


……でもご挨拶だけでは(´д`)と思っていたら、ちょうど「めるへんの種」がやってきました(((^^;) 『星と森と絵本の家』東京・三鷹市の国立天文台の敷地にあるふれあいの場で、昨年オープンしたようです。三鷹なんて、都内で仕事をしていた時でさえ、一回しか降りたことがないので、天文台についても、まったくわかりませんが(((・・;)お近くの方は、これからのおでかけリストに加えて下さい♪


☆星と森と絵本の家☆
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/





↑このページのトップヘ