空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:太陽がイッパイいっぱい

4月になりました。今月はどんな名称にしようかと4月の意味を調べていたら「鎮月(ちんげつ)」なる文字を見つけました。意味は書いてなかったのですが、鎮花祭ってあったなぁと思い、それにいつものように「雲」をつけて「鎮月雲便り」にしました。


鎮花祭(ちんかさい)は「はなしづめのまつり」とも言われる、宮中では平安時代から行われているお祭り。 桜花の散る頃から初夏へと季節の移り変わりが激しく、疫病の流行する時期に当たり、疫病の霊を鎮め心身の健全を祈願するものだそうです。

心身の健全……本当に気をつけていきたいです。


「鎮」を人名に使うこともあるのですね。読み方などについてはコチラを。
https://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?entryid=47



タイトルの「Glück auf(グリュックアウフ)」は「ご安全に」の由来とされている言葉です(*) 私は『太陽がイッパイいっぱい』を読んだ時に「ご安全に!」を知りました。
https://bookmeter.com/books/486650



皆さま、今月も「ご安全」に! またよろしくお願いいたします (っ・ω・)っ


38-300x259



【新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~】
http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html


(*)https://www.ecoo-online.jp/employee-column/iron-scrap/20190425/

♪黄色と黒は勇気のしるし 24時間戦えますか~リゲイン、リゲイン、ぼくらのリゲイン
アタッシュケースに勇気のしるし はるか世界で戦えますか ビジネスマン ビジネスマン ジャパニーズ ビジネスマン


この歌が巷に流れていた時代、イケイケで何でも出来ちゃう、やっちゃうよ!という無謀な勢いがありましたね。今回改めて歌詞を読んだら「有給休暇に希望をのせて」とか「年収アップに希望をのせて」とかありました。そしてセリフも!! 「話がちがうじゃないか。ルールを無視した商談のすすめ方、私には許せん! YESか、NOか、ハッキリしてもらいたい」……「NOと言える日本人」とかもありましたねぇ。



『人は、生きるために働いている。だから、仕事で死んではいけないんだ』

 
沢村凜さんの『ディーセント・ワーク・ガーディアン』を読みました。 タイトルの「ディーセント・ワーク」とは、国際労働機関(ILO)が21世紀の目標として掲げるもので、作者は作中で主人公に「まっとうな」働き方という日本語訳が一番ぴったりすると言わせています。県庁所在地である地方都市の労働基準監督署に勤める主人公の三村全(たもつ)が、かつて同級生で同じ地元の警察署の刑事・清田と組んで、企業内で生じた事故や、その背後にある事件の真相を探っていく、6話連作短編集です。『ダンダリン101』という(原作:とんたにたかし・漫画:鈴木マサカズ)ドラマにもなったマンガがありましたが、労基官を扱った作品はめずらしいかも。


工場などで死亡事故が起きた場合、業務上過失致死で捜査するのが警察であり、労働安全衛生法違反で捜査するのが労働基準監督署の監督官。とはいえ事故はあってはならないもの。彼らの本分は事故の防止。工事現場からIT企業まで、人の働く場である限り主人公の三村は「柵の高さは十分か」「残業を強いていないか」など、監督また指導します。


零細の建設下請け会社の作業現場で起きた死亡事故では雇い主の安全指導が不十分だったことや、雇用者自身が安全対策を安易に考えていたことに無性に怒りを覚えました。きちんとヘルメットを被ってさえいたら死亡事故にはならなかったし、それをこそこそ小細工した仲間たちも許せないというか……。印刷会社に勤める夫の毎日の帰宅が遅いのを心配し、監督署に長時間残業の疑いがあると訴えた妻に至っては、自分が浮気をしているのでダンナも浮気をしているに違いない!で探偵がわりかよ(`Δ´)な内容でしたが、いかにもありそうな問題、事件にウンウン頷き、これはいけない!と正義感に燃えたり一方で諦めたりしたり……。三村の家族問題も出てきて、これはいらない!という感想もありましたが、私は息子と会話する場面を入れたのはよかったと思いました。



読み終わってから、こんな熱心な監督官ばかりではないでしょうが、どこかで誰かが働いている自分の姿を見守っていてくれるに違いない、というような気持ちになりました。今は年中無休で24時間営業の店とかも当たり前ですよね。自分が楽しく遊んでいる時に働いている人もいるんだなぁ、と考えた時に、特に誰に対してというわけでなくても「お疲れさまです」「ありがとう」「身体に気をつけて下さいね」と思ってくれている人がきっとどこかにいるはず……そんな風に思いました。そして自分もどこかで働いている人たちに感謝しなくては……と。



私は例年通り30日まで仕事です。皆さまもどうぞお身体に気をつけてストレスをためずに、日々「ご安全に!」お過ごし下さいませ。




昨年末はいつまでも『太陽がイッパイいっぱい』が読み終わらず…年を越してから読み終わりました(((^_^;)


そして少し落ち着いてきたので、休憩時間での読書を再開!!第一作目は小路幸也さんの『東京公園』です。これが「今年は東京公演からスタートです♪」って宝塚とか舞台の観劇スタートならよりカンゲキィ~(^3^)/だったのですが…当分あり得ない事ですわ(;_;)


『東京公園』はタイトル通り、都内の公園がいくつか登場します。水元公園・日比谷公園・洗足池公園・世田谷公園・和田掘公園・行船公園・井の頭公園…。私が行ったことがあるのは日比谷公園ですが(会社の近くだった)お弁当を食べている人たちやベンチで寝ているサラリーマンなど園内の様子を「うんうん、そうだったよ~」と懐かしく思いました。


写真家を目指す大学生が主人公で、公園巡りは偶然出会った男性から「妻を尾行して写真を撮って欲しい」と頼まれたから…。小さい女の子を連れて、あちこちの公園を散歩をする綺麗な奥さん、大学生とアララな関係に!?なんて話にはならなくて(笑)なんていうのかな~文章が優しくて読みやすいです。「そんなヤツいないだろ?」と言い切れない魅力的な登場人物とエピソードがさりげなく描かれていて……。


印象的な言葉はいくつもあったのですが、私が好きなのはわりと早い段階で書かれたこの部分。


>「でもどれもまだ途中なんだよな」
僕より三つ上のヒロはよくその言葉を使う。まだ途中だと。/その言葉を僕は気に入っている。/まだ、僕たちは途中にいる。/それは常に歩いていないと、どこかへ向かっていかないと使えない表現だ。


ヘンな話ですが、ここを読んだ時に「“お金がないの”っていわないで“今貯めている途中なの”って言いなさい」と開運ナンタラの本に書いてあったのを思い出しました!!そっか~幸せなお金持ちになる途中なんだ~『クッキングパパ』でも目的の料理の途中の過程でも十分美味しいから「シチューでなく“トチュー”です(笑)」なんて言っていたような~来生たかおだって『夢の途中』を歌っているし…フム( ̄ー ̄)


家族小説でもあり、青春小説でもあり、恋愛小説でもあり……新年最初の本としては「アタリ♪」でとっても満足しました(*^^*)



このところ晴天続きで喜ばしいことです~下の子など就活中なのですが、くたびれた中年サラリーマンのように「やっばりさぁ~こう太陽の光がさしこんでくるっていいよねぇ」としみじみ言っておりました。夏は夏らしく、冬は冬らしく…が本当はよいのでしょうが、この冬は穏やかであってほしいと思いますね。


今日は階段を降りていたら「ん!?」な衝撃があり、揺れている…地震だ!! 部屋にいてもイヤですが、階段とか恐ろしいですね。特に判断力の鈍い私は危険…ゴルゴ13 のように常にどんな状況でも「生きる」ことに執着せねば!!と思いました。


ところで、私は『太陽がいっぱい』ではなく『太陽がイッパイいっぱい』という小説を読んでおります。


『太陽がいっぱい』だとアラン・ドロンとかあのテーマ曲を思い出す年代と光GENJIを思い出す年代とにわかれるのでしょうか?ちなみに私は大沢くんが好きでした!!


話は…バイト先の解体現場に人生のリアリティを見出だした大学生のイズミくんと彼のまわりのハンパない仕事仲間との日々あれこれ(((^^;)


馴染みの定食屋でのお昼ご飯に、仕事終わりの一杯!!くだらないアホアホ話の数々…酒飲みになれないワタクシには現実には存在しない空間なのですが、この小説を読んでいる間は私もコップ酒をひっかけるガテンなおやぢになっております!!


仕事をする前に円陣を組み、全員その真ん中にニュッと右拳を突き出して一斉に「ご安全に!」と叫ぶ!!なんかよくないですか~ただ担当箇所や手順を指示されて、じゃ事故のないように気をつけて…なんて言葉ではなく「ご安全に!」なんて素晴らしすぎる(^3^)/こんなことに感動するのは私だけでしょうか?


「ああ、本を読む楽しみってコレだよね!!」なんて思います。「職業選択の自由~あははぁん」なんてありましたが、物語の中ではいろんな仕事に就けてバリバリ肉体労働できちゃう!!レベルを上げてダーマ神殿まで行かなくてもいい( ̄ー ̄)


ワタクシ、アタマの中が♪太陽がいっぱい~な状態なのでこの辺で失礼します~また明日(^.^)


↑このページのトップヘ