宇宙兄弟

2019年11月27日

菊花雲便りNo.20:人生会議〜死んでいない者

「人生会議の日」………昨年、こんなことが決まっていたのですね。啓蒙ポスターにクレームがついたというネットニュースを読んで「なんだよ、人生会議って」と思って調べたらありました。


厚生労働省は11月30日、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称を「人生会議」とすると発表した。今夏実施した愛称公募で集まった1073件の中から、10月の「ACP愛称選定委員会」で愛称を決めた。また、「いいみとり」の語呂から、11月30日を、ACPについて考える「人生会議の日」に決定。
(2018年12月の記事)


ポスターは……まぁ、なんだかなぁ、う~ん……という感じだったので、気になる方は検索して下さいませ。もっと普通な感じでよかったんじゃないかと思いますけどねぇ。


【厚労省 人生会議】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02783.html




昨晩、『死んでいない者』を読みました。文庫になるまで待って、買ってからもだいぶ放置してくる、読み始めてからも少しずつ少しずつで時間がかかってしまいましたが(どちらかと言えば薄い本)、淡々と語られるそれぞれの気持ち(心情というと大げさになってしまう気がして)が、ああ、なんかこういう感覚だったなぁ、こんな風に他人事に感じたこともあったなぁ、とか……。いくつか参列した通夜や葬儀、
自分が親を見送る立場になった時のことを(特に母親)思い返しました。

https://www.bookbang.jp/article/508019

死んで(ここに)いない(存在しない)者、死んでいない(生きている)者、通夜や葬儀は摩訶不思議な空間ですな。


『夜曲』という単行本未収録作品が文庫には加えられていて、スナックのママと酔っぱらいたちのやりとりを読んで、私にはどちらの立場も縁がないわ〜と思いましたが、解説の津村記久子さんが最後に書かれていた文章にウンウンとなりました。こちらだけ読んでもいいかも。



【……開店十周年を祝う客たちの寄せ書きの色紙がすでに十年近く前のものになる、というスナックで交わされるママと客たちとの、ゆるいようでわずかな緊張をはらんだやりとりがおもしろい。「同じようでいて同じ会話は二度とない」という言葉には、本書全体の主題が表れているように思える。】


utyuukyoudai12



『宇宙兄弟』から (笑) 寒いですが「心のノートにメモりたくなること」に出逢える1日になりますように。皆さま、ご自愛下さいませ♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 09:30|この記事のURLComments(2)

2018年06月16日

芸香雲便りNo.15:せりか基金

今週発売のモーニング『宇宙兄弟』に「せりか基金」の記事がありました。まだ2年目なのか~もっと長くやっているような気がしていました。「せりか基金」は『宇宙兄弟』作中で扱われる難病、ALSの治療方法を見つけるための研究開発費をあつめる活動です。


【せりか基金】

https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund/



こんな活動も一時期スゴく話題になりましたが、今もやっている芸能人とかいるんでしょうか? 不謹慎と言われそうですが、逮捕やら活動自粛やらのホニャララ事務所のアイドルの方々が禊と称してやる時がくるのかと思ってしまいます。

【アイスバケツチャレンジ】

http://alschallenge.justgiving.jp/




今日はまた梅雨寒になりました。皆さま、お身体に気をつけて下さいませ。



rohengram799 at 09:59|この記事のURLComments(2)

2014年08月25日

遊雲便りNo.15:おやぢ晩夏~いのちなりけり

明日26日は祖父の祥月命日です。父も夏に逝きましたが、祖母と母は1月に……私も寒い季節に空のお城に旅立つのかしらん?と思ったりしています。


葉室麟さんの『恋しぐれ』読み終わりました。最初、与謝蕪村の老いらくの恋について書かれているのだと思っていたのですが、違いました。彼をとりまく人々を主人公にした7つの連作短編集といった方がいいかも。でもその中に彼の想いや苦悩が垣間見えて、構成もうまいなぁと思いました。 

蕪村は現在の大阪市都島区に生まれましたが、20歳の時に江戸に出て、当時の著名な俳人であった早野巴人(後に夜半亭宋阿と称す)に師事し、27歳の時に(1742年 寛保2年)夜半亭宋阿が亡くなったことを機に、松尾芭蕉に憧れて東北を旅したり、栃木、茨木、丹後や讃岐を旅したりしながら詩作を続けた人。42歳の時に京都を永住の地と定め、このころから「与謝」を名乗るように。俳句を教えながら45歳の時に結婚。娘がひとり。この娘さんの話もあります。また幽霊画でおなじみ(?)の円山応挙や『雨月物語』の上田成秋らとの交流が描かれていて、名前は知っていても活躍した時代がよくわからないワタクシだったので、そうなんだ~!と……また新聞の歳時記でよく見かけていた几董(きとう)や大魯(だいろ)の名前も出てきて、ああそう言えば……で、なんか感動(´∇`)


どの作品も単独で読んでいただいても大丈夫なのですが、私が特に好きなのは『雛灯り』。

 
「箱を出る顔わすれめや雛二対」


雛人形って一体ずつしまわれると思いますが、次に逢うまでは一人きりで狭い箱の中にいるんだよなぁ……もしかしたら人間の身勝手で、やむを得ない事情でずっと箱の中にいて、もうお互いの顔を見ることが出来ないのかもしれない……と初めてお雛様の気持ちになりましたわ。暗闇の中で愛しい人の顔を思い浮かべているのかなぁとか、イヤ、みんな正面向いているから顔なんか初めから知らないんじゃ?とか右大臣なんか酔っぱらいおやぢだから、何年経ったかなんて全く記憶にないんじゃないかとか……最後はいつものようにアホな考えにいってしまいましたが、決してこんな内容ではありませんので(;^_^A



『隠れ鬼』という話の中にはこんな言葉がありました。


「わたしは、いままで世を恨み、ひとを憎んで生きてまいりました。しかし、ひとが日々努力し、おのれの命を全うしようとする姿こそが美しく、愛おしいのだ、と思いました」



続きを読む
rohengram799 at 13:21|この記事のURLComments(8)

2013年11月29日

わた雲便りNo.29:真昼の星(☆∀☆)

今日は「ニクの日」ですね~二重アゴになってきたワタクシ、食生活を改善しなくてはいけないのに、ファーストキッチンで遅いお昼って…昔読んだ『ビンボー生活マニュアル』にファーストキッチンのコーヒーが一番ウマイ!と描いてあったような気がする~(もう30年近く前)と思いながらポテト食べています(~_~;)


やさぐれおやぢのワタクシ、本日は休みなので「読書トレインを決行するぜ!」と思ったのですが、あまり遠くにもいけないので、多少乗り換えを楽しみながら千葉までいって来ました!《きぼーる》という施設にプラネタリウムがあるのです♪


『Qiball(きぼーる)は、千葉県千葉市中央区にある公共施設と商業施設が入居する官民複合施設。子供・子育ての支援と、生活・産業の情報発信の拠点として、千葉市科学館、子育て支援館、ビジネス支援センターなどが入居』そしてプラネタリウムはこんな感じなので見て下さい。


http://www.kagakukanq.com/floor/facilities_pla.html


いやぁ、ダンナと結婚する前にサンシャインのプラネタリウムに行って以来かも……係員のおねーさんに「わからないから教えて下さい!」と幼稚園児みたいに言って券売機でチケット購入。ちょうどお昼には説明はないけど、星と音楽だけを楽しみリラックスしませう~というサラリーマン向けか?という20分程度のプログラムがあってお値段もちょっとお安い300円。ああ、もっとのんびりしてこのまま眠りたい!という心地よさでありました。でも、室内なので風のそよぎもなく……ハタチの頃、フェリーで沖縄に向かう途中、見上げた満天の星にはやはりかないませんね~船旅がしたくなってしまいました。


ミュージアムショップもウロウロ~もうちょっと大きくて品数があるといいかなぁ~というのはワガママかしら…宇宙食のプリンとかありましたが、それはパスしてロールケーキ・チョコレートケーキ・ストロベリーケーキを買ってきました♪!『宇宙兄弟』を読みながら食べたいところですな←)感想は後日あらためて!ポストカードに鉛筆も買いました!


では、瞳に星をキラキラさせながら、ウチに帰りま~す(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪



9bb6c425.jpgd7cd3bcf.jpg





rohengram799 at 15:20|この記事のURLComments(13)

2013年06月02日

ヒコーキ雲便りNo.50:キセキ

紫陽花が美しい季節になりましたね。あじさい寺と言われる場所はたくさんありますが、鎌倉の明月院には「花想いのお地蔵さま」がいらっしゃるのですね、知らなかった!


http://www8.plala.or.jp/bosatsu/kamakura138/meigetuin-jizo.htm



さて、今回のタイトル「キセキ」……「奇跡の人」ときいて思い浮かべるのはヘレン・ケラー女史でしょうか?それとも真保裕一さんの『奇跡の人』でしょうか?この小説は一番最初に読んだ真保作品ですが、未読の方にはオススメします。そんな私が昨日読んだのは山本弘さんの『詩羽のいる街』。以前から気になっていた作品ですが、解説が有川浩さんだったので新刊で購入。


物語は大きく4つにわかれていて、それぞれにつながりのある短編集。漫画家志望の男、自殺しようとする女子中学生、性格が少し歪んだ大学教授などが詩羽と出会い、変わっていくという……タイトルにもなっている「詩羽(しいは)」彼女はすごく変わっていて「人に親切にするのが自分の仕事」と公言。しかし、住所不定・無職…毎日の生活は人に親切にした分の恩返しとして、泊めてもらったり、ご飯を食べさせてもらったりのギブアンドテイク。ハートはアツいけど感情に流されず、いろんな問題を人脈を活かし、合理的な方法で解決していきます。この行動力はうらやましい!!最後の話は「まちおこし」企画なんだけど、出店も100円ポッキリでミニサイズの綿菓子などたくさん食べられるように配慮。せっかくのお祭り気分、お好み焼きだけでお腹いっぱい~なんてもったいない!!というワケです。


作品の中に『戦場の魔法少女』というマンガ作品が出てくるのですが、コレは実際マンガ化してほしい、読みたい!!って思ってしまうくらいに書き込まれています。「魔法で簡単に世界平和♪」なんて安易さはありません。魔法少女になってしまった主人公がツラい、せつない~ラストまで書かれているので「一粒で二度美味しい」感があります。他にも「ん?コレはあの話のことでは?」みたいなのがたくさんあり、巻末にある参考資料リストを見ると「やっぱり~」( ̄ー ̄)と思う仕掛け(?)もまた楽しかったです。


詩羽という女性の謎は解けないままなのですが、彼女みたいに出来なくても彼女のいる街に自分も住みたい、彼女の手助けをして自分もまわりのみんなもHappyになりたい、読後感もさわやかで良かったです。


その中で私が一番好きなのは、国際宇宙ステーションが肉眼で見えること(もちろんばぁ~ん!と大きくは見えませんよ)を知った場面。私は『宇宙兄弟』で日本上空を飛ぶ時間なんかを調べることが出来る云々は学習済み(笑)


【…決して美しいものではない。派手なものではない。しかし、感動的だった。昔の人はこんなのは夢物語だと笑ったに違いない。人間が宇宙に行くとか、人工の星を造るなんて荒唐無稽な話だ。できっこないと。だが、それはできてしまった。 昔の人から見たら魔法のような時代に、私たちは生きている。その魔法は神から授けられたものではない。人間自身が努力によって創造したものだ。夢を追い続ければいつか現実になる―その証拠は、いつでも私たちの頭の上にある。…】


先人たちの奇跡をたどり、遺された輝石で美しい輝石画を造り上げながら自らも誰かにとっての「キセキの人」になり、輝石の一粒を置き土産に鬼籍に入る……こんな人生が理想(°°)と妄想爆発中ですが、皆さまは楽しい日曜日を!!




rohengram799 at 12:15|この記事のURLComments(7)
記事検索
月別アーカイブ