孤独のグルメ

2018年04月28日

清和雲便りNo.29:住所とギョウザ

南北首脳会談の話題と山口メンバー(この言い方ってねぇ・・・)の謝罪、その他まわりの反応アレコレが同列ニュースになる日本、平和・・・なんだかなぁ、と思う土曜日。



昨晩は湘南餃子なるものをダンナさんが食べていました。餃子って宇都宮と浜松が争っていたような気がするけど、湘南も仲間入りしてるんですかね? 柏のホワイト餃子も( `・ω・´)ノ ヨロシクーと言いたくなる千葉県民です。未だに食べたことはないですが。



ドラマ『孤独のグルメ』、餃子のタレについての話がありましたね。私はまだこのような食べ方をしたことがないですが、好みはそれぞれでしょうね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/smp/backnumber/backnumber10.html


松重豊さん、餃子関連の番組にも抜擢(?)されてました(笑)


ギョウザロード http://rkb.jp/siberia/






さてさて、岩谷宏さんの『住所とギョウザ』という誌は、タイトルだけ読んだら、出前の話?なんて考えてしまいそうですが(こんなアホは私だけ?)とてもせつない作品。こういう時代があった。多分、今今もどこかで・・・。大人になり、餃子とビールを頼むたびに、似たようなことを思い出している人もたくさんいるんじゃないか・・・茨木のり子さんの『詩のこころを読む』というアンソロジーから。




『住所とギョウザ』


大森区馬込町東四ノ三〇
大森区馬込町東四ノ三〇
二度でも三度でも
腕章をはめたおとなに答えた
迷子のおれ ちっちゃなつぶ
夕日が消えるすこし前に
坂の下からななめに
リイ君がのぼってきた
おれは上から降りて行った
ほそい目で はずかしそうに笑うから
おれはリイ君が好きだった
リイ君はおれが好きだったか
夕日が消えたたそがれのなかで
おれたちは風や帆前船や
雪のふらない南洋のはなしした
そしたらみんなが走ってきて
綿あめのように集まって
飛行機みたいにみんな叫んだ
くさい くさい 朝鮮 くさい
おれすぐリイ君から離れて
口ぱくぱくさせて叫ぶふりした
くさい くさい 朝鮮 くさい

今それを思いだすたびに
おれは一皿五十円の
よなかのギョウザ屋に駈けこんで
なるたけいっぱいニンニク詰めてもらって
たべちまうんだ
二皿でも三皿でも
二皿でも三皿でも!




rohengram799 at 09:00コメント(4) 

2014年12月26日

笑雲便りNo.28:山谷ぶるーす

昨日は映画を見た後に本屋さんに行き、50冊近くを売ってきました。そこそこの金額になったのですが、それをもとにまた本を買ってしまいました(;^_^A 


ついでにまた立ち読みしてきたのですが、熱帯魚本が追いやられ、エビちゃんの飼育雑誌がドーン!と棚の前にきていました。青いザリガニとかスゴいヒレのメダカとか見てきましたが、昨日のは目出度い紅白模様のエビちゃん(錦鯉みたいな感じ)が~あと「ホルスタインシュリンプ」……エビなのに乳牛ってナニよ?でしたが、ブリーダーや販売店が適当につけた流通名で、正式名ではないようです。「ウシ柄の服を着たエビ」って感じですね(^◇^) 台湾のブリーダー記事が多かったのですが、人気なのかしら? 水槽の掃除や水換えとか大変そう……あ、事務所の熱帯魚は一匹になってしまったようです。わりと熱心にお世話していたスタッフがバタバタと転勤・退職してしまったようで……エサはあげているみたいですが、水はいつも( ̄~ ̄;)←察して下さい!



クリスマスも過ぎたのに申し訳ない!という話ですが、南フランスでは「13のクリスマスデザート」と呼ばれる物があるそうです。1920年頃まではカレノスと呼ばれていて、いくつの種類の何が入っていたか分からなかったのですが、キリストの使者12人+キリストを含めた13人いる事から今日では13種類に増えたよう。家庭で全て用意されるわけでは無く、スーパーなどで販売されていたりするとか。日本でのおせちみたいですね。


この前『夢みるレシピ ゲストハウスわすれな荘』(有間カオル)を読みました。舞台は昔「山谷」と言われた地域。1966年以前は地名として台東区浅草山谷1~4丁目が存在していましたが、今はなくなりました。台東区清川・日本堤・橋場と荒川区南千住にまたがる地域がソレにあたります。2002年のFIFAワールドカップ日韓大会の頃から、外国人旅行者が山谷地区の宿泊施設を利用するケースが見られるように。その後も料金が安いことや(諸外国の安宿街に比べて)治安が良いこと、最寄り駅である地下鉄南千住駅からは日比谷線一本で「上野」「秋葉原」「銀座」「六本木」などの観光スポットに行けることから更に外国人利用者が増加。それに伴い施設も外国人向けに……物語の「わすれな荘」はかなり古いですけど(笑)


タイトル通りレシピもあります。ブイヤベース(ブイヤベース憲章がありますね)バインミー(ベトナムのサンドイッチ)マンハッタン・クラムチャウダー(『スープ屋しずく…』で学んだわ)エマダツィ(世界一辛いブータン料理)そして主人公の故郷の味「きりたんぽ鍋」(このところ秋田に縁がある~銘菓“もろこし”もこの前食べました)……レシピはなかったですが、ネパールの餃子みたいな「モモ」も登場! ネパールでは「モモコ・バーロ」という2段のアルミ製の蒸し鍋を使って、一気に山ほどのモモが蒸される…と調べたら書いてあって、食いしん坊のモモコが食べ尽くしてしまいまわりの人間が「モモコ、バァーロー(馬鹿野郎)!!」と叫ぶ姿を想像してしまいました(^o^;)


マンガ『孤独のグルメ』第1話は「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」だったそう……記憶にない( ̄0 ̄;) 岡林信康の♪今日の仕事はつらかった~の『山谷ブルース』の世界は全くなくなったわけではないでしょうが、安くて美味なるものがたくさんあるのかも。



のんき者のワタクシでさえ、人生順風満帆にはいかず、山あり谷ありを感じています。しかし、美味なる果実(ワタシ的オモロー)を探し求めて、本日も「喧騒の森」(タバコ臭さもプラスされるパチ屋を美しく?表現してみました)に行ってまいります!!←遊びにじゃないのよ、仕事なのよ(´;ω;`)


仕事納めの皆さま、お疲れさまでした。まだの方、頑張りましょう~(・ω・)ノ





rohengram799 at 11:04コメント(6) 

2014年08月31日

遊雲便りNo.19:波濤万里~8月の本棚

本屋さんにいったら、もう来年のスケジュール帳や占いの本が……今年も残り4ヶ月かぁと、なんだかなぁ……と天気同様にモヤモヤどよりな気分( ̄~ ̄;)まぁ大きなケガも病気もせずに過ごせてよかったです。ブログ更新はイマイチでしたが(;A´▽`A



今日は休みなのでため込んでいた『孤独のグルメ』を鑑賞(^◇^)ごろーちゃんが頼んだ「ニギスの干物」のニギスが気になり、検索開始! キスに似ているからニギス……そうですか……って感じですが、とっても美味しいらしい( ゜ρ゜ )!! ホタルイカの干物も美味しそうだった……アレなら食べられるかもしれない!


《ニギス》

http://www.zukan-bouz.com/fish/nigisu/nigisu.html



さてさて、今月はアンソロジーをたくさん読んだので、作品数は確実に冊数の5倍以上な気がします。この前読んだ漫画に「国とは人…日本とは日本人のことですよ」という言葉がありましたが、繊細で切なくまたたくましさも備えた日本人の心を描いた作品に出逢えたと思います。特に『恋しぐれ』とアンソロジーにあった久生十蘭さんの『黄泉から』は好きですね。



久生さんの作品は『世界堂書店』というアンソロジーに収録されていましたが、今回の記事タイトル《波濤万里(はとうばんり)》は、遠く海を隔てていること。海の向こうの、はるか遠い国々のことを意味しています。「波濤」は大浪のこと。私はどちらかというとヒキコモリンなので、実際海を越えてどこかへ……ということはありませんが、本を通してあらゆる世界を旅することが出来るよろこびを知っているので、大変シアワセ!だと思っています(*´∀`)♪


カチカチとケータイをいじっていたら「ウルトラマリン」という色の名前(?)がありました。海(marine) を越えてきた (ultra-) という意味で、この場合の海とは地中海なんだそうです。天然ウルトラマリンの原料となるラピスラズリは、ヨーロッパの近くではアフガニスタンでしか産出せず、それが海路で運ばれたため、「海を越えて(来る・来た青)」という……浪漫ですなぁ。和名の群青は「青の集まり」という意味、日本人の魂に色があったらそれは瑠璃色でサムライブルーなのかしらん(´・ω・`)?などとまた妄想の大海にダイブしてしまいそう。



今月もウダウダぐじゃぐじゃのおやぢの戯れ言にお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。 また来月もどうぞよろしくお願い致します!!



続きを読む

rohengram799 at 15:31コメント(10) 

2014年05月23日

浮き雲便りNo.15:アイスミルク

7月からまた『孤独のグルメ』が始まるという…嬉しい( 〃▽〃) そして昨日は気になっていた『ウヒョッ!東京都北区赤羽』という「漫画アクション」で連載中のマンガが「週刊モーニング」に出張してくれたので読むことが出来ました(^◇^)


三人三様の「こだわり」が載っていたのですが、その中で気になったのが「アイスミルク」です!私もなぜわざわざ牛乳を喫茶店などで頼むのかと思っていました。氷まで入っているので、クーラーの効いた店だったらお腹をこわしそう!というイメージしかなかったのですが、ストローでチュウチュウするのがたまらないらしいです(^^;))


いい大人(しかも男性)がコップを両手で抱え、ストローでアイスミルクをチュウチュウですよ……ガムシロップも入れてチュウチュウですよ……なんか恥ずかしさが快感に変わって美味しさが増幅するんでしょうか?


この前、仕事仲間と牛乳の話をしたのですが、私の小学生時代はビン牛乳で、ミルメークがついていたら嬉しくて……もったいないのでウチに持って帰っていました!←今はスーパーで何種類か売っていますが、昔はコーヒーとイチゴしかなかったのさ((T_T)) 中学時代に三角パックのヤツになったと思うのですが、今、テトラタイプのってスーパーで見かけないような? 高校はお弁当だったので、牛乳の思い出は特にないですが、高校を卒業し都会に出て友だちと喫茶店に入り、カフェオレを頼んだら……カッコいいお兄さんが両手にポットを持ち、高々とあげたあとカップにダァ~!と注いでくれた時にはビックリしました(○_○)!! カフェオレってなんであんな茶碗みたいので飲むのかもナゾのままおやぢになってしまいました( ̄▽ ̄;)


店内にコーヒーブースがあり、先月からちょっとメニューが変わったのですが、カフェオレがなくなり「ミルクたっぷりコーヒー」なるものが登場していました。似て非なるモノなのかしら……作ってくれるオネェサンにより濃さがかなり違うらしいです。私は頼んだことないけど……従業員は100円だけどお客さまは………お高いわぁ(-_-;)


皆さまはホットな週末をお過ごし下さいませ(  ̄ー ̄)ノ



参考まで:【至高のルポ漫画】マンガ「東京都北区赤羽」を絶対に読むべき4つの理由





rohengram799 at 13:01コメント(14)トラックバック(0) 

2013年11月22日

わた雲便りNo.22:妄想・読書トレイン

今日は大安で『いい夫婦の日』なので、入籍したカップルも多いのでしょうか?4月は『よい夫婦の日』ですが「いい」と「よい」の違いはどこにあるのだろう(´・ω・`)?


さて、ワタクシは今日が三連休の最終日、田舎に帰ることも考えていましたが、帰ると母が交通費を渡そうとするので(とりあえず受け取り、実家の引き出しや母のバッグにヘソクリ状態にしておき、時間があれば母の通帳に入金するようにしています)あまり帰るのもかえってよくないのか?などと考えてしまい……また今月頭にプチ家出もしたのでちょっと大人しく家にいました。少し不要品を片付けたのですが、まだ散らかっているのは、どうしてぇ~(; ̄Д ̄)?


プチ家出以来、風来坊になりたい私ですが、そうもいかない……今の私の夢というか希望は《読書トレイン》です~ただ本を読むためだけに電車に乗るの!ガタゴトガタゴトいい具合に揺られて活字の世界にダイブ!たまに乗降客を見て「今はアレが流行りなのか?」と思ったり、制服姿の女学生を眺めたり(おやぢ!)お腹がすいたら『ぶらり途中下車』して、ナニか適当に食べて(『孤独のグルメ』はちょっとムリ!)ブラブラして、また電車に乗って~出来ればまたビジネスホテルに泊まって~みたいな( 〃▽〃)


あとこの前『純喫茶トルンカ』という本を読んで♪紅茶のおいしい喫茶店~ではなく、珈琲のおいしい落ち着いた喫茶店で読書がしたい!と思うようになりました。この本自体がスゴくおもしろかったワケではないのですが(『タレーラン』よりずっといいのは確か!)やはり大人らしくマックとか卒業すべきかと(;^_^A でも近くにはない…そうそう!シロノワールのコメダ珈琲店が市内にオープンしたのですが、私には微妙な距離(~_~;)歩くのはもうキツいしイヤだ…いったい、いつ行けるのか……という以前にコメダの店内ってどんな雰囲気ですか?


本屋さんで珈琲専門店の雑誌とか見るのですが、そこまでこだわりのない私にはちょっと……あと入りやすいかどうかも問題!おやぢな小心者なので(~_~;)


読むべき本は山ほどあるので、ぜひ近いうちに実現させたいです(*⌒O⌒)



rohengram799 at 18:18コメント(13) 
記事検索