契約

2018年01月16日

新光雲便りNo.10:タヌキ

『日本三名狸』というのがあるらしい・・・「日本三大○○」とか聞くけど、タヌキもあったのか~「名狸」というのがまたスゴい(笑)


http://s1nakagiri.blogspot.jp/2014/03/blog-post_26.html?m=1





狸寝入りとか狸親父とか言いますが、私の職場担当者もタヌキなのかキツネなのか・・・昨年9月に更新した契約書コピーが未だに手元にこないので(霜見雲便りNo.10:契約・・・コウカイ(・c_・`) 2017/11/11 に書きました)有休の件で本社に電話したついでにきいてみました。


「こちらには契約書があるのでお送り出来ますけど・・・」


請求しないとそのままってことなの? その後、契約内容について残って確認した電話が! なんだよ、今さら・・・と思ったら、私は社会保険加入を継続したかったので、1日の勤務時間が変更になる時には必ず週30時間以上で契約していますが(現在は8時間×週4日)「横に鉛筆書きで横にろ6時間で週4と書いてあったのでどちらかと思いまして・・・」 それじゃ週24時間で保険に入れないじゃないかぁ~そんな契約はしていないんですけど。6時間勤務の時には週5で契約してたし。



ナンなの、一体! この前は他店ヘルプの交通費が電車代ではなくガソリン代になっていて(電車代の片道分にもやらない金額だった)またこの日の時給も、ヘルプ店の時給(ウチより安い)になっていて・・・これも「なんで少ないの?」と疑問に思い、経理に確認してわかったし・・・。




断捨離おばさん退職に関しても、その後対処も全部こちらに丸投げの担当者(店舗に来たのは2ヶ月以上前)に、本当にウンザリ。店長からはやんわりイヤミを言われたし。新聞に「銀行員の転職希望が増加」とあったけど、私も常に違う職場へ、仕事を、と求人広告を見ています。



新年から日々イラつく私に恐れをなしているのか、気の毒人情感じているのか、毎日ダンナさんがコンビニでプリンやらケーキを買ってきてくれます。ありがたいのですが、仕事でやつれた感は全くありません! しかし、本屋さんで文庫本大量購入がやめられません~ 積ん読本が100冊をいったり来たりしていっこうに減らないです。



なるべく本屋さんには行かないようにしていますヾ(@゜▽゜@)ノ







rohengram799 at 07:32|PermalinkComments(4)

2017年02月14日

初花雲便りNo.11:みずてん

Kindleの無料版の積ん読(電子書籍も積ん読というのかしらん?)をせっせと読んでいますが、知らないことばとか聞きなれない表現が多く、ほー!となっています。


タイトルの「みずてん」は、漢字だと「不見転」と書き、意味は「あと先を考えずに行動をすること。」だそうな。

 
もともとは花札で相手や場の状況を見ず(考えず)手当たり次第に札を出すことをいった(この場合、不見点と書く)らしい。また、金次第で誰にでもすぐ身をまかせる芸者のことを、相手を見ずに金次第ですぐ転ぶということから不見転といったそうな。ここから花札や芸者に関係なく、あと先を考えずに行動することも不見転というようになったそうです。


この言葉、今は死語になっているようですが、不動産業界では「物件を見せないで(ご案内しない)契約に持ち込む事」をミズテン契約と言っていたとか。相手がそれで良くてお金もうけにするとかはなったら😉🆗✨っていうのは・・・バブル期の不動産投資だったらあり得ますね。


というのは私も、東京でひとり暮らしをする時も、そのあと一回引っ越した時も、契約はすべて兄まかせだったので、当日までどんなところに住むのかは、知らなかったのでした( ̄▽ ̄;)





rohengram799 at 18:15|PermalinkComments(10)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ