太陽がいっぱい

2011年12月12日

第647号:太陽がイッパイいっぱい♪

このところ晴天続きで喜ばしいことです~下の子など就活中なのですが、くたびれた中年サラリーマンのように「やっばりさぁ~こう太陽の光がさしこんでくるっていいよねぇ」としみじみ言っておりました。夏は夏らしく、冬は冬らしく…が本当はよいのでしょうが、この冬は穏やかであってほしいと思いますね。


今日は階段を降りていたら「ん!?」な衝撃があり、揺れている…地震だ!! 部屋にいてもイヤですが、階段とか恐ろしいですね。特に判断力の鈍い私は危険…ゴルゴ13 のように常にどんな状況でも「生きる」ことに執着せねば!!と思いました。


ところで、私は『太陽がいっぱい』ではなく『太陽がイッパイいっぱい』という小説を読んでおります。


『太陽がいっぱい』だとアラン・ドロンとかあのテーマ曲を思い出す年代と光GENJIを思い出す年代とにわかれるのでしょうか?ちなみに私は大沢くんが好きでした!!


話は…バイト先の解体現場に人生のリアリティを見出だした大学生のイズミくんと彼のまわりのハンパない仕事仲間との日々あれこれ(((^^;)


馴染みの定食屋でのお昼ご飯に、仕事終わりの一杯!!くだらないアホアホ話の数々…酒飲みになれないワタクシには現実には存在しない空間なのですが、この小説を読んでいる間は私もコップ酒をひっかけるガテンなおやぢになっております!!


仕事をする前に円陣を組み、全員その真ん中にニュッと右拳を突き出して一斉に「ご安全に!」と叫ぶ!!なんかよくないですか~ただ担当箇所や手順を指示されて、じゃ事故のないように気をつけて…なんて言葉ではなく「ご安全に!」なんて素晴らしすぎる(^3^)/こんなことに感動するのは私だけでしょうか?


「ああ、本を読む楽しみってコレだよね!!」なんて思います。「職業選択の自由~あははぁん」なんてありましたが、物語の中ではいろんな仕事に就けてバリバリ肉体労働できちゃう!!レベルを上げてダーマ神殿まで行かなくてもいい( ̄ー ̄)


ワタクシ、アタマの中が♪太陽がいっぱい~な状態なのでこの辺で失礼します~また明日(^.^)




rohengram799 at 19:27コメント(13) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ