安達が原伝説

2013年04月08日

ヒコーキ雲便りNo.8:Happy やまなし(^o^)/

昨日の疲れも何のその~ダンナと山梨にやってきました!!駅に着いた時はまだすごい風で、飾ってあったお雛様がガラガラと飛ばされてしまって…観光客のおばさま方々が「アラアラ~」と一斉に駆け寄り助けていた光景が微笑ましかったです。


ダンナとお墓参りをした時には風もおさまってきて、フラフラお散歩している最中は暑いくらい。通っていた保育園(今は移転したので更地)小学校に中学校まで見てきました。坂道の通学路がキツい~!!まだしだれ桜が咲いている場所も多く、懐かしく楽しめました。建物は綺麗になっていましたが、遊具は昔のままで…部活の中学生に「こんにちは~!」と声をかけてもらう度に「きっと不審者だと思われてるよね」とダンナと顔を見合せました(((^_^;)


でも一番はやっぱり富士山ですよ!!「そうそう、学校から見るこの景色がいいんだよ~コレが私の富士山なんだよ~!!」とダンナを置き去りにしてハイテンション\(^o^)/3ヶ月連続の帰省は冬から春の移り変わりを実感して本当にシアワセ(*^^*)


電車の中では『鬼蟻村マジック』(二階堂黎人)を読んでいました。「鬼」の子孫が住む村で起こる連続殺人事件、サクサク進みます。「鬼」について『ほん怖』というオカルト系マンガ雑誌の中に鬼婆・山姥などの伝説についての作品があり…「母に角が生え足が出て走るようになると鬼になる」というような言葉があり……確かに!!(・・;)))と思っていたところです。母性の暴走が母親を鬼神に変えてしまうのだとしたらなんともかなしい……父親はもともと厳しいイメージがあるからあえて「鬼父」とか言わないのかしら?「ガンコ親父」とかは言いますけど。


鬼蟻村の悲劇はどんな結末をむかえるのか?これからまたドキドキしながら読みたいと思います。
明日は母の病院に付き沿ってから帰る予定です。皆さまもお身体には気をつけて下さいませ。



rohengram799 at 17:20|この記事のURLComments(10)
記事検索